赤ちゃんの鼻づまりを解消する自宅でできる方法とは?

【スポンサードリンク】

赤ちゃんの鼻の穴ってとっても小さくて可愛らしいですよね!

しかし、小さいからこそ鼻づまりを起こしやすく、見ているこちらも苦しい気持ちになってしまいます。

見ていてこちらまで辛くなってしまう赤ちゃんの鼻づまりをぜひ解消してあげたいですよね。

鼻づまりを起こしていると呼吸が苦しくなることで機嫌が悪くなったり、おっぱいを上手く飲めなかったり、しっかりと睡眠が取れないなんてことにもなり、赤ちゃんだけでなくお父さん、お母さんも大変な思いをしてしまいます。

『スーピー、スーピー』辛そうにしているのはやっぱりとっても可哀想です(>_<)

そこで今回は気付いた時に自宅でもできる方法をご紹介しますので、赤ちゃんの鼻づまりをすっきりと解消させてあげてくださいね!

それではぜひ最後までお付き合い下さい!

綿棒や鼻水吸入器を使用してみる

鼻の中、見える範囲に鼻づまりを起こしている原因が分かっているならば、綿棒で拭いとってあげたり鼻水用の吸入器で吸い取ってあげましょう!

この際には、くれぐれも赤ちゃん用のものを使用するようにしてくださいね。

赤ちゃんの小さな鼻でも安心して使えるようになっています。

しかし、だからといって鼻の中に綿棒や吸入器をグイグイと突っ込まないように注意しましょうね。

鼻づまりとは別に鼻の中に傷を負わしてしまいかねませんのでくれぐれも慎重に行いましょう。

入浴で鼻づまり解消

お風呂場の蒸気を利用して赤ちゃんの鼻づまりを解消させることができます。

寝る前に入浴させることで入眠がスムーズにいきますのでとってもおすすめですよ。

しかし、赤ちゃんの入浴は基本的には一日に一回にしましょうね。

寒い時期などは入浴の時間を昼間にしたりするのも良いでしょう。

それぞれのご家庭の環境もあるかとは思いますので、鼻づまりが睡眠にまで影響を与えていて心配な方はぜひ、寝る前の入浴を試してくださいね。

またその際の注意点としては風邪による鼻づまりで、発熱をしている場合には入浴は避けるようにしましょうね。

鼻の上部を温める

鼻の付け根部分、鼻の上部を温めることでだいぶ鼻づまりが解消されます。

ハンカチやガーゼを温めてそっと赤ちゃんの鼻の上部に置いてあげます。

じんわりとゆっくり温めることによって、鼻の通りが良くなり呼吸を楽にすることができますよ。

固く絞ったハンカチやガーゼを使用しましょう。

びちょびちょな状態のものを使うと、鼻や口の中に水が入り窒息など大変なことになってしまいます。

加湿器を利用する

空気の乾燥で鼻づまりを起こしている場合もあります。

空気中の湿度をあげることで辛い鼻づまりが解消することがあります。

赤ちゃんには適当な温度や湿度管理は必要なことですよね。

季節や天候に合わせて調節をしてあげましょう。

その環境を整えるためにはやはり加湿器を利用するのがとても簡単な方法です。

加湿器がない場合には、室内で洗濯ものを干したり、バスタオルを濡らして部屋の中に置いておくだけでも湿度を上げる効果がありますよ。

【スポンサードリンク】

母乳点鼻に挑戦

母乳点鼻は小児科の先生もすすめている赤ちゃんの鼻づまりを解消する方法です。

母乳をスポイドで取ってそのまま赤ちゃんの鼻に垂らすだけというもの。

母乳には色々な免疫物質を含んでいて、抗炎症作用もあるのです。

そのまま口まで流れて赤ちゃんがごくんとしてしまっても安心ですよね。

母乳育児をしているお母さんはぜひ挑戦してみてください。

点鼻薬を処方してもらう

頑固な赤ちゃんの鼻づまりで色々と試してみたけれど良くならないのはお母さん、お父さんも赤ちゃんにとっても辛いものです。

そんな時には小児科や耳鼻科で点鼻薬を処方してもらいましょう。

もちろん赤ちゃんにとって有害なものは一切含まれていないものを処方されますので、早く効き安全に鼻づまりを解消させてくれるものですよ。

またこちらの動画でも『赤ちゃんの鼻づまりの解消法』についてご紹介していますのでぜひ参考にしてみて下さいね!

◇参考動画:【赤ちゃんの子育て】鼻づまりの解消法

まとめ

いかがでしたでしょうか?

一口に赤ちゃんの鼻づまりを解消する方法といってもその方法は様々ですね。

しかし、どれも自宅でも簡単にできるものばかりですので、気になったらすぐに試していただきたいです。

赤ちゃんにとって鼻づまりはとっても苦しいもの。

できるだけ早く苦痛から解放してあげたいですね。

今回は赤ちゃんの鼻づまりを解消する自宅でできる方法に関して解説してきました。

それでは最後までお読みいただいて有難うございました。少しでもお役に立てたなら嬉しく思います。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ