歯の神経を取るとその後どうなる?そのデメリットとは?

【スポンサードリンク】

虫歯が大きくなり、歯の神経まで達してしまうと神経を取る治療が必要になります。

しかし歯にとって神経を取ってしまうことは想像の通りでデメリットが多いのです。

実際に歯の神経を取ったあと、その歯がどうなるのか気になるところですよね。

今回は歯の神経を取るとその後どうなるのか、そのデメリットも含め解説したいと思います。

ぜひ最後までお付き合い下さい!

歯の神経を取るとどうなるの?

歯の神経を取らなくてはいけない理由は、歯の神経の入っている管まで虫歯の菌が感染しているからです。

それを放置していると虫歯の菌は私たちの体の中にどんどん広がっていきます。

ゆえに歯の神経の管の中を無菌な空洞にし、その後空洞を埋める詰め物をすることがこの治療の目的になります。

その際、その管にある血管も取り除かざるを得ないため、歯の神経を取る治療を行ったあとはその歯には必要な栄養が行き届かなくなります。

そのあとその歯はどうなるのか?

木に例えるならば、栄養を吸い上げる根を取り除かれた状態になるため、その歯は神経のある歯に比べ弱りやすくなってしましいす。

歯の神経を取るデメリット

以上に述べたように、神経を取る治療をした歯はその後弱りやすくなるのがデメリットです。

具体的には

●硬い物が噛みにくくなる

●噛むと違和感がある

●歯が割れやすくなる

などがあげられます。

これらの症状は必ずしも出るとはかぎりませんが、極端に硬いものを噛むことはなるべく控えたほうが良いと言えるでしょう。

また神経を取った歯は『根尖性歯周炎』と呼ばれる根の先の病変ができやすく、痛みや腫れを伴うことがあります。

これは先ほど述べた症状にさらに痛みを伴うことがあります。

そのような症状が出た場合は必ず歯科医院を受診しましょう。

さらに歯の神経を取る治療を受けた歯も、きちんとお手入れをしないと再び虫歯になります。

そのときその歯には神経がないため痛みがでることがなく、知らず知らずのうちに虫歯が進行することあるので注意しましょう。

【スポンサードリンク】

それでも歯の神経を取らなきゃダメ?

歯の神経を取るデメリットを聞くと「それなら神経は残したい!」と誰しも思うことでしょう。

確かに歯にとって神経があることは、その歯の寿命を考えてもとても重要なことです。

しかし実際に歯の神経を取らなければならない理由があるからこそ治療が必要なのです。

もしその歯をそのまま放置しておくとどうなるのでしょうか?

虫歯の菌はその歯の神経や血管にも感染しているわけですから、当然そのまま奥深くまで感染していきます。

上の歯であれば、その近くに上顎洞とよばれる空洞があり、そこへ感染すれば上顎洞炎を併発します。

また下の歯であればその顎の骨に感染して骨髄炎を発症したり、そのあたりの組織は密ではないため感染が広がり首のあたりが腫れたりもします。

また近年では、虫歯の菌がそのまま血流に乗って全身にひろがり、心筋梗塞や脳梗塞などの全身疾患の原因にもなるといわれています。

歯にとっては大事な神経や血管ではあり、それらを取るデメリットも大きいですが、取らなかった時のデメリットが大きいと判断された場合は治療が必要となるのです。

まとめ

いかがでしたか?

歯の神経は取るとデメリットが多いため、できれば取らずに済みたいものです。

そのためにはちょっとした歯の痛みも侮ることなく、早期発見早期治療に努めることが重要といえるでしょう。

今回は歯の神経を取るとその後どうなるのかとそのデメリットについて解説してきました。

それでは最後までお読みいただいて有難うございました。少しでもお役に立てたなら嬉しく思います。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ