あくびが止まらない原因は病気の可能性も?対策についても解説!

【スポンサードリンク】

みなさんは前日たっぷり寝て休養十分にもかかわらず『何故かあくびが止まらない・・!』という経験はありませんか?

1日〜2日くらいでしたらあまり気にならないかと思いますがさすがに1週間以上このような状態が続いてしまうと「何かの病気の可能性があるのでは?」と心配になってくるものですよね。

『たかがあくび』と侮ることは危険への入り口かもしれません・・・

場合によっては本当に病気の前兆であったり重要な症状のサイレンであることも考えられるのです。

そこで今回はあくびが止まらない原因や対策をはじめ、病気の可能性があるかどうか解説していきます。

最後までどうぞお付き合いください。

あくびが止まらない!病気の可能性はある?原因は?

『眠くないのになぜかあくびが止まらない・・・』こういった状態のあくびの種類を「生あくび」と呼ぶのですが生あくびが始まると頭痛の前兆であるという説を語る人も多く、実際にこの説はあながち間違いではありません。

脳の血管が急激に広がった上で起こる偏頭痛には原因や前兆の一つとして生あくびが止まらないというものがあります。

その仕組みとしては血管が広がることで『酸素を取り入れなければいけない!』と体が無意識に反応しそれによって急いで酸素を取り込むべく生あくびを行う傾向にあるのです。

さて気になる病気の可能性に関する情報ですが・・・生あくびの種類によっては恐ろしい病気へと繋がると言われています!

特に次のような行動に至った場合には要注意です!

●立っているのが我慢できないほどのめまい

●体の片側だけのしびれ

●言葉が全く出ない・出ても片言になってしまう

●ひどい吐き気

これらのような症状が万が一、ひとつでもあった場合は脳梗塞の危険性も考えられます。

◇参考動画:生あくびは警告サイン? 眠くないのに出る「あくび」に要注意!

1日程度であれば消えることも多々ありますので「もう治ったんだろう」と安心してしまいがちですがたった1日だけだとしてもその間にどんどん症状は悪い方向へと進んでしまいますので、一刻も早くかかりつけの病院へまずは足を運ぶことをお勧めいたします。

【スポンサードリンク】

生あくびが止まらない!対策はないの?

対策としてはやはり上記でもお伝えしたように大学病院や専門の脳外科医の元へ1度診てもらうことが最善の方法です。

仕事が忙しいと病院での検査を決して後回しにしないでください!早期発見が命を救うための第一歩となります。

症状が突然悪化するケースも考えられますので、誰かに送ってもらうか、タクシーを利用して病院に行くようにしましょう!

また生あくびと別で特別な症状がない場合も、あくびが止まらないのは脳・体がつかれている証拠です。

こんなときに無理をしてもなかなか仕事の効率もUPしませんので、生あくびが出始めたら仕事の手を止めて10分〜15分リラックスをしましょう。

PC等のデスクワークを行っている方はホットタオルやアイマスク等を当てて目を休めてあげるとさらに効果的ですよ(^^)/

まとめ

今回はあくびが止まらないのは病気の可能性があるのかその原因や対策について解説させていただきましたがいかがでしたか?

生あくびがでるのは脳が「疲れた!」とピンチのサインを送っている証拠ですので悪化する前にこまめな休憩でしたり、心の栄養補給等しっかり行うよう普段から意識していただけたらと思います。

それでは最後までお読みいただいて有難うございました。少しでもお役に立てたなら嬉しく思います。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ