歯の神経を取る治療の痛みはどれくらい?激痛って本当?

【スポンサードリンク】

虫歯が大きくなり、歯の神経まで達してしまった場合、残念ながら神経を取る必要があります。

しかしその必要性がわかっていても、気になるのはその痛みですよね。

『治療時の痛みが恐い・・・』『なかなか歯医者さんに行く勇気が出ない・・・』なんて方も多いのではないでしょうか?

歯の神経まで虫歯菌が達した場合、当然治療には麻酔は使いますが、歯の神経を取る時の痛みはその時の状態によって異なってきます。

今回はそのような歯の神経を取るときの痛みについてご説明します。

ぜひ最後までお付き合い下さい!

歯の神経を取る治療は痛い?

基本的に歯の神経を取る治療を行う際は麻酔を使用するため、麻酔が効けば治療中の痛みはほとんどありません。

しかし虫歯の炎症が激しい場合は麻酔が効かない場合があります。

もし麻酔が効かない場合、歯の神経を取る際に痛みがでるのは避けられず、またその痛みも大きいため、通常の治療においてはいったん消炎処置を行ってから、後日治療を再開することが多いです。

ただしこれはあくまで炎症が落ち着くまでの応急処置に過ぎないため、その後必ず神経を取る治療が必要になります。

歯の神経を取るって具体的にはどうするの?

歯の神経を取る治療が必要なのは、多くは虫歯が大きくなってしまい、虫歯菌が神経にまで達しているケースがほとんどです。

ゆえにまず麻酔をし、虫歯を取りにぞいていく過程で歯の神経の入り口が見えます。

そこに神経を取る特殊な器具(リーマーやファイルと呼ばれる針のようなもの)で神経を取り除きます。

その後何度か消毒を行い、歯の神経の入っていた管をきれいにしていきます。

よく歯の神経を取る治療は時間も回数もかかると言われますが、この作業がきちんと行われないと、歯の神経の管に菌が残り、再び痛みがでる原因になってしまうのです。

そのため数回の治療ののち、歯の神経の管が綺麗になった段階で、詰め物をします。

【スポンサードリンク】

歯の神経を取ったはずなのにまだ痛む!これはどうして?

歯の神経を取る治療の直後は痛みが出やすくなっています。

これは歯の神経を取る際に、歯の根に近い部分で神経を切断して取り除くため、その部分が一時的に傷が生じてる状態にあるからです。

これは手術をして体の中の悪い部分を取り除いても、その時の傷口が痛むのと同じような状態です。

ですので、歯の神経を取る治療を行った後はできるだけその歯で噛まないようにし、とにかくその歯を安静にすることが痛みが出ないようにするポイントと言えるでしょう。

また以前治療で神経を取ったはずの歯が痛み出すというケースもあります。

治療後しばらくは痛みがなかったのに、数年経って痛みが出た場合、これはその歯の根の部分に病変がある可能性があります。

その場合の痛みははじめは「噛むと痛い」から始まり、だんだんひどくなると激痛がでたり腫れたりすることがあります。

たとえ歯の神経を取ったからと言って油断はしないようにしましょう。

異変を感じたらすぐに歯科医院を受診してください。

虫歯は大きくなる前に治療するほうが痛みは少なくてすむ

虫歯は1度こじらせると、その痛みを抑えるのはなかなか難しくなります。

しかし歯の神経にまで達するような虫歯の場合、必ずその前に症状が現れます。

例えば「冷たいものがしみる」「寝てるときに少しうずく」「噛むと痛む」などです。

このような症状を感じたら、早めに歯科医院を受診すると虫歯の治療はスムーズに進み痛みもありません。

ちょっとした痛みでも油断せず、早期発見早期治療が何事も重要です。

今回は歯の神経を取る治療の痛みはどれくらいなのかと激痛って本当なのかについて解説してきました。

それでは最後までお読みいただいて有難うございました。少しでもお役に立てたなら嬉しく思います。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ