バターとマーガリンの違いとは?健康にはどちらが良いの?

【スポンサードリンク】

トーストに塗ったり様々な料理に使ったりと日々の食生活の中でバターとマーガリンは欠かせない存在ですよね!

ところで皆さんはこのバターとマーガリンの違いについて説明できるでしょうか?

そんな私も何となく分かっているようで実はバターとマーガリンの違いを深く理解していませんでした^^;

この『バターとマーガリン』。

似たような存在で全く違うものだということを理解していなければバターやマーガリンを使って料理を作った時に『あれ?思った味と違う・・・』とか『何か使い方を間違えたかな?』なんてこともあるかもしれませんね。。

また、私たちが普段の食生活で直接口に入れるものですので『バターとマーガリンどちらが健康に良いのか?』についても知っておきたいですよね!

もしあなたが女性ならば健康面以外でも『バターとマーガリンのどちらが太りにくいのか?』についても気になるところではないでしょうか?

そこで今回はこのバターとマーガリンの違いと健康にはどちらが良いのかについて解説していきます。

それではぜひ最後までお付き合い下さい!

バターとは?

バターとはその成分の80%以上が動物性脂肪で作られています。

『そもそも動物性脂肪とは何なのか?』という声が聞こえてきそうですが・・・ここで言う動物性脂肪とは主に牛乳のことを指しています。

生乳や牛乳に含まれる脂肪分を抽出して、これらを固めて作ったものが一般的なバターです。

今現在スーパーなどで販売されているバターは、『乳脂肪分が80%以上・水分量が17%以下であること』と食品に関する法律で決められてこれをクリアしているものだけがバターと名乗ることができるのです!

またバターの性質として特徴的なのは冷やすと固まるので、トーストに塗る時には常温に戻しておくという人もいます。

風味については濃厚で何よりも香りが良いので、クッキーなどのお菓子作りにも重宝されている食材です!

またこちらの動画では『簡単に作れる手作りバターの作り方』についてご紹介していますのでぜひ参考にしてみて下さいね。

◇参考動画:簡単すぎる?手作りバターの作り方

マーガリンとは?

マーガリンはその成分の80%以上が植物性脂肪でできています。

ここで言う植物性脂肪とは主にオリーブ油やゴマ油などを指しています。

そしてマーガリンとは実はバター不足による苦肉の策としてできた代用品として誕生したと言われています。

今でもバターの値上げや在庫不足の時にはマーガリンを代用して購入する人も多いですね。

バターに近い風味を再現して作り上げられたマーガリンですが、『それではバターとは何が違うのか?』と言うとバターは主な原料が動物性脂肪で作られることに対してマーガリンは植物性脂肪で作られている点です。

性質の特徴としては冷蔵庫で冷やしても固まり過ぎずにほど良く柔らかいので、『トーストに塗る時にはバターよりもマーガリンの方が良い!』と好んで使用する方も多いですね!

バターによる健康面

その原料が動物性脂肪で作られているバターですので、健康面で少し注意をしなければいけないことがあります。

バターは動物性脂肪分が多いため、摂取し過ぎるとコレステロール値が上がりやすい点がネックで特に健康に気をつけている人にはとっても気になることだと思います。

バターの摂取だけで直接原因に繋がるわけではないのですが、コレステロール値の上昇により動脈硬化になる可能性が上がります。

またカロリーも高いので食べ過ぎによる肥満にも注意が必要です。

ではバターの一日の摂取量はどのくらいならば問題ないのでしょうか?

結論としては動物性脂肪は一日に、多くてもスプーン大さじで1,5~2杯くらいまでにとどめておくと良いでしょう。

これはトーストを一日に2~3枚食べる人には『少ないなぁ~』と感じる量かもしれませんが、バターの替わりにジャムを使用したりして対応するようにすると良いですね♪

【スポンサードリンク】

マーガリンによる健康面

マーガリンを作っている主成分である植物性の油には中性脂肪やコレステロールを下げる働きをする効果があります。

『だったらマーガリンはバターよりも健康に良いんじゃないの?』と思った方も多いかもしれませんが、あながちそうとも言い切れないのです(>_<)

植物性脂肪を主成分として作られるマーガリンは言ってみれば人工的に作られたものです。

自然な牛乳などを固めて作っているバターは天然なものとも言えますのでここは二つの食材の大きな違いがですね。

マーガリンの特徴として冷やしても柔らかく、しかもきちんと固形を守ってくれるメリットがあるのですがこれはマーガリンを製造する時に食用精製加工油脂という材料が使われているからなのです。

これはしっかりと市販のマーガリンのパッケージにも書かれていますのでぜひ確認してみて下さいね!

さてそして・・・残念な事にこの食用精製加工油脂が問題で食用精製加工油脂は工業用にも使われる硬化油脂が使用されています。

これはトランス脂肪酸が含まれていることを意味するのですが、トランス脂肪酸が一時期ニュースなどでも話題にもなりましたので、ご存知の方もいらっしゃるのではないでしょうか?

トランス脂肪酸に関しては具体的に健康被害も報告されていることから健康上要注意な成分なのです。

ちなみにトランス脂肪酸を多く摂取した場合の健康上のリスクとして体内の悪玉コレステロールの増加を促進し善玉コレステロールが減少する事や心臓病・突然死・糖尿病・高血圧・体重の増加によるメタボリックシンドロームのリスクの上昇などが挙げられています。

マーガリンを摂取する場合にはこれらのリスクも考慮した上で摂取量に注意する必要がありますね!

◇参考動画:「植物性」っていいの?マーガリンとバターってどっちがいいの? 若さと健康と活力と美しさを手に入れる身体の作り方と方法

まとめ

いかがでしたでしょうか?

まとめるとバターとマーガリンどちらにも健康面で注意しなければならない成分が含まれている事が分かりましたね。

過剰に摂取してしまうと少なからず弊害がありますので適量にとどめて利用するのが良いでしょう。

今回はバターとマーガリンに違いと健康にはどちらが良いのかについて解説してきました。

それでは最後までお読みいただいて有難うございました。少しでもお役に立てたなら嬉しく思います。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ