大根の栄養!加熱後と生でどう変わるのか?

【スポンサードリンク】

寒い日が続くこの季節、煮物やおでんなどで食べる機会の多い食材と言えば今が旬の大根ですよね!

大根は加熱して食べたり、生で食べたりと様々な食べ方があります。

加熱して味の染みた大根は例えばおでんの代表的なネタである通り、とっても美味しいですよね!(^^)!

しかし栄養の面で見てみると加熱して食べるのと生で食べるのとではどのような違いがあるのでしょうか?

せっかく大根を食べるなら栄養の多い調理方法で食べたいものですよね。

そこで今回はそんな大根の栄養に関して加熱後と生でどう変わるのかについて解説していきたいと思います。

それではぜひ最後までお付き合い下さい!

大根の主な栄養は?

大根にはどんな栄養素が入っているかあなたは知っていますか?

私は恥ずかしながら調べてみるまで全く知りませんでした・・・^^;

実は大根の根の部分は、ジアスターゼという酵素やイソチオシアネートという有効成分が沢山含まれているのです。

なんだか聞き慣れない名前の栄養素ですので『だから何なんだ?』と思う方もいらっしゃるでしょうが、ジアスターゼ消化不良や胸焼けの解消にとても効果があるんです。

すなわち食欲不振を改善する働きがあります。二日酔いなどで胃がもたれている時などの改善にも効果があるようですね!

またイソチオシアネートがんの予防や脂肪が体に付きにくくする作用があるんです。

そして主な栄養素としてはビタミンCや食物繊維も多く含んでいることも分かりました。

ビタミンCは言わずもがな肌のコンディションを整えるのにとても良い栄養素ですし、食物繊維は便秘予防にもなります。こうして大根の栄養価を確認してみると、女性に嬉しい成分が沢山入っていますね(^^)v

そして大根の葉の部分には、ビタミンCやミネラル・鉄分などが多く含まれています。

鉄分も入っているのにびっくりしました!

大抵の方は大根の葉の部分は、捨ててしまうことが多いかもしれません。

しかし、栄養を沢山含んでいるので、どうせならば食べてしまっても良いかもしれません。

大根の葉の具体的な調理法に関しては後程触れていきますね♪

大根を加熱すると栄養はどうなる?

大根は、煮たりして加熱して食べることが多いと思います。

では、加熱するとせっかくの栄養素はどうなるのでしょうか?

大根に多く含まれているジアスターゼやビタミンCは、熱を加えると、そのせっかくの栄養が損なわれてしまいます。

ジアスターゼ50℃以上で効果が無くなってしまうのです。

もちろん、加熱後は全く栄養が無いという訳ではありませんが、生で食べるのに比べて栄養が少ないという状態になってしまいます。

ですので栄養の事を考えるとできれば大根は生で食べるのをおすすめします。

【スポンサードリンク】

効果的な生での食べ方

先程までのご説明で大根は加熱して食べるより、生で食べた方が良いという事が分かりました。

では生の中でもどのようにして食べるのが一番良いのでしょうか?

大根の根の部分に含まれているイソチオシアネートは、細胞を壊すことによって効果を表す成分なのです。

ですので、大根おろしにして食べると非常に効果が期待できます。

大根おろしは冷蔵保存をしてる家庭も多いかもしれません。

しかし、大根おろしは時間が経つと、辛味成分も消え、栄養分がどんどん減っていってしまいますので食べる直前に食べる量だけおろす事をおすすめします。

どうしても保存したい人は、密封容器に入れて保存し2日以内には食べるようにしましょう。

生で大根の葉を食べる方法

大根の葉の部分にも実は栄養が沢山入っていることは冒頭の部分でご紹介してきました。

しかし、大根の葉の部分は捨ててしまう事も多いでしょうし、一体どうやって食べていいかわからない人もいると思います。

大根の葉は私の家庭では、みじん切りにして塩を振り、重石を乗せて、漬物にしています。

その後、醤油や鰹節でアレンジしてもとても美味しいですよ。

炒飯に入れても美味しかったです。

大根の葉が余ったらぜひ試してみてください。

またこちらの動画でも『大根の葉を使用した簡単なレシピ』をご紹介していますのでぜひ参考にしてみて下さいね!

◇参考動画:飯テロ!?栄養たっぷり!大根の葉を使ったお料理!おにぎり編

いかがでしたでしょうか?

今が旬の大根!その豊富な栄養を生かす為にも有効な調理法で実の部分だけでなく、葉も含めて上手に調理して楽しめると良いですね(^^♪

今回は大根の栄養に関して加熱後と生でどう変わるのかを解説してきました。

それでは最後までお読みいただいて有難うございました。少しでもお役に立てたなら嬉しく思います。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ