ひな祭りの食べ物の意味や由来とは?簡単に用意できるおすすめをご紹介!

【スポンサードリンク】

イベントや季節ごとを象徴する食べる物って色々ありますよね!

正月にはおせち料理。クリスマスにはチキンなどなど・・・

では、女の子の成長を願うイベントであるひな祭りでは何でしょうか?

子どもの幸せを願うという意味で桃の節句のひな祭りには何を食べるか。

ひな祭りの食べ物の前に由来を知ることから始めていきましょう。

行事食を食べる理由

日本には季節ごとに年中行事があります。

年中行事は神様にご馳走をお供えする日で、日常では出さないご馳走を用意しますよね。

年中行事が行われる時は季節の変わり目で体調を崩しやすい時期だといわれます。

旬の食材が使われる行事食には栄養満点の食材を用いて季節の変わり目を乗り越えることも目的の一つです。

見た目の華やかさに気を遣わなければいけないし、親の愛情を注ぐ必要もあり縁起のいい物として大切にしなければいけないということを認識しましょう。

ひな祭りの食べ物の意味とは?

ひな祭りの行事食といえば・・・

●菱餅(ひしもち)
●ひなあられ
●ちらし寿司

などがあげられます。

上記3つの食べ物の意味を説明していきます。

【スポンサードリンク】

菱餅(ひしもち)

ひな人形に飾られている三色の菱形のお餅のことです。

元々は三色ではなく緑一色だけでした。

これが日本にきたことで、よもぎを使ったよもぎ餅に変わってきたという説があります。

江戸時代に白い餅が加わり、明治時代に赤い餅が加わり現在の三色のお餅になりました。

それぞれの色に込められた意味には諸説あり代表的な二つを色別に紹介します。

●緑…健康、大地
●白…清浄、雪
●赤…魔除け、桃

使われている材料それぞれにも

●緑…きつい香りで厄除け
●白…血圧を下げる
●赤…解毒作用がある

ひなあられ

ひな祭りの代表的なお菓子といえば『ひなあられ』ですね。

ひな祭りの日には小学校の給食などで出されることも多いようです。

桃・白・緑・黄の4色から作られており四季が表現しているという説があります。

ひなあられは関東と関西で見た目が違います。

関西のひなあられはしょっぱいか甘辛い味です。

一方、関東のひなあられは甘い味です。

ちらし寿司

ひな祭りといわれて最初に思い浮かぶと思われるのが『ちらし寿司』です。

しかし、ちらし寿司は行事食ではなかったといわれています。

見た目が華やかで縁起の良い食材を使っているためにひな祭りで食べられるようになったということです。

色々な具材を使用しているために『食べ物に困らないように』という願いが込められます。

ちらし寿司の具は

●海老…長生き
●蓮根…見通しが利く
●豆…健康でまめに働く

華やかで見栄えとしてはとてもよいものとなりますよね。

ちらし寿司も、地域によって違いがあり押し寿司や茶巾寿司、太巻きを食べるという地域性があります。

まとめ

子どもの成長を願う祭行事ひな祭りの食べ物の由来を知ると一つ一つの食材の意味を知り、ありがたみを持って食べられるようになります。

これからの子ども達の健康をお祈りして少々ご面倒かもしれませんが、手作りだったり注文だったり各家庭に合わせた形でひな祭りを楽しんで下さいね!

今回はひな祭りの食べ物の意味や由来について解説してきました。

それでは最後までお読みいただいて有難うございました。少しでもお役に立てたなら嬉しく思います。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ