付き合う前のデートで失敗した・・・失敗例と挽回方法を紹介!

【スポンサードリンク】

気になる相手に、勇気を出してデートの申し込みをして、せっかくOKをもらったのに上手くいかなかった…ということはありませんか?

緊張して上手く話ができなかったといった失敗をそのままにしなければ、場合によっては挽回可能です!

付き合う前のデートでやってしまいがちな失敗例と、その挽回方法についてご紹介します。

ぜひ最後までお付き合い下さい!

付き合う前のデートで失敗した!~自分のミスによる失敗~

自分のミスで起こる失敗例として、

○遅刻をした

○緊張して話が盛り上がらなかった

○告白してしまった

といった事が挙げられます。

話が盛り上がらなかったという失敗は、初めてのデートであれば、むしろよくあることです。

逆に話を盛り上げようとして、自分ばかりがしゃべってしまった・・・ということもあります。

遅刻についても、緊張していて眠れなかった、また事前に調べていたけど上手く乗換えができなかったということからも起きやすいミスです。

遅刻の場合は、すぐそのときにフォローすることで挽回することは可能です。

まめに連絡をし、謝罪とともに現在どこにいるを伝え、待ってくれている相手に喫茶店などで待ってもらえるようお願いするなど、細かい気遣いで印象が変わります。

ただし3つ目の告白は、受け入れてもらえなかった、また返事がなかったということになると挽回はかなり難しいといえます。

付き合う前のデートは緊張で失敗するもの、と考えてあせらず行動することが大切です。

付き合う前のデートで失敗した!~自分のミス以外の原因による失敗~

自分ではどうしようもないことが原因で失敗することもあります。

失敗例としては、

○デートで行こうと考えていた場所が臨時休業だった

○雨や雪、台風など天気が急に変わって予定通りにいかなかった

これらの失敗は事前に予想ができないことが多いものです。

それでもやはり失敗には変わりありませんので、そのときの対応によっては次に繋がらない場合もあります。。

しかしこの2つは事前に対策を立てておくことで失敗が回避できます。

事前にプランをいくつか立てておくことで、トラブルのときに「こっちも考えていたけどどう?」と切り替えることができます。

こんなときにあせって行き当たりばったりの行動をとってしまうと、緊張も重なってトラブルがさらに悪化する可能性が大きくなります。

もしいくつもプランを考えていなかった場合は、ゆっくり話ができる場所に移動し、話をすることで「じゃあこうしよう」と話がまとまる場合もあります。

どちらにしても大切なのは「あせらない」ことです。

【スポンサードリンク】

今回失敗したかも…と思う前にしておきたいこと

いろいろ計画も立てて、お互い緊張はしたけどそこそこ上手くいった気もするけど連絡が途絶えてしまった…と後になってから「失敗したかも」と思う事態もありえます。

自分で失敗した原因がわからないだけに、もうダメかもと考えてしまいます。

自分で気がつかなかったにもかかわらず上手くいかなかった場合としては、

○自分ばかり話をしていた

○出かけた先のレストランが相手の好みではなかった

といった失敗が考えられます。

相手のことを思うばかりに空回りしてしまったという失敗ですが、思い当たることがあるなら早めに謝っておくことが大切です。

ここでやってしまいがちなのがメールによるお詫びです。

確かにメールは便利ですが、そうなると相手の返信も形式通り、気がつけば自然消滅ということにもなりかねません。

できれば電話か、直接会って気持ちを伝える方が、相手の心に届きます。

頑張ってデートにこぎ着けたのに、告白して正式に付き合う前に自然消滅してしまったという経験が多いという方は実は自覚していないうちにうっかり失敗をしているかもしれません。

あなたの行動一つでまた再チャレンジのチャンスはあります。

ぜひいつもの失敗を振り返り、次の機会に生かしてみてはいかがでしょうか?

今回は付き合う前のデートで失敗した場合の失敗例と挽回方法について解説してきました。

それでは最後までお読みいただいて有難うございました。少しでもお役に立てたなら嬉しく思います。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ