異動の挨拶で好印象な着任時のスピーチとは?文例もご紹介!

【スポンサードリンク】

勤めている職場で異動の時期が来て、自分が別の部署などに異動する事になった場合、異動先ではどんな挨拶をすればいいいか悩みますよね。

新たな着任先で好印象を与えられるスピーチとはどんな内容なのでしょうか?

着任先の職場の人に好印象を与えるスピーチや挨拶を実際の文例も交えてご紹介したいと思います。

ぜひ最後までお付き合い下さい!

異動先で好印象を与えられる挨拶とは?

初めて着任先で挨拶やスピーチをする時は、自分の印象を決められる大事なことですのでかなり緊張しますよね。

どんな事を言えばいいのか、と前々から悩む人も多いと思いますので、まずは初めての挨拶で好印象を与えるポイントを文例も交えながらご紹介します。

まずは挨拶スピーチで気を付けたいポイントですが、一番気を付けたいのは言葉遣いです。

どんなに笑顔で感じが良い人でも、そこは社会人、ビジネスパーソンですので言葉遣いが悪いと一気に印象が悪くなってしまいますよね。

他に気を付けるポイントは、新たな着任にあたり今後の抱負をしっかりと伝える事、同僚になる人達や新たな土地に親しみを込めて話す、などが挨拶・スピーチで好印象を与えるポイントになります。

着任先で好印象を与えるスピーチの文例

新たな着任先で好印象を与える事ができるスピーチの文例を簡単にご紹介していきます。

あくまで一例としてですが参考にしてみて下さいね!

着任挨拶サンプル

「本日は私の為にこのような機会を作って下さり、厚くお礼を申し上げます。

私はこの度、〇〇支店にて勤務させていただく事となりました〇〇と申します。

私自身は入社以来〇年間〇〇支店の方で仕事をして参りましたが、やっとこの業界の仕組みについて理解する事ができ始めたところであります。

任務にどこまで貢献できるか、期待と不安が入り混じっていると言うのが素直な今の気持ちです。

慣れるまでは支店の皆様には色々と迷惑をお掛けしてしまうと思いますが、1日も早く戦力となれるように精進していこうと思っております。

今後はご指導・ご鞭撻の程、宜しくお願い申し上げます。」

簡単なスピーチ例を紹介しましたが、〇〇の部分にはご自身の着任先の支店名やご自分の名前などを当てはめて分を構成してみて下さい。

【スポンサードリンク】

スピーチは自分なりにアレンジ

異動先の初めてのスピーチは、言葉遣いには十分に注意しながら自分なりにアレンジしてみるとますます好印象を与えられる可能性があります。

スピーチの中には着任先の土地ネタなども上手に入れて、ユニークな内容にするのもいいですし、今後お世話になると思われる同僚たちにお願いを含めた内容にする事もお勧めです。

今後着任先でどのように仕事をしていきたいのか、など新しい着任先での仕事の抱負を具体的に述べるなど仕事に対してやる気があると感じられるスピーチを自分のアレンジも含めて内容を考えてみましょう。

挨拶スピーチは長すぎず短すぎずのバランスが大事!

着任先でできるだけ自分をアピールしたいと思い、とても長いスピーチになってしまう方がいますが、あまりに長すぎるスピーチはお勧めできません。

だからと言ってあまりに短すぎるスピーチも当然良くありませんので、自分の自己紹介や新しい着任先での抱負などをはっきりと確実に伝える事は忘れずに、あまりに多い無駄話はやめておきましょう。

必要な事を自分なりにアレンジして、できるだけ短めにスピーチする事が理想でしょう。

まとめ

着任先で初めてスピーチをする時に、できるだけ好印象を与えるにはどんなスピーチ内容がいいのかご理解いただけましたでしょうか?

今回は異動の挨拶で好印象な着任時のスピーチについて解説してきました。

それでは最後までお読みいただいて有難うございました。少しでもお役に立てたなら嬉しく思います。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ