ひな祭りの飾りはいつからするのが正解?最適な時期を解説します!

【スポンサードリンク】

3月3日はひな祭りですが、ひな祭りに飾る雛人形やその他の飾りはいつ頃の時期から飾ると良いのかご存知でしょうか?

雛人形などを飾る時期は、地方によって違ったりもするようです。

いつから雛人形を飾ったらいいのか知らない方に調べた結果をご紹介したいと思いますので、興味を持った方は是非目を通してみてください。

雛人形はいつから飾るのか?

ひな祭りと言えば雛人形ですが、いつから雛人形を飾ったらいいの?と疑問に思っている方は多いと思います。

特に若い両親で、近くに年配の方がいなかったりするとひな祭りの知識を何も知らない、何て言う事も多いのではないでしょうか。

結論から言うと雛人形は実はいつから飾る、と言う決まりはありません。

ただ、飾ると縁起がいいとされている時期は立春と言われる日から2月中旬にかけてだと言われています。

節分をすると豆まきをしますが、その豆まきが終わってから飾り始める、と覚えておくといいかもしれませんね!

一方、いつまでに飾り付ければ良いのかと言うとなるべく2月中に飾り終わるようにした方が良いとも言われていますから、節分が過ぎたら準備を始めるような感じが良いでしょう。

雛人形をしまう時期とは?

雛人形を出す時期は節分を過ぎた辺りからですが、雛人形をしまう時期はいつ頃だと思いますか?

3月3日を過ぎたらしまう方がほとんどだと思いますが、地方によっては旧暦の4月3日までは出しておくような地域もあります。

雛人形をしまい遅れるとお嫁に行くのも遅れる、とよく言われていますが、これは迷信だと言われています。

元々ひな祭りは古代中国では厄除け行事で、日本では小さな人形を使った遊び事、のような言い伝えしかなく、地方によっては「流し雛」と言って、紙で作られた雛人形を流すような儀式を行う地域もあるようです。

また、雛人形に子供の厄や災いを移す事から雛人形はいつまでも身近に置かない方がいい、とも言われています。

言い伝えは様々ありますが、雛人形はできるだけ3月3日を過ぎたらすぐに片づけるようにした方が良いと言う事です。

いつまでも出しておくと、子供に厄や災難が移ってきてしまうかも・・・と思うと早々に片づける気分になれると思います。

【スポンサードリンク】

『お嫁に行くのが遅れる』はしつけの説がある!

雛人形をいつまでもしまわずにいると、子供がお嫁に行くのも遅れる、と言うのは迷信だと言われていますが、なぜ、そんな事が言われるようになったのでしょうか?

その理由も様々ありますが、しつけの為と言われていたり、早くお嫁に出す為と言う説もあるようです。

早くお嫁に行ってもらえば片付くのも早い、と言う言い方はあまりよくはありませんんが、昔の日本ではそのように考えられる事も多かったのでしょう。

しつけに関しては、子供の頃から自分が親に『雛人形を早くかたずけないとお嫁に行くのが遅れる』と聞いていると、自分が大人になっても自分の子供に同じようにそう言って教えるわけですね。

そのまた子供がまた自分の子供に同じように教えると言うしつけの連鎖となっていくのでしょう。

雛人形を飾るのは段飾りの場合、飾るのもしまうのもとても大変ですから、忙しかったりするとつい片づけるのも遅れてしまいがちですね・・・

ですから、そのような事にならない為にしつけの意味での迷信があるのでしょう。

まとめ

雛人形を飾り始める時期と片づける時期に関して簡単にご説明しましたが、いかがでしたでしょうか?

雛人形は可愛らしいですし、ひな祭りはとても華やかなのでいつまでも気分に浸っていたい気持ちは分かりますが、子供のしつけの為にも雛人形をいつまでも出しておくのは避けたいものですね。

また、これも迷信かもしれませんが、雛人形を1年中出さないとか何年も出していない、と言うのもかなり縁起が悪いと言われていて、雛人形が泣くとも言われていますよね。

せっかく可愛らしい雛人形を持っているのですから、ひな祭りには盛大に飾ってあげましょう。

今回はひな祭りの飾りはいつからするのが正解なのか最適な時期について解説してきました。

それでは最後までお読みいただいて有難うございました。少しでもお役に立てたなら嬉しく思います。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ