大学生特有の五月病の原因とは?治し方や乗り切る方法をご紹介!

【スポンサードリンク】

春の新生活が始まり、新しい生活にも少しづつ慣れてきて、ゴールデンウィークが過ぎた頃に毎年話題となるが五月病ですね。。

周辺の環境がそれほど変わらない中・高校生や仕事の忙しさに追われいつの間にか乗り越えてしまうことの多い社会人と違い、意外なことに大学生は生活リズムの変化や慣れない一人暮らしなどで五月病になりやすいといわれています。

大学生以外でも五月病になる人は少なくありませんが、その原因と治し方を知っていれば、五月病はそれほど恐れるものではありません!

今回は大学生特有の五月病の原因と乗り切る方法、また五月病になってしまったときの治し方などをご紹介します。

ぜひ最後までお付き合い下さい!

大学生に特有の五月病って?

『五月病』と聞くと4月に新しい環境で仕事や学生生活を始めた人が、5月の連休のあとにやる気・気力をなくしてしまう病気のイメージがないでしょうか?

実はこの五月病、もともとは大学生に特有の病気だと言われていたのです!

厳しい受験戦争を勝ち抜き、難関の志望校に合格したにも関わらずその反動から気が抜けたようにまさに『抜け殻のように堕落した生活を送ってしまうようになってしまう・・・』そんな症状の大学生が今も昔も多いところから大学生特有の病気と言われているのかもしれません(^^;

受験戦争でひたすら目標とする大学に受かるために勉強をし続け、合格したあとに待つ新生活への期待は、高校生までの学生生活とは全く違う次元であると言えますよね!

大学受験の勉強はとても大変なものですし、難関大学などの志望校に受かった人は受験生の時に沢山のことを我慢し犠牲にしてきた上でやっとの思いで合格を勝ち取った!という経験をしている場合も多いはずです。

そんな苦労の末に勝ち取った生活がいざ始まってみると入学式や大学のオリエンテーション、サークルの勧誘など慌ただしく4月が過ぎていく中で『なんか思っていた生活と違うぞ。。』とか『こんなはずじゃなかった・・・大学ってもっと面白いものだと思っていたのに・・・』理想と現実とのギャップに絶望しうつに近い状態に陥ってしまう学生の方も少なからずいるのです。

なぜ五月病は起きてしまうのでしょうか?次に具体的に『五月病』の原因について解説していきたいと思います!

五月病の原因は?

動画:五月病とは・・・

五月病にかかる人の多くは、完璧主義であったり、生真面目で環境への順応するのが苦手な人が多い傾向にあります。

大学生活に大きな期待を抱き、その憧れが強いゆえに、実際に大学に入ってみて大学生という現実がそれほど理想や夢で出来ているわけではないという現実に幻滅してしまうのです。

その落胆を打ち明ける友達や指導してくれる先輩や教師がいれば、そこから症状を改善することも出来ますが、そういった人たちを自分で拒絶してしまい自分の殻に閉じこもってしまいます。

やがて学ぶことや色々な経験をする気力が失われ、不眠や食欲不振からノイローゼになる危険性も出てきてしまうのです。

原因はこういった理想と現実の落差、また大学に入るまでの緊張や不安から解放されたことによる脱力感などが大きく、さらに大学に入ることをゴールと考えてしまう傾向にあるので、ゴールしたあと自分が何をすればいいのか分からず、目標を見失ってしまうことも五月病の原因となるのです。

理由もなく毎日が憂鬱だったり、『学校に行くより寝ていたい』と感じたり、実際に『講義をさぼることが多くなったり』『何かをやろうとする気力がわかない』といった自覚症状があるなら、五月病の予備軍かもしれませんので自分でこれらの症状を改善できないと感じたら、早めに大学のカウンセラーに相談するなど、対策をするようにして下さいね!

【スポンサードリンク】

これでもう怖くない!五月病の治し方と乗り切り方

大学に入学して初めて一人暮らしを始めたり、新しい土地に一人で出てきた場合など、今までの生活と環境が変わること・また食生活や生活のリズムの変化なども五月病の原因の一つと考えられます。

しかし五月病は、単なる一時的な気持ちの落ち込みではなくれっきとした病気であり、それこそ誰もがなる可能性のあるものだと考えるようにしましょう。

『どうして私だけが・・・』とか『自分の気持ちが弱いからだ!』などと落ち込んだり自分を責めたりすることで、さらに症状を悪化させてしまいます。

症状が軽いうちに、以下のようなことを試して五月病を改善させることが大切です。

リラックスできる環境を作る

気分転換にカラオケに行って大きな声を出したり好きな音楽を聴いたり自分が熱中できる趣味に打ち込むのもおすすめです。
とにかく時間を忘れてしまうくらいに『大好きなコト』を沢山するようにしましょう!

運動をする

新しい環境に体が慣れていないと睡眠不足になったり緊張やストレスなどで体が硬くなったりします。

散歩や軽いストレッチ・ウォーキング・ジョギングをしてみましょう。

食生活を見直す

ストレスがたまると、体のビタミンが消費されてしまいます。

ファストフードや加工品の食べ過ぎでも体内のビタミンが減りますので意識的に野菜や大豆、魚や肉をバランス良く食べるようにしましょう。

そして何よりの対策は自分が辛いときに気持ちを吐き出せる場所を作ることです。

心から腹を割って話せる友達がいないと諦めてしまう前に、自分から積極的に話しかけてみることも必要です。

それも難しいなら、学校のカウンセラーや病院など利用できるところはたくさんありますので一人で考え込んで自分の中でため込まないことが大切です!

今回は大学生特有の五月病の原因とその治し方や乗り切る方法について解説してきました。

それでは最後までお読み頂いて有難うございました。少しでもお役に立てたなら嬉しく思います。

 

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ