確定申告って遅れたらどうなるの?ペナルティはあるのか解説!

【スポンサードリンク】

確定申告の申し込み期限日は毎年3月15日ですが、日々忙しい生活を送っているとうっかり確定申告のことを忘れてしまったり準備が間に合わずに遅れてしまったということも時にはあるものですよね。

その場合ペナルティなどはあるのでしょうか?

今回は確定申告に万が一遅れてしまった場合の影響について具体的に解説させていただきます。

ぜひ最後までお付き合い下さい!

確定申告に遅れたらどうなってしまう?ペナルティは?

提出期限日を過ぎてしまえば確定申告をもう行えないのではないか?という疑問も浮かぶものですが、期限日を過ぎても確定申告書を税務署側は受け付けています。

しかしその場合「期限後申告」として取り扱われてしまいますのでこれから挙げる2パターンのペナルティが課せられます。

また、期限後申告によって納める税金は申し出たその日が期限日となりますので税務署に連絡したら急いで税金を納めなければなりません。

【スポンサードリンク】

【遅れた確定申告後のペナルティ①】無申告加算税

無申告加算税には本来納付すべき税金にペナルティ分として以下のように税金が上乗せされます。

■50万円まで15パーセント
■51万円からは20パーセント

ただ、無申告加算税は税務署の調査が入る前にいち早く自分から期限後申告をしていれば5パーセントまでに上乗せ分の金額が軽減されます。

つまり、確定申告をしていないことに気付いたら一刻も早く申告を行わなければ支払いする税金額が増えてしまうということです。

忘れないためにもシンプルな方法ですがカレンダーに印をつけたり、毎年2〜3ヶ月前になったら確定申告の準備を少しずつ行う癖付けを行っていきましょう!

【遅れた確定申告後のペナルティ②】延滞税

期限後申告書を税務署へ提出した日=税金の納付期限となりますが、もし納付期限内に税金を納めることができなければ本税に加えて延滞税というものを納付しなければなりません。

申告書を提出した2ヶ月以内であれば税率は低いですが、2ヶ月以上超えればどんどん税率が高くなりその分負担が大きくなってしまいます。

具体的な税率については以下のようなものとなっております。

●納付すべき本税の金額×延滞税の税率×延滞日数÷365=延滞税額
(1万円未満の端数切り捨て)
※延滞税の税率→本税の納付が、申告書提出の翌日から2ヶ月以内・2ヶ月以上で税率が異なる

①【2ヶ月以内の税率】年「7.3%」もしくは「特例基準割合+1%」のいずれか低い割合

②【2ヶ月を過ぎた場合の税率】年「14.6%」もしくは「特例基準割合+7.3%」のいずれか低い割合

※特例基準割合とは、商業手形の基準割引率に4%の年率を加算した割合

また、こちらの計算方法は国税庁HPにて簡単に計算・シミュレーションを行うことができるので一度チェックしていただくことをおすすめ致します。

まとめ

今回は確定申告って遅れたらどうなるのか?ペナルティはあるのかについて解説させていただきました。

納税はわたしたち国民の義務となります。

遅れてしまえばその分支払い額もどんどん増えていってしまいますので3月15日の確定申告日は毎年必ず忘れることのないよう注意してまいりましょう。

それでは最後までお読みいただいて有難うございました。少しでもお役に立てたなら嬉しく思います。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ