ホワイトデーのお返しは3倍返しって本当?言われるようになった由来とは?

【スポンサードリンク】

「ホワイトデーは3倍返し」と言う言葉を、男性女性問わず耳にしたことがあるかと思います。

お返しをする男性からしてみれば、「はぁ~、今年も3倍返しにして返さないとなぁ・・・」と言った事を考える事もあるでしょう。

そして、「誰だよ!!こんなホワイトデーに3倍返しなんて言葉を作ったのは!!」と思う方もいるのではないでしょうか?

そこで今回は、ホワイトデーの裏に隠された、「3倍返しの由来」を説明していきたいと思います。

まずは由来から確認して行きますのでぜひ最後までお付き合い下さい!

実ははっきりとしない?その由来

結論から言います。

実はホワイトデーの「3倍返し」の由来ははっきりしません。。

世間的に男性のお返しは3倍返しという風潮がそこそこ広まっているのに、何故なのか?と思いますよね?

では何故、3倍返しが広まったのかというと、その言葉が広まった時代の背景にあると考えられます。

この言葉が公に広まってきたのは、バブルの時代だと言われております。

そのバブル時代に発行された、一つの女性誌が「ホワイトデーは3倍返し」と広めたのが始まりだと言われております。

この時代を知らない人でも、テレビやニュース、ラジオ等で今よりも経済が豊かであり、稼ぎがよく羽振りも良い、そして金銭的に余裕が合った時代だということは、想像するに固くありません。

そうです!!

実はホワイトデーの「3倍返し」の風潮は「金銭的に余裕」があったバブルの時代の話なのです。

その男性にとっては(?)悪しき習慣が、当時とは経済状況が大きく違う現代になっても残ってしまい、世の男性方の頭を悩ませているのが現状なのです。。

ホワイトデー3倍返しは絶対?実際の女性の意見とは?

では実際に、本当にホワイトデーは3倍返しをしないといけないのか?

実はそうとも言い切れません。

何故なら、女性にお返しの金額についてアンケートを取ってみると意外な結果となりました。

あるアンケートでは、「金額はあまりこだわらない」と言った人が何と約50%近くもいました。

続いて「同額くらい」と答えた女性は約30%と、2つ合わせると約80%とほとんどの女性が、こだわらなかったり、同額くらいで良いという意見でした。

現代の女性からしてみたら、贈ったものに対して高価なもので返されると、引け目を感じてしまうそうです。

【スポンサードリンク】

お返しの品には十分ご注意を!

どうですか?男性の皆さん。

まずは3倍返しを意識なくなってまずは肩の荷がおりたのではないでしょうか?

でもここで忘れてはいけないのは、そもそものホワイトデーの意味・由来です。

ホワイトデーは、バレンタインデーでもらったものに対する感謝の気持ちをお返しする事であります。

貰ったものに対しては、どんな形であれ誠意を込めてお返ししなければなりません。

お相手に気持ちが伝わることが非常に大事だと思います。

ただ、お菓子を送る場合には送る品物に十分に注意をしてください!

花には花言葉があるように知っている人はいるかと思いますが、返す品物によって深い意味があります。

まずはじめに気を付けたいのが「マシュマロ」です。

お菓子屋さんやデパートなどでもポピューラーな物として販売されていますが実はあまり良い意味がないのです・・・

このお返しの意味には、「あなたのことが嫌い」と言う意味があります。

良好な関係を築くためにも、これはお返しの品物から除外した方が無難かと思います。

次に「クッキー」です。

これは、「友達でいましょうね」という意味がありますので、気になる人に贈る際は、注意しましょう。

最後に、「キャンディー」です。

これは、ストレートに「あなたが好きです」と言った意味となります。

間違えて、全く興味がない人にお返しとして贈らないように注意しましょう。

必ず大事な人に贈るようにしたいものですね!

今回はホワイトデーのお返しは3倍返しって本当なのかと言われるようになった由来について解説してきました。

それでは最後までお読みいただいて有難うございました。少しでもお役に立てたなら嬉しく思います。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ