一人暮らしのペット事情!留守にする時の注意点を解説!

【スポンサードリンク】

一人暮らしをしているけれど、ペットで犬や猫などを飼っている方は本当に多いですよね。

一人暮らしの場合旅行に行くときなどは留守になってしまいますが、そんな時ペットはどうしたらいいと思いますか?

一人暮らしの方が家を留守にする時のペットへの注意点にはどんな事あるのか、『一人暮らしのペット事情』全般の情報をご紹介したいと思います。

ぜひ最後までお付き合い下さい!

一人暮らしで家を留守にする時のペットへの注意点とは?

一人暮らしでペットを飼っている人は、家を少しの間留守にする時はどうしたらいいのか、一度は悩んだ事があるかと思います。

ペットは生き物ですから、留守の間も餌やトイレの始末などが気になってしまいますよね。。

仕事で朝出かけて行って夕方には帰って来れる場合は、日常的な外出なので問題ないと思いますが、旅行などで数日間家を留守にする場合、ペットにはどのような注意が必要なのでしょうか。

まず、一番注意しなくてはいけないのはやはりです。

家を留守にする期間に応じて、餌や水を予め用意しておかなくてはならないのですが、用意する餌にも注意が必要です。

乾燥しているタイプのペットフードなら数日間は大丈夫なのですが、缶詰めタイプのやや液体を含む餌の場合、夏は放置している時間によっては腐敗の心配があります。

これは水も同じで、夏の暑い時期に長時間放置された水は腐敗の恐れが十分にあり、そんな腐敗した餌や水を口にしてしまったペットは体調を崩してしまう可能性が高いのです。

【スポンサードリンク】

餌以外にも注意が必要な事はある

家をどうしても数日間留守にしなくてはならない場合、ペットへの注意点は餌に関する事以外にも沢山あります。

例えばペットのメンタル管理も大事な事で、今までは飼い主と離れているのは飼い主が仕事に行っている間くらいだったのに、数日間留守にする事により飼い主と何日か離れ離れの状態になりますよね。

今までそんな長時間1匹で過ごした経験がないペットにとっては、かなり寂しさを感じ、その結果いつもは取らない行動に出てしまう可能性があるのです。

それはちょっとしたいたずらだけで済む事もあれば、かなり深刻な状態になって精神的に不安定になり、餌も口にしないような状態になってしまう事もあるのです。

ペットを飼っている人は、旅行なので少しの間家を留守にしなくてはならない場合は親しい人に預けたり、ペットホテルに預けたりする方が安心かもしれませんね。

空調の管理も必要になる

一人暮らしの方が少しの間家を留守にする場合、ペットを飼っている場合は家の中はペットのみになりますから、当然戸締りをして行きますよね。

窓も開けて行くわけにはいかず、数日間部屋の中の空気はこもった状態になります。

ペットが犬の場合、犬は暑さが苦手ですので夏に数日間留守にする場合は空調を管理して行く必要があります。

窓も空いていないような夏の室内は相当な気温ですし、換気もされていない部屋ですと湿度もかなり高めですよね?

動物も人間と一緒で熱中症になりますので、室温の調整には気を配ってあげる必要があります。

ペットを飼っている人は、3日以上家を留守にしなくてはならないような旅行などはできるだけ避けるようにしてあげたいですね。

まとめ

一人暮らしの方がペットを飼っている場合、家を数日間留守にしなくてはならない時にどんな事に注意が必要なのかがご理解いただけたでしょうか?

ペットも感情がある生き物ですから、長時間放置されたり知らない人の家に預けられると言うのは、かなりのストレスを感じる事なのだと思います。

ペットを飼っていて、どうしても数日間家を留守にしなくてはならない時は、ペットも同行させられる場所を選ぶなどの工夫をしてあげましょう。

責任を持って面倒を見ると決めて飼ったペットですから、できる限りストレスになるような事を避けてあげたいですよね。

今回は一人暮らしのペット事情と留守にする時の注意点について解説してきました。

それでは最後までお読みいただいて有難うございました。少しでもお役に立てたなら嬉しく思います。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ