ボーナスは退職時の有給消化中でも貰えるの?減額はあり得る?

【スポンサードリンク】

会社員の方は普段何のために働いているかと言えば、生活の為というのがまずは第一になるのではないでしょうか?

当然その中で働くことによる対価として得られる『給料』というのはとても大切なものですよね!

給料の中で通常の月給とは別に働く私たちにとって嬉しいのが、人によっては定期的に貰うことができる『ボーナス』です。

『ボーナス』とは、通常の月給の二か月分・三か月分の給料を(※企業によって異なります。)一度に貰うことができる従業員にとって非常に有難いものですが、たとえばそのボーナスは退職する時の有給消化中でも貰えるのでしょうか?

それに関しては様々な意見があって、有給消化中とはいえ『もう働いていないし貰えないでしょ・・・』という意見もあれば、『会社にまだ所属しているので貰えるはず!』という意見もあります。

また有給消化中も『ボーナスは貰えるけど通常勤務をしている人よりは少なく減額になる』という意見もあります。

もちろん個々の会社によって状況は違うのでしょうが一般的に一体どの意見が正しいことが多いのか判断が難しいですね(^^;

そこで今回は退職時の有給消化中でも、ボーナスがもらえるのか?また減額はあるのかについて解説していきたいと思います。

それではぜひ最後までお付き合い下さい!

ボーナスの減額はあるの?

まずはじめに『ボーナス』に減額はあるのかご紹介していきます。

結論から言いますとボーナスの減額は会社によってはごく普通にあります。

ではどのような時にボーナスの減額が起こるでしょうか?
まず一番の理由としては『会社の業績が悪い』時にはボーナスは減額される可能性が高いです。

これはボーナスだけではなく通常の月給・年間トータルの総支給額にも影響してきますね。

ボーナスは基本的に会社の成果(利益)に対しての報酬として社員に還元するものになりますので当然ながら会社の業績が芳しくない時に賞与などのボーナスを減額することは普通なことですし、場合によってはボーナス自体が支給されないこともあります・・・(‘Д’)

『ボーナス』の支給額は企業側が自由に設定して決められるものでもありますので、そのような企業にとって厳しい経営状況の時には減給があってもおかしくはありません。

最悪の場合はボーナスが継続的に支給されない状況になることもありますのでもしあなたが勤務されている会社の経営状況が芳しくない場合は過度な期待はしすぎないようにした方が良いかもしれません^^;

またボーナスの減額公務員の方にとっても無関係な話ではありません。

昨今は国や地方自治体の財政状況も決して順調でありませんので財政政策の一環などでボーナスが減ることもあります。

また会社員でフルコミッションの営業職の方などは個人の業績・ノルマの達成率によってボーナスの支給額が大きく変動してくるものです。

営業職以外でも業務遂行の成果によってランクアップしたり、インセティブという名目でボーナス手当がつくような職種もあったりします。

会社員の方はたいてい企業の利潤追及のために雇用されているものですので個人やグループなどで目標の数字を追いかけていく中でその都度の成績・成果によってボーナスも変動するなんてことは普通なことなんですね。

◇参考動画:【社会保険労務士】賞与支給のルールと社会保険【松本市 未来経営】

【スポンサードリンク】

退職時の有給消化中でもボーナスは貰えるの?

次に退職時の有給消化中でもボーナスは貰えるのかご紹介していきます!

この問題は会社側が賞与支給日後に退職する予定が既に分かっている従業員のボーナスを減額できるかというところが争点となります。

そもそも会社側にとってボーナスとは従業員に必ず支給しなければならないものではありません。

なぜなら日本の法律では会社にボーナスの支払いを義務づけていないからです。

それでも会社側が従業員に対してボーナスを支給するのは会社の就業規則などにその定めがありそれを根拠に支払い義務を負うだったりするのです。

ですのでボーナスを支給するかしないか、支給するとして誰にいくら支給するのかといった部分は原則として会社側が自由に決めることができます。

従業員の立場からすると『会社を退職するならボーナスをもらってからが良い!』という言葉をよく耳にしますが従業員側からすると本当にその通りなんですね。

会社側からするとボーナスを支給する意味としては日頃、会社の業績に貢献している従業員に向けて『これからも頑張って会社に利益もたらして下さい』という意味も込めて支払っているので既に退職が決まっている人には当たり前ですがなるべくボーナスを支払いたくないのが本音です。

極端な例ですがある会社では前年度は20万のボーナスをもらっていた方がボーナス支給日前に退職すると会社側に伝えただけでその年は1万しかボーナスが貰えなかったというケースもあるくらいです。

従業員の立場からすると会社側に退職を伝えるタイミングや時期はよくよく注意して決める事も大切だと感じますね(^^;

今回はボーナスは退職時の有給消化中でも貰えるのかについて解説してきましたが、いかがでしたか?

それでは最後までお読みいただいて有難うございました。少しでもお役に立てたなら嬉しく思います。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ