腹痛で寒気と下痢が襲ってきたら対処はどうする?

【スポンサードリンク】

 

「なんだか身体の調子が良くないなぁ」と思っていたらあれよあれよという間に寒気が襲い、腹痛が起こり、下痢も起こって対処に困ることってありませんか?

『疲れが出たのかな・・・?』『風邪かな・・・?』と自分ではぼんやり思っていても急に腹痛が起こって、寒気がしてきたり下痢が襲ってくると、すぐに病院に駆け込むことが出来る場合はまだ良いのですが、深夜であったり、かかりつけの病院が休みだったりすると、本当に対処に困ってしまいますよね(-_-;)

そこで今回は腹痛で寒気と下痢が襲ってきた場合、どのように対処していけば良いのかをご紹介してます。

ぜひ最後までお付き合い下さい!

寒気や下痢を引き起こす、腹痛の原因は?

腹痛を引き起こす原因は色々ありますが、腹痛とともに寒気や下痢という症状があらわれる原因にはどのようなものがあるのでしょうか?

以下にいくつか考えられる原因を挙げていきますね!

■風邪
■インフルエンザ
■ノロやロタなどのウィルス性胃腸炎
■サルモネラ菌やO-157などの細菌性胃腸炎
■食中毒
■ストレスや疲れ

これらが原因となって腹痛や寒気・下痢を起こしている可能性があります。

身体の調子が悪いな・・・と思ったら無理をせずに病院できちんと診察をしてもらいましょう。

特に、ノロウィルスやロタウィルスといったウィルス性の感染性胃腸炎の場合は、自分だけではなく他人へと感染することもありますので、医師の指示に従ってきちんと治療を受けてくださいね。

どんな病気でも、早期発見の方が治療も簡単で早く済みますので、「仕事が忙しい!」「これぐらいなら病院に行くほどでもない・・・」と勝手な自己判断はしないようにしましょう(^^;

【スポンサードリンク】

腹痛や寒気、下痢の対処法とは?

それでは具体的に腹痛や寒気・下痢を対処するにはどのような方法があるのでしょうか?

大前提として、病院で薬を出してもらった場合は、それをきちんと処方通りに飲むことも大切ですが、きちんと身体を休める事も大事なことですね。

また、『少しでも腹痛を抑えたい!』『寒気を止めたい!』『下痢から解放されたい・・・』と思う人のために、ここでいくつか対処法をご紹介します。

お腹をあたためる

腹巻を着用したり、貼り付けるタイプのカイロなどでお腹を冷やさないようにしましょう。

お腹を温めることで、腸の働きが活発になりますので、どんどん老廃物が出てきます。

いわゆる「出すものを出せば楽になる」という状態で、便を出してしまえば腹痛は和らいでいきます。

刺激物ではなく白湯を飲む

寒気がする場合は、何か温かいものを飲みたい、と思うでしょう。

そういう場合も、コーヒーや緑茶などカフェインの入った刺激物は避けて、出来れば白湯をゆっくりと飲むのが一番です。

喉が渇いた時も、冷たい飲み物は控えて、常温のミネラルウォーターなどに切り替えてみましょう。

食事は、油っこいものは避ける

下痢の場合は、胃腸も弱っていますので、刺激のあるものや油っこい食事は避けるようにしましょう。

胃に優しいおかゆや、柔らかい温野菜などで、少しずつ体力を回復していくのが、身体にとって一番負担のかからないやり方です。

また下痢のときは、腸内も水分不足になっていますので、出来るだけ水分を多く摂るように心掛けましょう。

またこちらの動画では『お腹痛い!』という時に効果的なマッサージをご紹介していますのでぜひ参考にしてみて下さいね!

◇参考動画:1分でラクになる♡お腹痛い!緊急事態に効果的なマッサージ

まとめ

急に起こった腹痛の場合、対処はなかなか難しいですが上記のように対応することで、あなたの身体の負担が軽くなります。

また無理をしないで、病院へ行くこと、休息をとることも大切だということを忘れないでくださいね!

今回は腹痛で寒気と下痢が襲ってきた場合の対処についてご紹介してきましたが、いかがでしたか?

それでは最後までお読みいただいて有難うございました。少しでもお役に立てたなら嬉しく思います。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ