ブルーライトが睡眠にも影響するって本当?根拠を解説!

【スポンサードリンク】

最近は一人に一台といっても過言ではないくらいにみなさん当然のようにスマートフォンをお持ちですよね!

スマートフォンの機能は年々進化を続け、電話機能の他にもSNS・ゲームや調べものなど様々な事ができ生活に欠かせない物となっています。

しかしあなたはそんな便利なスマートフォンから発せられるブルーライトは生活に悪影響を及ぼしている事をご存知でしょうか?

それは、人にとっても重要な『睡眠』です。

質の良い睡眠を取れない事は生活に悪影響を及ぼしてしまいますが、特に寝る前にスマートフォンから発せられるブルーライトを浴びると睡眠に影響が出てしまうのです(^^;

今回の記事ではスマートフォンのブルーライトが睡眠に影響を与える根拠についてお伝え致します。

ブルーライトについて正しく理解をすると、影響を及ぼさない方法もわかりますので、ぜひ参考にして下さいね♪

ブルーライトが睡眠に影響をする根拠

まず、冒頭にスマートフォンによるブルーライトと示しましたが、ブルーライトはなにもスマートフォンからしか発生しないわけではありません。

スマートフォン以外にもパソコンなどLEDディスプレイに多く含まれていますので注意が必要です!

普通の光は目の水晶体や角膜で吸収されますが、ブルーライトはその奥の網膜まで届くほどの強力なエネルギーを持っています。

ブルーライトは同じように網膜まで届く紫外線に近い光だと言われています。

紫外線の強い時期にはサングラスを身につけ、紫外線から目を守ることがありますが、そんな紫外線に近いブルーライトをそのまま目に浴びさせて良いものではありませんね。

どうして睡眠に影響を与えてしまうのか?

私たちの体はブルーライトを朝の太陽の光だと勘違いしてしまう事があると言われています。

寝る前にブルーライトを見続けるという事は夜なのに朝の太陽の光を感じている事になります。

なんだか文章で読んでも頭がこんがらがってしまいますね(^^;

それと同じように体内時計が狂ってしまい強いては自律神経までもが影響を受けるのです。

そうなると、体が夜は寝るものだという認識が出来なくなり、寝なければいけない時間に寝付く事が難しくなるのです。

たとえ眠ったとしても眠りが浅かったり、一日の疲れがしっかりと取れないような質の悪い睡眠になってしまいます。

◇参考動画:ブルーライトが人体に与える影響 (ブルーライトカット液晶保護プロテクター ブルテクター発売中!!)

【スポンサードリンク】

ブルーライトを浴びないようにする為には?

睡眠に影響を出してしまうブルーライトを浴びない方法があります。

まずは寝る前にスマートフォンを触るのを控えましょう。

『ちょっと眠くなるまで』と言いながら画面を見続けると余計に寝付けなくなってしまいます。

最近はブルーライトの問題も取り上げられる事も増え、注目されている商品があります。

それはブルーライトをカットをしてくれるメガネやフィルムです。

フィルムはスマートフォンやパソコンの画面に貼り付けるだけなのでとても手軽ですね♪

メガネも手軽なものですから、ぜひ日頃から意識をしてブルーライトの悪影響を受けないようにしましょう(^^)/

もしもブルーライトの影響を受けてしまったら・・・

ブルーライトの影響を受けてしまったら最終的には症状がひどい場合、自律神経がおかしくなってしまいます。

この自律神経というのは、自分の意思で動かす事が出来ないことを動かすものです。

具体的には心臓を動かしたり、睡眠を取ったりといった人間の自然な生理現象で起こるもののことです。

結局のところ、ブルーライトへの対策としては自律神経がおかしくなってしまった原因をまず排除します。

この場合は、当然ですが意識的にブルーライトを受けないようにすることが一番の対策になります。

そして、何よりも大切なのが心穏やかにストレスなく過ごす事です。

毎日できる限り同じ時間に起き、決まった時間に食事をしたり床に就いたりといった規則正しい生活を心がけてまずは狂った体内時計を正常に戻すように努力してみて下さいね!

ブルーライトが睡眠に影響を起こしてしまう事についてご理解頂けたでしょうか?

これからは、スマートフォンやパソコンの必要度や利用する自分なりのルールを決め、ブルーライトからの影響を受けずに快適な生活を過ごすようにそれまでの生活を見直しましょう。

今回はブルーライトが睡眠にも影響するって本当なのか?その根拠に関してご紹介してきましたが、いかがでしたか?

それでは最後までお読みいただいて有難うございました。少しでもお役に立てたなら嬉しく思います。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ