アスパラのゆで方!電子レンジで簡単にできる方法をご紹介します!

【スポンサードリンク】

アスパラはお手軽に購入でき、様々なレシピに使うことができる万能な野菜としてお弁当などでも大活躍な食材ですね!

アスパラの最も旬な時期は4月から6月、春先から夏にかけて美味しく召し上がれます。

アスパラは根元の皮には繊維質が多く、食感が少し悪いため、茹でる前には皮を削ぎ落しておくようにするのがおすすめです。

旬のアスパラの茹で方は実にシンプルで本来の旨みを楽しむためにも美味しいアスパラの調理方法の一つとして『電子レンジを使用する』という方法があります。

今回はアスパラの基本的な茹で方と共に電子レンジでの調理法もご紹介していきます。

ぜひ最後までお付き合い下さい!

アスパラの調理方法、鍋と電子レンジ

アスパラの調理方法として主に鍋を思い浮かべる方が多いと思いますが、実は電子レンジでも調理が可能です。

ただ、この二つの調理法の違いが分かる方は少ないと思われます。

これらは用途によって使い分けるのがおすすめなのです。

鍋で茹でる

鍋で茹でるのはごく一般的ではありますが食に関心のない人から高い人まで、料理が好きな方まで様々な層に受け入れられている調理方法です。

鍋で茹でるメリットとデメリットを知って使い分ける基準とすることをおすすめします。

アスパラを鍋で茹でるメリットは野菜の旨みが広がり、色合いが綺麗に仕上がることです。

電子レンジで茹でる

アスパラを電子レンジで茹でるメリットは早く仕上がりラップをして保存が可能なことです。

デメリットとしては栄養素が失いにくい代わりに、色が悪くなり食感が鍋で茹でるよりも悪くなる点です。

また、香りがなくなってしまう点も挙げられます。

【スポンサードリンク】

アスパラの基本的な茹で方

アスパラの基本的な塩茹での方法に関しては根本的にアスパラを切ってから茹でるか、茹でてから切るか、分からないという方が多くいらっしゃいます。

結論から言うと水切りの良さを考えると、茹でてから切った方が水っぽくならないのでおすすめです!

塩茹でをすることで下味ができ、そのまま美味しく召し上がれます。

特に旬なアスパラは、素材本来の味を堪能するシンプルな塩味をおすすめします。

今までご紹介したのは『鍋で茹でる方法』で、ここから時短で仕上げる『電子レンジでの茹で方』をご紹介します。

材料は

アスパラ…1束

水…500ml

塩…小さじ1杯

作り方の手順を記載しておくと・・・

1.アスパラを洗って先端を切り揃える。

2.先端の皮には繊維質が多く含まれており、食感を良くするために剥きましょう。

3.先端を十字に切り込みを入れゆでると火の通りがよくなります。

4.皮を剥いた1/3部分を切ります。

5.部位ごとにまとめてラップに包んで500Wで40秒加熱します。

アスパラの保存方法

アスパラは全体の70%が水分なので、できる限り乾燥をさせない保存方法を取るようにしましょう。

水分を保つために濡らしたキッチンペーパーで包んだ状態で野菜室で保存すると数日は良い状態で保存することが可能です♪

まとめ

アスパラを美味しく召し上がる点は、食感をよくすること、十字の切り込みを入れること、基本的な塩茹でと電子レンジでの茹で方を知ることで食感を長持ちさせられます。

今回はアスパラのゆで方に関して電子レンジで簡単にできる方法について解説してきました。

それでは最後までお読みいただいて有難うございました。少しでもお役に立てたなら嬉しく思います。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ