職場のホワイトデーのお返し!まとめてする時の注意点やおすすめ品をご紹介!

【スポンサードリンク】

ホワイトデーというとかつてはバレンタインデーの陰に隠れがちでしたが最近ではメディアでも大きく取り上げられるほど定番のイベントになっていますね。

ホワイトデーというと大切なのがバレンタインのチョコレートをいただいた方へのお返しですよね。

特に社会人の方は職場での義理チョコへのお返しが大変な方も多いのではないでしょうか?

義理と分かっているとはいえお返しをしなければ職場での印象が悪くなってしまうのではないかと不安になりますよね。。

では、職場でのホワイトデーのお返しをまとめてする時にどのような点に注意すればよいのでしょうか?

喜ばれるおすすめの品は何か?などホワイトデーのお返しに関して今回ご紹介していきます。

ぜひ最後までお付き合い下さい!

職場でのホワイトデーのお返し

職場でのホワイトデーのお返しは個別でするべきか?

まとめて一度にするべきか?

どちらがベストな選択かは環境の環境にもよりますが、ご自身で判断するのがよいかと思います。

ホワイトデーにおいて大切なことはお返しをする品物ではなく贈り物に対する感謝の気持ちです。

だからといってなんでも良いというわけではなくしっかりと考えるようにしましょう。

職場の女性にホワイトデーのお返しをする品物として喜ばれる物はスイーツ系がよいかと思います。

明らかに義理であると分かれば、手元に残る物ではなく消耗品がおすすめです。

ここで重要なポイントはまとめて返す場合でもホワイトデーの予算としては、頂いた物よりも若干高価な物を選ぶということです。
(ただし、高すぎると相手に気を遣わせてしまうのでNGです。)

【スポンサードリンク】

お返しをする時のポイント

ホワイトデーのお返しを渡すタイミング『休憩時』がベストです。

休憩の時に渡せばその時間に食べられるのでタイミングとしては渡されても困ることはないはずです。

ここでキッチリと伝えるべきことは『ありがとう』という言葉です。

品物だけでは感謝の気持ちが伝わりにくいので一言添えるだけでも大分印象が違います。

職場におけるホワイトデーのお返しの形は職場ごとに異なりますので職場の男性同士と話し合うのも一つの手です。

その他、気をつけるべきポイント

食品であれば賞味期限が短いものは「早く食べなければ」と相手に気を使わせてしまい負担を掛けてしまうのでNGです。

なるべく日持ちする賞味期限が長い物を選びましょう。

ホワイトデーは、男性からのお返しをする日なのでしっかりと包装されている物を選ぶと良いでしょう。

いくら美味しくて高級なお菓子であったとしても外装に気を遣わっていなければそれだけでもマイナスポイントになってしまいます。

中身以上に見た目を綺麗にして渡すとポイントが高いです。

まとめ

女性はお返しをして頂くことが嬉しいので品物に重点を置くのも結構ですが、なにより気持ちを伝えることは忘れずに。

くれぐれも頂いた品物よりも安い物にならないように気を付けましょう。

女性は義理チョコへのお返しであっても内容をシビアに判断するものですからね(;^ω^)

今回は職場のホワイトデーのお返しをまとめてする時の注意点やおすすめ品について解説してきました。

それでは最後までお読みいただいて有難うございました。少しでもお役に立てたなら嬉しく思います。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ