女性や初心者の方でも器具なしでカンタンに出来る腹筋の鍛え方とは?

【スポンサードリンク】

鏡を見て、「最近お腹がぽっこり出てきたー!」と焦ってしまったことはありませんか?

特に、もともと女性は下半身に脂肪がつきやすいもの。

そんなことは分かっていても、やはりお腹がぽこんと出ているのは見た目が悪いし、気になりますよね。

力のない女性や初心者の共通の思いは、「高価な器具や難しいトレーニングはナシで、簡単に出来る腹筋の鍛え方が知りたい!」というものでしょう。

そこで今回は、女性や初心者向きの、誰でも簡単に行える腹筋の鍛え方をご紹介していきます!

簡単に出来る「ドローインエクササイズ」!

簡単に腹筋を鍛える方法として、ドローインという方法がとても人気です。

手軽に出来るのに、腹筋にかなりの負荷がかかって鍛えられているという実感が強くもてるからです。

しかも、効果があらわれるのが早い! これは嬉しいことです。

ではその方法をご紹介しましょう。

<ドローインエクササイズのやり方>

・まず、背筋をちゃんと伸ばして姿勢よく立ちます。

・鼻から息を吸い、お腹をへこませていきます。

・ポイントは、おへそと背中をくっつけるイメージでお腹をへこましていくこと。

・息をゆっくり吐きながら、30秒間を目安にお腹をへこませたままキープ。

・ドローイン中は、息を止めないようにして、ちゃんと呼吸をしながら行いましょう。

これだけです。

たったこれだけで、ぽっこりお腹が引き締まっていきます。

力を抜けば元のぽっこりお腹に戻りますが、十分筋肉は鍛えられています。

筋肉には形状記憶能力がありますから、お腹をへこませたままの状態を覚えていってくれるんですよ!

またこちらの動画でもぽっこりお腹を解消する「ドローインエクササイズ」の方法をご紹介していますので参考にしてみて下さいね!

参考動画:ぽっこりお腹を解消するならドローイン !

【スポンサードリンク】

ドローインエクササイズを効果的に行うための注意点とは?

まず、30秒と言う時間はあくまで目安だということを覚えておいてください。

「苦しい、もうダメ」と思っても、少し我慢です。3秒から5秒ほど我慢して、それからゆっくりと力を抜いていってください。

その5秒間は、お腹の筋肉がぷるぷると震えて、ああ今ものすごく筋肉を使っている! と実感できるでしょう。

そして、エクササイズ時間はたったの30秒前後ですから、一日にドローインを6回から10回はやってみましょう。

出来れば、空腹時に行うのがベスト! 体内の脂肪を燃やしていってくれますからね。

朝起きてドローイン、歯を磨きながらドローイン、通勤時間歩きながらドローイン……この調子で、いくらでも出来ます。

電車の中で、仕事の合間に、家事の合間に、帰ってきてから、入浴中にも、寝る前にも……と工夫すればいつでもドローインをするチャンスはあります。

筋肉に、ドローインした状態の形を覚えさせましょう。

最初は、横隔膜から肺にかけて圧迫がかかるので呼吸がしづらいかもしれませんが、続けていくうちに、内臓が正しい位置へと戻っていくので、楽に呼吸が出来るようになります。

日常生活に取り入れることで続けることが出来る、この簡単な腹筋の鍛え方、是非みなさんも実践してみてくださいね!

まとめ

いかがでしたか?

特別な器具もいらず、激しい運動をするわけでもない、難しい動作が必要なわけでもない、簡単な方法、ドローインエクササイズ。

最初は苦しいかもしれませんが、続けていくことで確実に腹筋は鍛えられていくのですから、日常に取り入れるという意識を持ちましょう。

そして、ぽっこりお腹とは、もうさようならです!

今回は女性や初心者の方でも器具なしでカンタンに出来る腹筋の鍛え方に関して解説してきました。

それでは最後までお読みいただいて有難うございました。少しでもお役に立てたなら嬉しく思います。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ