単身者の引越しで必要になるダンボールの数は?平均的な枚数を推測!

【スポンサードリンク】

単身者の引越しは時期を問わず件数が多く、初めて引越しをする時は段ボールが何枚必要か判断できないと思います。

家族で引越しの経験があるとしても当時の数を覚えている人も少ないと思いますので引っ越しの準備の際に悩んでしまいますよね。。

しかも、引越し先に持っていく荷物の大きさ、数に応じて段ボールの大きさも変わり、住まいの間取りにより段ボールの必要枚数が変化しますのでなかなか計算するのは難しいかもしれません。

今回はそんな引っ越しの際に気になる単身者の引越しで必要になるダンボールの数がどの位なのかと平均的な枚数に関してご説明いたします。

ぜひ最後までお付き合い下さい!

はじめに・・・

必要になる段ボールの枚数は引越し先の部屋の間取りや人数によっても変わります。

引越し業者に依託するのであれば、一般的な引越し業者がサービスで見積もりをしてくれておおよそ必要な枚数を手渡してもらえます。

引越しに適当な段ボールの枚数

単身者の方の見積もりとしては段ボール10枚から15枚、慎重な人は20枚ほど用意すると良いと思います。

●1R・・・段ボール10枚前後

●1DK・・・段ボール20枚から30枚

●2DK・・・段ボール40枚から60枚

●3DK・・・段ボール50枚から80枚

●4LDK・・・段ボール80枚から120枚

引越し業者に依託せずに個人で引越しをするのであれば上記の枚数よりも少なくなります。

引越しに適当な段ボールの枚数を知る方法

引越し業者に引越しの見積もりをするのであれば自宅訪問をして頂くと荷造りに必要な段ボールの枚数が分かります。

引越し業者は引越しのプロですので、枚数をすぐ判断してくれますよ。

この判断の基準は引越し業者の過去の引っ越し事例の情報に基づき計算しています。

引越しの業者にも個人経営の会社と組織経営している会社と二種類ありますが、どちらも過去の数値から現場の状況により段ボールの必要枚数を判断します。

ここを見誤ってしまうと引越しの時の作業に支障をきたしてしまうため業者にすべて任せきりにするのも良いのですがご自身でおおよその見積もりをしておくと安心です。

【スポンサードリンク】

引越しの見積もりの手順

引越し業者に依託して見積もりを取るのは引越しの予定日から逆算し1ヶ月前が無難です!

引越しの予定日が決定した時点で早く見積もりを取ると良いでしょう。

単身であれば家族分の荷造りをする必要はなくすぐに終わると思いますが、できることは早めに済ませておくと後々慌てずに引越し作業が行えるので準備は余裕を持ってしましょう。

引越しの見積もりは自宅訪問をしてもらうと価格を最低限に抑えられます。

荷物の少ない単身者であれば訪問して見積もりをしてもらえば引越しの料金が安くなる事が多いようです。

電話の見積もりも可能ですが聞き取りだけだと説明に時間が掛かる上に実際の荷物に対して多く見積もられる可能性があるので実際に自宅へ訪問してもらって段ボールの枚数を判断してもらうと良いでしょう。

この際に過剰に部屋の中を片付ける必要はないかと思います。

引越し前に部屋が散らかっているのは当然のことで、業者はそのような現場をいくつも見ているので特に変に思われたりしませんよ!

まとめ

引越しが初めてであれば業者に相談の上、分からないことは分からないとはっきりと伝える事が必要です。

引越し業者に依託してその都度、確認してもらうことでぜひスムーズな引っ越しが出来ると良いですね!

今回は単身者の引越しで必要になるダンボールの数と平均的な枚数について解説してきました。

それでは最後までお読みいただいて有難うございました。少しでもお役に立てたなら嬉しく思います。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ