バレンタインの告白を手紙で!相手に直接渡して返事をもらう方法とは?

【スポンサードリンク】

バレンタインに告白を手紙でと考える方はどれくらいいるでしょうか?

大切に思っている相手に直接手紙を渡す事は効果があるのか・・・

バレンタインに手紙で告白をして相手からお返事をもらうにはどうしたらいいでしょうか。

勇気を出して直接手紙を渡す事がどれくらい告白成功に繋がるのかを解説してみましたので、興味がある方は目を通してみてください。

バレンタインに手紙で告白するとどんな印象なのか?

バレンタインに自分の気持ちを手紙に込めて直接相手に渡すと言う告白法は、貰った相手にどのような印象を与えると思いますか?

相手の事を考えて気持ちを込めて書く手紙ですが、成功率が気になりますよね。

手紙を書いているこちら側は気持ちも高揚していますしできるだけ完璧な内容で書こうとしますから、内容的にはかなり凝った物になりますよね。

しかし、これは結構な落とし穴だったりするのです。

なぜなら、両想いの相手だったらいいのですが、片思いであまり相手にこちらの事を知られていない場合ですと手紙を貰った相手はこちらが思っているようには気持ちが高揚していませんよね。

あまり存在も知らない相手からあまりに凝った内容の手紙を貰いますと逆に引いてしまう事もあるのです。

こんな事にならない為にも、ある程度相手に自分の存在を知らせておく必要があると思います。

直接手紙を渡す場合のシチュエーション

バレンタインは好きな相手に気持ちを伝えるには絶好のチャンスですから、気持ちが伝わりやすく形として残る手紙での告白は相手にも印象に残りやすい方法だと思います。

では、どのように手紙を渡すといいのでしょうか?

比較的目立ちたがりの人への手紙の場合、人前で堂々と渡すと言う渡し方が有効かもしれません。

逆にあまり目立った事は苦手のような人ですと人前で堂々と手紙を直接渡すのは、相手に遠慮されてしまう事もあると思います。

ですから、手紙を直接相手に渡す場合、相手の人柄も考えていいシチュエーションを選びましょう。

また、直接相手に渡すのもいい事ですが、人に頼んだり相手の家のポストに投函したりするやり方もいいと思います。

ただポストへの投函は、相手が一人暮らしの場合のみにした方がいいかと思います。

【スポンサードリンク】

手紙の返事を貰いたい場合は?

思い切って手紙を書いて渡したのですから、できるだけ返事は頂きたいですよね?

では、どうすれば手紙の返事を貰えるのでしょうか。

一番手紙の返事を貰いやすい方法は、手紙の内容に「できたら返事をお願いします」と書く事ですね。

また「手紙以外でもいいのでお返事が欲しい」とも付け加えるといいと思います。

返事はどちらでもいいと言うような雰囲気はできるだけ避けた方がいいですし、「忙しい場合は後日でも構わない」と付け加える事で更にお返事に対する熱意が伝わると思います。

こちらは本気で熱意を込めた、と言う事をできるだけ相手にアピールするようにしましょう。

どんな形でもとりあえずはお返事が欲しい!と相手に伝われば、何らかの形でお返事をして頂ける可能性が高くなると思います。

まとめ

バレンタインも含め手紙で告白すると言う人は最近は減ってきているのではないでしょうか?

もし、どうしても形として残る手紙で告白をしたいと思う場合は、あまり重たい内容にならないように注意しましょう。

たとえ相手と両想いの可能性があっても、あまり重い内容の手紙は相手から引かれる可能性があります。

また、あまりに長すぎる手紙も同じような内容の文章が繰り返されてしつこく感じられがちですので、手紙で相手に気持ちを伝える場合は、気軽な内容の文章を心掛けできるだけ明るい雰囲気に仕上げるようにしましょう。

相手の人柄にも注意しながら手紙を渡すシチュエーションもしっかりと考えるようにしたいものですね。

今回はバレンタインの告白を手紙でする時、相手に直接渡して返事をもらう方法を解説してきました。

それでは最後までお読みいただいて有難うございました。少しでもお役に立てたなら嬉しく思います。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ