缶切りがない時どうする?気になる裏ワザとスプーン以外の代用品もご紹介!

【スポンサードリンク】

皆さんは缶切りが必要な缶詰めを開けようとした時、『缶切りがない・・・!』って困った事はありませんか?

最近の缶詰めは大体はプルトップで開けられるので缶切りは必要ない物が多いですが、中にはまだまだ缶切りが必要な物もありますよね。

例えば海外からの輸入品の缶詰めは缶切りを使用して開けるような物も多くありますが、そんな時に缶切りが手元にない時、他に代用として使える物はスプーン以外には何があるのでしょうか?

そこで今回は缶切りが必要だけど手元になくて、できればスプーン以外に代用できる物がないか知りたいと思う方の為に、スプーン以外の代用品を使って缶のフタを開ける裏技をご紹介したいと思います。

ぜひ最後までお付き合い下さい!

缶切りがない時はどうやって缶のフタを開ける?

缶切りは最近では使用される事も減ってきていますので若い人は持っていない事が多いですし、使い方もよく知らないような人も多くいらっしゃいますよね。

缶切りを使いたいけど手元にない場合、どのような代用品を使えば缶のフタを開ける事ができるのでしょうか?

スプーンを代用するケースは比較的ポピュラーかと思います。こちらの動画では缶切りの代用としてスプーンを使用した缶詰めの開け方を解説してますのでぜひ参考にしてみて下さい!

◇参考動画:いざという時に必ず役に立つスプーンで缶を開ける方法 裏技 サバイバル術 驚くべき 嘘のような本当 ヤバすぎ 大人の雑学

それではここからはスプーン以外の缶切りの代用品を順番にご紹介していきますね(^^)/

ドライバー

【スポンサードリンク】

缶のフタの端に突き刺して使いますが、プラス、マイナスどちらもOKです。

ナイフ・包丁・ハサミ

缶のフタのふちをナイフなどで少しこすってから穴を開けるように突き刺して、ぐるりと回しながら開けます。

コンクリート

これは石などですが、缶のフタ面を下にしてコンクリートに強くこすり付け、その後側面を指でグッと力強く押して開けます。

アウトドアなどでうっかり缶切りを忘れてしまった時でも、石などは簡単に手に入る事が多いですから、缶切りの代用品がこんなにあると思うと心強いですよね(^^)/

◇参考動画:【超かんたん】缶切り無しで缶詰を開ける方法【ライフハック】

プルタップは便利ですが壊れる事も・・・

プルタップとは最近の缶詰めのフタに使われている指を引っ掛けて開ける物ですが、とても簡単に缶切りを使わずに缶のフタを開けられるのでとても便利です。

しかし、多くの方が経験していると思いますが、プルタップはたまに壊れてしまう事があります。

どんな風に壊れるのかと言うと、プルタブがとれてしまい缶切りを使わないと缶を開ける事ができなくなってしまいます。

意外と簡単にとれてしまう事もありますから、やはり缶切りは常備しておく必要はあると思います。

プルタップで開けられる缶詰めのプルタブがとれてしまうと缶切りが必要なのですが、あらかじめプルタップで開ける為のラインが引かれていますから、簡単に缶切りで開けられます。

最近ではあまり缶切りを使う機会がないと思いますが、万が一の時の為に使い方くらいは覚えておいた方が良いかもしれませんね。

ドライバーやナイフ以外にも代用できそうな物はある!

缶切りがない時にスプーン以外の代用品はドライバーやナイフなどがあるとご紹介しましたが、他にも缶切りの代用をしてくれそうな物は多くあると思います。

例えば文房具などで、先がとがった物で金属製やコンクリート製の物なら代用できそうな気がしますね。

しかし、缶切りの代用として使う事には慣れていないはずですから、使用の際の怪我には十分注意する必要があると思います。

先がとがった物は怪我をしやすいですから、子供に頼むような事は絶対にしないようにしましょうね(^^♪

まとめ

いかがでしたでしょうか?

缶切りが必要な時に手元にない場合は、様々な代用品がある事がご理解頂けたのではないでしょうか?

現代人は缶詰めのフタを開けるのはプルトップ以外経験がない、と言うような方が多いと思いますが、缶詰めの全てがプルトップ方式になっているわけではないので、缶切りの使い方は最低限押さえておきたいですね。

最近の子供は親や学校で缶切りの使い方を教えてもらえない事もあると思いますので、近くに子供がいる時に缶切りを使う機会がありましたら是非使い方を教えてあげて下さいね!

今回は缶切りがない時どうするのかとスプーン以外の代用品をご紹介しました。

それでは最後までお読み頂いて有難うございました。少しでもお役に立てたなら嬉しく思います。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ