アイロンの当て布がない時どうする?代用品のおすすめを紹介!

【スポンサードリンク】

皆さんは普段アイロンを使う際に当て布をきちんと使用していますか?

衣類には当て布を当ててアイロンをかけないと、熱によるダメージを受けたり、アイロンに色が移ってしまう事があります。

皆さんの大切な衣類をきちんと守る為にも、当て布について正しい理解が必要です。

また、いざアイロンをかける時に当て布が見つからない!』という方の為にわざわざ購入しなくても家の中にあるもので代用出来ますのでご紹介していきます

ぜひ最後までお付き合い下さい!

当て布の代用品

それでは早速アイロンをかける時にあると便利な当て布の代用となるモノについてご紹介していきたいと思います。

手芸用品店や今では100円SHOPなどでも購入出来る当て布ですが、いざアイロンをかける時に『こんな時に限って見当たらない・・・(-_-;)』という歯がゆい経験した方はいらっしゃいませんか?

実はせっかく準備をしたアイロンセットを片付けて、当て布を買いに走らなくても家の中にあるもので代用出来ますよ(^^)/

基本的に綿100%の布であればだいたい代用が出来ます。

たとえば・・・家にありそうなもので例は以下の通りとなります☆

無地のハンカチ(できれば白色)

どのご自宅にもたいてい何枚かはありますよね!

当て布の代用としてはもっともポピュラーなものが無地の白いハンカチなのです。

当て布として使っても、きちんと生地に熱を通してくれますから優れものですよ(^^♪

この他にも綿100%のものならば当て布の代用として頂いても構いません。

しかし、文字や絵が入ってしまっているものは、生地やアイロンに色移りをしたりしてしまうので注意が必要です。

手ぬぐい

こちらもご家庭に数枚は必ずあるであろう手ぬぐいですが十分に当て布の役割りを果たしてくれます。

使い道に困った頂き物の手ぬぐいはありませんか?

わざわざ当て布を購入しなくても、しまい込んだ手ぬぐいを当て布として活用すると効率的ですね♪

手ぬぐいは生地にごわごわとした厚みも少なく、広げるとそれなりの大きさもあります。

手ぬぐいを代用として使用する場合も先ほどのハンカチの場合と同じくプリントされている文字や絵などの場所は当て布としては避けましょう。

また、タオルなどは厚さがありますので当て布としては適していませんのでご注意下さい。

クッキングシート

キッチンに常備している方も多くいらっしゃると思いますがクッキングシートもアイロンの当て布になるのです。

クッキングシートは熱にも強く、半透明で生地もとても見やすく、確認しながらアイロンをかける事が出来ますね。

また、シワにもなり難い事と長さも自分で変える事も可能ですので代用品として割と重宝しますよ。

当て布の必要性

ここまで当て布の代用品について述べてきましたが、どうして当て布は必要なのでしょうか?

まず、衣類についてるタグを確認して当て布が必要かどうかを見極めないといけません。

アイロンマークの下に波マークが付いているものが当て布が必要な衣類です。

ウール、合成繊維、シルク、カシミヤ、皮、ワッペンなどは当て布が必要な衣類ですね。

アイロンの熱や圧によって衣類の繊維が潰れ、大切な衣類を守る為と、ワッペンなどに付いている粘着質によってアイロンを汚さない為と当て布には重要な役割があります。

ウール素材のものは、アイロンの熱によってテカテカになる事を防いでくれます。

少々面倒ですが、必ず毎回当て布を利用するようにしましょう。

当て布を使ってのアイロンのかけ方

さて、当て布を使ってのアイロンのかけ方ですが、実はとても簡単です。

最初は、しわがよってしまったりすることがあるかもしれませんがコツを掴めばすんなりと出来るようになります。

・アイロンを必要な温度まで上げます。

・衣類を整え、アイロンをかける範囲に均一に霧吹きで濡らします。

・その上に当て布を衣類にシワが寄らない様に気をつけて当てます。

・アイロンを衣類に強く押し付けないようにして、アイロンをかけます。

この3点の繰り返しによって綺麗にアイロンをかけ、仕上げる事が出来ます。

当て布をしているからといって、強く生地にアイロンを押し付けない事がポイントです。

大切な衣類だからこその当て布ですから、気持ちを込めてのアイロンかけを心がけましょう。

◇参考動画:Tシャツのアイロンがけ Ironing of T-shirt

今回はアイロンの当て布がない時どうするのかとおすすめの代用品についてご紹介してきましたが、いかがでしたか?

それでは最後までお読みいただいて有難うございました。少しでもお役に立てたなら嬉しく思います。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ