ぎっくり腰になったら温湿布と冷湿布どっちが良いの?

【スポンサードリンク】

ある日、突然なってしまうぎっくり腰。

ひどい場合は起き上がったり、少し動くだけでも激痛で日常生活にも大きな支障がでてきますよね・・・

早く治したいけど病院に行くまで我慢できない、というときに便利なのが湿布です。

しかし湿布には温湿布と冷湿布があり、どちらを使えばいいのか迷います。

なぜ湿布には温湿布と冷湿布があるのか、またぎっくり腰のときにおすすめの湿布はどちらなのか、詳細を解説していきたいと思います。

ぜひ最後までお付き合い下さい!

ずばり、ぎっくり腰には温湿布と冷湿布どちらがいいの?

ぎっくり腰は腰に急に強い痛みが出る症状です。

重いものを持ち上げたときなど、そのまま動けなくなってしまいます。

これは筋肉や組織が損傷した状態で、炎症を起こしています。

つまりこの炎症部分を抑える必要があるということになりますので、湿布は冷湿布がおすすめということになります。

ただし温湿布も患部を一時的に温めるので、血流が増えますので皮膚の温度は逆に下がります。

そのため温湿布を貼った方が気持ちよいと感じられるのなら、温湿布を貼ってもかまいません。

ただし腰が炎症を起こしている状態なので、湿布を使うよりは氷嚢や保冷剤などで患部を冷やしてから湿布を使う方がおすすめです。

温湿布、冷湿布、どちらにも炎症を抑え鎮痛の効果があります。

温湿布と冷湿布、何が違う?

どちらにも炎症を抑え、鎮痛の効果がありますが、温湿布と冷湿布はどのような違いがあるのかご紹介していきます。

○冷湿布

メントールやハッカなどが配合されている冷湿布には皮膚の温度を下げる作用があります。

急性の痛みに対し、痛みをやわらげる効果があるので、捻挫やぎっくり腰の場合は冷湿布で炎症をまず抑えるようにします。

○温湿布

カプサイシンが配合されているものや、湿布自体が高温になるものもあります。

血行の改善や血管拡張といった作用があり、肩こりや神経痛など慢性的な痛みに対して効果のある湿布です。

ぎっくり腰でも、痛みを抑えるために冷湿布を使い、症状が落ち着いた頃に温湿布を使い、血流改善を試みるといった使い方をすることもできます。

ぎっくり腰が慢性化している場合は、温湿布を最初から貼ってもかまいません。

ただし湿布を貼っても症状が改善されない場合は、使用するのをやめ、病院で診察を受けることが大切です。

湿布の貼り方にも注意?

湿布はあくまでも応急処置です。

また長時間貼り続けたり、同じ場所に何度も貼っていると、かぶれができたり、湿布まけしてしまうことがあります。

またメントールやカプサイシンで痛みを感じることもあります。

交換時期などについても、湿布それぞれに違いがありますので、注意書きをよく読むようにし、用法を守って使うようにします。

湿布によって合う体質の人と合わない体質の人といますので、普段湿布以外でもかぶれやすい、皮膚が弱いという人は、病院で専門医に相談しましょう。

かぶれにくい湿布などもありますので、そちらを処方してもらうといいでしょう。

【スポンサードリンク】

ぎっくり腰は湿布で治る?

ぎっくり腰は炎症を起こしている状態なので、湿布で患部の痛みをやわらげることはできても、根本的な治療とはなりません。

炎症を抑え、組織の治癒を促進させることが必要となるので、湿布でいつまでも冷やし続けることは、体の組織の活動を抑えることにもなってしまいます。

ぎっくり腰は湿布では治らないということを忘れないようにしましょう。

病院で痛み止めや湿布をもらうと思いますが、それを使うだけでぎっくり腰が治るわけではありません。

ぎっくり腰の原因として、一番多いのは疲労、そして運動不足です。

さらに睡眠不足や食生活の乱れもぎっくり腰の原因となります。

何度もぎっくり腰を繰り返し、その都度湿布でやり過ごす、という方法では慢性的なぎっくり腰になってしまいかねないのです。。

湿布を貼ることは湿布を、あくまでも応急処置であり、根本的な改善は別だと考えましょう。

そして日頃の生活を見直し、ぎっくり腰にならない体作りを心がけるようにしたいですね!

今回はぎっくり腰になったら温湿布と冷湿布どっちが良いのかについて解説してきました。

それでは最後までお読みいただいて有難うございました。少しでもお役に立てたなら嬉しく思います。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ