バレンタインの義理チョコ!本命と勘違いされないポイントとは?

【スポンサードリンク】

バレンタインに渡すチョコレートを友人や同僚・上司へ皆に渡すモノと同じいわゆる『義理チョコ』をあげたのに本命と勘違いされた・・・

こんな苦い経験をされた事がある方もいらっしゃるのではないでしょうか?

男性側からすると特に女性との交際経験が少ない学生の頃などは『もしかしたら本命なのではないか?』と勘違いしてしまうことも珍しくはないと思います。

バレンタインの義理チョコにはこんな不幸な気持ちが交差が起きてしまう恐れが隠れているわけです。

今回は義理チョコを渡す時に気を付けたい男性の勘違いを防止する為のポイントをご紹介していきます。

ぜひ最後までお付き合い下さい!

勘違いされてしまいがちなチョコレートの形

男性・女性問わず義理チョコを思い浮かべるのは皆にあげているような量産型のチョコレートが一般的ですよね。

それこそ市販で大量販売されているようなチョコレートではないでしょうか?

そこに注目すれば義理チョコだと分かり易い形で導き出せますね。

例えば男性の立場からすれば女性から手作りの物をもらったりすれば「これは自分のため(だけ)に作ってくれた?」と勘違いしてしまう場合があります。

ですので、義理チョコとして渡すなら手作りのチョコレートは控えるべきです。

以上のことから

●手作りのチョコレートを避ける
●皆に渡すモノと同じ様なチョコレートを渡す

が本命と勘違いされない無難な方法だと考えられます。

チョコレートの包装に気をつける

バレンタインのチョコを店頭で購入すると包装をしてもらえますが明らかに本命だと思われるような包装をするお店もあります。

義理チョコであれば包装を簡素な物にして本命との区別をしっかりとつけると勘違いされるリスクを回避するポイントとなります。

チョコレートの量と単価にも気をつける

本命のチョコレートは手間と時間をかけて心を込めて作りますよね?

すると自ずと食べきりの物ではなく少し量が多くなり食べるのが勿体ないという心理が働くようなチョコレートになるのではないでしょうか?

バレンタインの義理を『感謝』という形にしたいのであれば食べきりの物であったとしても渡す時に一言「ありがとう」と添えるだけでも男性には「これは義理なんだろうな・・・」と思わせることができます。

また、高級すぎる物であったりブランドのチョコレートは避けましょう。

もらった物が明らかに特別感のある高級な物であると「わざわざ自分のために選んでくれたのか!」と男性を勘違いさせてしまう要素の一つとなってしまいかねません。。

【スポンサードリンク】

チョコレートだけを渡す、付属品をつけない

チョコレートだけでもバレンタインという特別なイベントにもらうというだけあり好意があってこそのプレゼントだと思われてしまう可能性がありますが更にチョコレート以外の物を渡してしまうと男性の勘違いを招きやすいので止めましょう。

仮に感謝の手紙などを添えたらさらにその期待を助長させてしまうだけです。

余計な詮索をさせないためにも渡すのは簡素にチョコレートだけにしておきましょう。

まとめ

バレンタインの義理チョコは本命とのチョコの特別感をはっきりと分けることで相手に伝えることができます。

ぜひ相手によって渡すべきチョコレートをしっかりと区別して余計な勘違いを生まず、好きな人には想いを伝えられると良いですね!

今回はバレンタインの義理チョコで本命と勘違いされないポイントについて解説してきました。

それでは最後までお読みいただいて有難うございました。少しでもお役に立てたなら嬉しく思います。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ