確定申告の医療費控除で歯のセラミック費用は対象になるのか調べてみた!

【スポンサードリンク】

今年も確定申告の季節がやってきました。

企業などにお勤めの方やパートをされている方にはあまりなじみのないものだと思いがちですが、そうではないのが医療費控除です。

「今年は何かと医療費がかかったな」と思われる方はもしかしたら確定申告を行うことで還付金を受け取ることができるかもしれません。

その中でも歯科を受診された方で、歯のセラミック治療を受けられた方は高額な医療費の一部を控除の対象にできます。

今回は確定申告の際の医療費控除、特に歯科でのセラミック治療に関してご説明していきます。

ぜひ最後までお付き合い下さい!

確定申告の際の医療費控除とはどういうものか?

その年の1月から12月までの1年間で、医療費の合計が10万円を超えた場合、確定申告を行うことで払ってしまった所得税の一部が還付金として戻ってきます。

これを医療費控除といいます。

具体的には

●実際に支払った医療費の合計ー保険金などで補充される金額ー10万円(総所得200万円未満は総所得×5%)

で出される金額が『医療費控除額』となり、その医療費控除額から所得に応じた税率を掛け合わせたものが還付金として受け取ることができます。

「医療費の合計」には、通院で使用した公共交通機関の運賃も含めることができます。(ただし車のガソリンは適用外)

歯のセラミックも対象になる

歯科医院で歯のセラミック治療を受けると、それだけでだいたい10万円は超えてしまいますね。

この歯科でのセラミック治療も医療費控除の対象になりますので、もしこの治療を受けられた方は申請しないと損をしてしまいます。

また歯科医院ではほかにも

・虫歯の治療

・歯周病治療

・親知らずの抜歯

・入れ歯

・インプラント治療

・矯正治療

なども医療費控除の対象となります。

セラミック治療においては、虫歯の治療や歯周病治療も同時に受けていることが多いので、そこで支払ったすべての医療費が控除の対象となります。

確定申告で医療費控除に必要なもの

確定申告で医療費控除を受ける場合は以下の書類が必要です。

・確定申告書

・医療費明細書

・診断書

・領収書

・源泉徴収票

・印鑑

その年に医療費がどの程度かかるのかは年の始めでは予測がつかないものですが、1年を通して合算すると意外にも10万円を超えてしまうこともあるものです。

しかし最近はどの病院でも医療費明細書の再発行は行っておらず、また領収書の再発行も有料であることが多いです。

ですので、病院などに通院の際は1年間は医療費明細書や領収書などを保管しておく方がよいでしょう。

まとめ

確定申告なんてめんどくさい!と思われる方は多くいらっしゃると思います。

しかし例えばあなたの課税所得が400万円だとして、歯のセラミック治療に20万円支払ったとすると、約2万円ほどの還付金を受け取ることができるのです。

これを大きいと思うか小さいと思うかは人それぞれでしょうが、返ってくるものを受け取らないのは損だということに違いはありません。

手続きなど不明な点があれば最寄りの税務署で丁寧に教えてもらえるので、適用される方はぜひ確定申告を行いましょう。

今回は確定申告の医療費控除で歯のセラミック費用は対象になるのかについて解説してきました。

それでは最後までお読みいただいて有難うございました。少しでもお役に立てたなら嬉しく思います。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ