美肌の作り方!肌によい食事やレシピを大公開!

【スポンサードリンク】

食べたもので体は作られていると言いますが、透明感のある美しいお肌も食べるものによって作られます。

ここでは日常生活の中でカンタンにできる肌によい食事を心掛けることで可能になる美肌の作り方をお知らせします。

また身近な食材で可能なレシピをご紹介していきます。

適切な食事は病気や肌荒れを遠ざけ、健康や美肌を近づけてくれますよ(^^♪

ぜひこちらを参考に肌に良い食事から美肌の作り方を学んでみてください!

透明感のある美肌のためにフルーツや野菜を

本来肌のターンオーバーは28日周期と言われますが、年齢を重ねるとともに変化し30代なら30日、40代なら40日、50代なら50日かかります。

ターンオーバーを促す意味でも、フルーツや野菜をしっかり摂取することが大事です。

肌のシミを予防し美白効果のあるビタミンC、肌の抵抗力を高めるビタミンA、血行を良くして老化を遠ざけるビタミンE、この3つは美容のために必須のビタミンと言われています。

まずはじめにビタミンCを摂取するのであれば柑橘類がおすすめです。
中でも、グレープフルーツはわずか半個で、1日に必要な量を含んでいます。

続いてビタミンAを多く含む食材のご紹介に移ります。
代表的な食材といえばニンジンですが、ニンジンのベータカロテンの含有量はトップクラスで、免疫力を高め肌の老化を防止するだけでなく、眼精疲労やドライアイの改善にも効果があります。

<ニンジンは安価で日持ちもし、様々な料理に使える万能野菜ですが、ゴマ油などで炒めるとベータカロテンの吸収がアップします。
スライサーなどで太めの千切りにして炒め、ゴマをふって箸休めの一品に作っておくと便利です。>

最後はビタミンEを多く含む食材です。

その代表選手はアボカドです。時に「食べる美容液」とも言われ、美肌を作るための強い味方です。

疲労回復効果もあり、コレステロール値を減らす働きもあります。

またこちらの動画でも美肌を作る為に効果的な食事レシピを紹介していきますのでぜひ参考にしてみて下さいね!

◇参考動画:【バレリーナの食事】美肌と健康のための簡単レシピ💖【日本語版】#バレエダイエット What a Ballet Dancer Eats in a Day

【スポンサードリンク】

少女のようなバラ色の頬を取り戻すために鉄分を含む食材を!

顔色がすぐれず、肌荒れが気になるようなら貧血気味かもしれません。

鉄分を含む食材をしっかり摂取して、血色の良い美肌を取り戻しましょう。

鉄分はカキや青魚、レバーなどの動物性食品に含まれるヘム鉄と、ほうれんそうや小松菜、ヒジキなど植物性食品に含まれる非ヘム鉄に分けられますが、どちらもバランスよく食事に取り入れることで、貧血を予防し改善することができます。

<青魚に多く含まれるDHA(ドコサヘキサエン酸)は血行をよくして肌のくすみを改善してくれます。
缶詰のサバやサケの水煮缶でも同様の効果が得られるので、小松菜と一緒に煮たり、肉の代わりにカレーに入れて食べましょう。>

酢を上手に摂取して夏の疲れ肌を解消

夏の肌は紫外線や汗、クーラーによる乾燥などでトラブル肌になりがちです。

また、冷たいものの取り過ぎから胃腸の疲れが、肌にでがちです。

の酸味を食事に取り入れると夏バテが解消でき、酢の持つ酵素の力で美肌効果が得られます。

毎日スプーン1杯の酢が健康と美肌の源となるので、野菜のピクルスや酢のものなどにして食事に取り入れましょう。

<スライスした玉ねぎを水にさらさずそのままビンなどに入れ、酢を回しかけてつけておくとサラダや和え物に利用できます。そのままカツオをかけて醤油を少しかけても美味しくいただけます。>

まとめ

最近では美肌のためのサプリメントも多く出回っていますが、基本は食事から栄養素をとることが重要です。

バランスの良い食事をとって、いつまでも若々しい肌をキープしましょう。

もう今更手遅れ?そんなことはありません。気づいた時から地道にコツコツ改善を心掛けましょう。

毎日継続して続ければ肌は1ヵ月もすれば変化がみられるようになってきます。

今回は美肌の作り方と肌によい食事やレシピに関して解説してきました。

それでは最後までお読みいただきありがとうございました。少しでもお役に立てたなら嬉しく思います。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ