鉄分補給はほうれん草と小松菜どっちがおすすめ?栄養価の違いも解説!

【スポンサードリンク】

多くの女性にとって不足しがちな栄養素が鉄分です。

鉄分不足を解消するためには、できるだけ日々の食生活から自然に栄養が摂れるようにしたいですよね。

今回取り上げるのは青菜の代表格である「ほうれん草」と「小松菜」です。

やわらかく定番の緑黄色野菜であるほうれん草、シャキシャキとした歯ごたえのあり栄養豊富だと最近注目されている小松菜。

はたして鉄分補給でよりおすすめなのはどっちでしょうか?

今回は鉄分補給でおすすめなのは『ほうれん草』と『小松菜』どちらなのかとそれぞれを特徴や栄養価の比較をしながらご紹介します。

それではぜひ最後までお付き合い下さい!

青菜の王様ほうれん草

『青菜といえばコレ! 』というくらい食卓でも身近な存在なのが『ほうれん草』ですよね。

ほうれん草に含まれる鉄分は、同じく鉄分を多く含むことで有名なレバーに匹敵するくらい豊富に含まれているんです!

鉄分の他にもβカロテンやビタミンCなど、美容と健康に嬉しい栄養も豊富に含まれています。

食材の旬の季節は冬で、冬場のほうれん草は夏場のものと比べて栄養が3倍にもなると言われています。

冬場のより色合いの濃いものが栄養も甘みもぎゅっと凝縮されていておすすめなのが『ほうれん草』の特徴なんです(^^)/

注目度上昇の小松菜

こちらもスーパーで年中よく見かける食材である小松菜です。

最近はグリーンスムージーの材料としてもよく耳にしますので野菜としての注目度は上昇していますよね♪

なぜ小松菜が注目されるようになったかと言えば、実はとっても栄養豊富な野菜だからなんです!

ほうれん草と同じく鉄分の他にもビタミンやミネラルを豊富に含んでいますので美容と健康に敏感な女性が小松菜に注目する理由も納得ですよね!

小松菜も食材としての旬は冬で、厳しい寒さを乗り越えた小松菜はその他の時期に収穫されるものよりも葉がやわらかく、甘みも増すのでおすすめです(^^♪

またこちらの動画では『小松菜の栄養』についてご紹介していますのでぜひ参考にしてみてくださいね!

◇参考動画:ABC ヘルスフードカウンセラー聞こう♪「毎日の栄養学」 #小松菜

【スポンサードリンク】

鉄分はどっちが多い?

まず栄養面で一番抑えておきたい鉄分の含有量について見ていくとなんと小松菜の方がほうれん草よりも多いんです!

正直ほうれん草に比べると小松菜に鉄分が多いというイメージがあまり無かったのでなんだかちょっと意外ですよね(^^;

小松菜は鉄分のほかにもビタミンCを多く含んでいます。

ビタミンCは鉄分をより体内に吸収されやすくしてくれる働きがあるので小松菜はより鉄分を摂取しやすく体内に効率的に取り入れやすい優秀な食材だと言えますね!

栄養の比較とまとめ

また鉄分以外の栄養素も比較すると、バランス良く色々な栄養素が含まれているのは「ほうれん草」でした。

一方で鉄分・ビタミンC・カルシウムがほうれん草に比べてより豊富に含まれているのが「小松菜」でした。

ほうれん草で注意したいのが、ほうれん草に含まれているアクとも言われるシュウ酸は摂取しすぎると身体によくありません。

下茹で処理をすれば問題ないのですが、この処理が手間なのと、水溶性の栄養素が溶け出してしまうのも心配です。

小松菜は元々アクが少ないので、下茹でをしなくてもそのまま使うことができて便利ですね!

まとめ

今回の内容をまとめますとより手軽で日常的に鉄分を補給したいときには「小松菜」の方がおすすめだと分かりました。

一年中どこでも売っている野菜ですし、お値段も手軽なのに栄養豊富なのは嬉しいですよね☆

鉄分不足は貧血以外にも睡眠障害やうつ病など、気になる病気の原因となっている場合もあります。

小松菜を毎日おいしく食べて、鉄分たっぷりで元気な毎日を過ごしましょう(^^)/

今回は鉄分補給はほうれん草と小松菜どっちがおすすめなのかについて解説してきましたが、いかがでしたか?

それでは最後までお読みいただいて有難うございました。少しでもお役に立てたなら嬉しく思います。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ