花粉症で雨でもマスクは必須?翌日に悪化する原因とは?

【スポンサードリンク】

花粉症の方は花粉の季節が近くなると日々の天気に対して敏感になるのではないでしょうか?

晴れの日は空気が乾燥して花粉が空気中に蔓延している花粉症にかかりやすいイメージがありますよね。

しかし雨の日は一安心・・・今日は大丈夫だろうと思っていると翌日大ダメージが。。

なんて事が実際にあるのです。

花粉症は雨の日ほど気をつけるべきだということを今回は花粉症の方の雨の日こそ注意して欲しい点をご説明していきます。

ぜひ最後までお付き合い下さい!

花粉症は雨の日こそ注意するべき!

花粉は雨が降ると空気中に舞わないイメージがあり晴れの日と比較して花粉症の症状が出にくいと思う方が、多いかもしれませんが、雨の日こそ症状が重くなります。

これはどういうことかというと、雨が降ると空気中の花粉が雨に運ばれているのです。

外出中であれば花粉が衣類に付着して室内に持ち込むと室内で花粉を吸い込むこととなります。。

雨の日は気圧が低下し、体内の『ヒスタミン』という物質が増加し、アレルギー症状が出やすくなります。

雨の日は花粉症にかかりやすいというよりアレルギー症状が出やすい状態になるともいえます。

ですので雨だからと言ってマスクを外すという行動には、危険が潜んでいるわけです。

花粉症の方は雨の日でも必ずマスクを着用した方が良いでしょう。

【スポンサードリンク】

雨の日は低気圧になる

雨で低気圧になると人間の体は『副交感神経』が活発になり、アレルギー症状(鼻炎)が悪化すると言われています。

『副交感神経』が働くということは『リラックス状態』になるということなので花粉症の症状が重たくなることに繋がってくるわけです。(これには個人差があります。)

そして雨上がりは、地面に落ちていた花粉がふたたび空気中に舞い雨の翌日は晴れの日と同様の危険性があるということで特に注意が必要です。

雨の日の花粉症の対策

雨の日は晴れの日と同様にマスクは必需品であり、外して外出することは控えるようにしましょう。

雨の日の花粉の仕組みを少しお話ししますと、花粉は水分を吸うことで一度破裂して花粉がより細かく粒子となります。

通勤、通学の電車や人ごみの道路を歩いていると他人の衣類は雨で濡れており、花粉が付着していれば乾燥すると花粉が舞い上がり空気中に広がるのでマスクはつけるべきです。

ふたたび結論を述べると雨の日だけの対策は特にありません。

花粉症にかかってしまった時の対策

花粉症には様々な症状があります。

『鼻水』『くしゃみ』『目のかゆみ』この中で最も悩みの種となっているものは『鼻水』でしょうか。

しかし、花粉症による『鼻水』は通常の風邪による『鼻水』とは違い鼻水の粘膜の違いがあります。

一時的でいいから止めたい!という人には温かい蒸気を鼻に当てることで鼻水が止まり易くなります。

『蒸しタオル』を作り鼻に数分ほど当てるだけでも効果があります。花粉症の症状には免疫力をつけることで事前に対策を取れますがなにより花粉を体内に入れないことが最も効果的な対策だといえます。

まとめ

確かに晴れの日と比較して雨の日の花粉の飛散量は少ないです。

しかし、気圧による自律神経の働き、アレルギー症状の悪化など複数の原因が重なることで雨の日こそ油断してはいけないということになります。

晴れの日も雨の日も花粉を体内に取り組むことを防ぐために必ずマスクはつけるようにしましょう。

今回は花粉症で雨でもマスクは必須なのかと翌日に悪化する原因について解説してきました。

それでは最後までお読みいただいて有難うございました。少しでもお役に立てたなら嬉しく思います。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ