花粉症が雨の日も関係なくひどい!特徴的な症状と原因とは?

【スポンサードリンク】

花粉症の辛い症状はなった人にしか分からないものですよね。。

しかしその症状は人によって違い様々であり、花粉の飛散量が少ないはずの雨の日でも症状がひどい!という人もいます。

では雨の日に症状がひどい人は、どんな症状があるのでしょうか?

その原因と共に詳しくご紹介します。

ぜひ最後までお付き合い下さい!

花粉症が雨の日にもひどい理由とは?

雨の日なのに花粉症の症状が治まらない、また晴れた日よりもひどい気がする…そんなときは、次のような原因があるのかもしれません。

気圧の関係

になると低気圧となります。

この気圧が、花粉アレルギーなどアレルギーに対して反応するヒスタミンの分泌を増加させます。

ヒスタミンは人間の体にもともとあり、病原菌やアレルゲンといった外部から侵入してきた異物に対して放出されます。

ヒスタミンが粘膜や血管内壁などのヒスタミン受容体に結合することで、外敵から体を守ろうとしてくしゃみや鼻水といった反応が出るのです。

しかし本来、体には無害であるはずの物質にも過剰反応を起こしてしまうのがアレルギーです。

雨の日にはこのヒスタミンが増加し、免疫の過敏症状が出てしまいます。

雨の日でも花粉は飛んでいる

飛散量は少なくなりますが、花粉が全く飛んでいないわけではありません。

花粉症はそれぞれ反応する花粉が違うため、アレルギー反応する花粉がピークの時期には、天気に関係なく過敏反応してしまいます。

雨の日には副交感神経が有利になる

雨の日は視界も悪く、暗いので気が滅入りますよね。

この状態は副交感神経が優位になり、体を休めようとします。

低気圧は副交感神経を優位にする働きがあり、花粉症の症状も重くなります。

普段は太陽の光を浴びることで、セロトニンという物質が増加することで交感神経に切り替わります。

しかし曇りや雨の日にはその切り替えが上手くいかないので、体を守ろうとしてリンパ球が増えます。

それに伴い、ヒスタミンの分泌も増えてしまい、症状がひどくなるのです。

花粉症ではなく血管運動性鼻炎にかかっている

寒暖差アレルギーともいわれ、暖かいところから寒いところに移動したとき、また飛行機などで気圧の急激な変化があったときなどにくしゃみが出ます。

ただし目のかゆみといった症状はなく、気温や気圧に体が慣れると症状は落ち着きます。

花粉症にこの鼻炎も併発している可能性があります。

ハウスダストなどのアレルギー性鼻炎にかかっている

花粉症とよく似た症状が起きるアレルギーに、ハウスダストが考えられます。

ハウスダストなどによるアレルギー性鼻炎は、部屋の中のカビ、ダニ、ハウスダストを吸い込むことで起こります。

外にいるときより、部屋にいるときのほうが症状がひどくなるのが特徴です。

【スポンサードリンク】

花粉症が雨の日にもひどい場合はこんな症状も?

花粉症の症状は「目のかゆみ」「くしゃみ」「鼻づまり」「鼻水」といったアレルギー反応のほか、「発熱」や「頭痛」なども起こります。

アレルギー性鼻炎や血管運動性鼻炎の場合も、同じように目のかゆみや鼻水、鼻づまりといった反応が出るので、その違いは分かりにくいのが実情です。

ただし血管運動性鼻炎の場合は、鼻水に粘り気があり、さらさらの鼻水も大量に一緒に出るといった違いがあります。

風邪や鼻炎、アレルギーと様々な症状が重なっている場合もあるので、病院でアレルギーの検査を受けてみると良いでしょう。

花粉症にはどんな対策をするべき?

花粉症には、普段から対策することで症状を軽減することが可能です。

以下今からすぐに出来る具体的な対策をご紹介しますのでぜひ参考にしてみて下さい!

マスクをする

昼間はもちろん、夜寝るときにもマスクをしましょう。

花粉対策グッズを活用する

眼鏡や鼻クリームなど便利グッズは積極的に活用しましょう。

花粉は家の中に入れない

外から花粉を持ち込む可能性が一番多いので、外で花粉をしっかり落とすようにします。

髪の毛や袖、襟など折れた部分にも花粉は入り込みます。

バランスの取れた食事をしよう

睡眠不足や偏った食事が、アレルギーを悪化させる一因となることが分かっています。

花粉症の時期だけでなく、日頃から規則正しい生活と食事を心がけ、花粉症に負けない体作りをしたいですね。

今回は花粉症が雨の日も関係なくひどい場合の特徴的な症状と原因について解説してきました。

それでは最後までお読みいただいて有難うございました。少しでもお役に立てたなら嬉しく思います。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ