韓国のホワイトデー事情!お返しは何を贈るのが一般的なの?

【スポンサードリンク】

3月14日はホワイトデーですが、日本の場合はバレンタインデーに贈り物をくれた女性に男性がお返しするのが基本ですよね。

贈り物を貰った方にはお返しをあげるのは当たり前だと思いますが、韓国ではホワイトデーのお返しはどのような贈り物の渡し方をするのかご存知でしょうか?

日本と同じようなものでしょ?そもそもホワイトデーの風習は世界共通なのでは?と思う方いらっしゃるかと思います。

日本以外の国のホワイトデー事情、ここでは韓国のホワイトデー事情について調べた結果をご紹介したいと思います。

ぜひ最後までお付き合い下さい!

韓国のホワイトデーのお返しの仕方とは?

日本ではホワイトデーのお返しは、付き合っている彼女なら彼女が欲しがっている物をあげたり、義理のお返しならお菓子類などをあげたりしますよね。

渡す時は直接贈り物を包装するのが当たり前ですが、どうやら韓国ではこの辺りが日本とは違うようなのです。

韓国ではまず付き合っている彼女へホワイトデーのお返しは、プレゼントにプラスしてお菓子などを一緒に渡すのが当たり前になっているようです。

彼女以外の義理をお返しする場合も、日本との大きな違いは日本のように直接贈り物を包装するのではなく、華やかに飾ったバスケットに贈り物を入れて渡すそうです。

これはバレンタインも同様で、好きな人や彼氏に贈り物を渡す時は綺麗に飾られたバスケットに入れるようです。

バスケットの大きさが大きければ大きいほど、受け取った女性の喜びが増し、余計気持ちが盛り上がれるのだそうです。

韓国も日本も街の風景は同じ

韓国でもホワイトデーが近くなってくると、コンビニやデパート、雑貨屋などはすっかりホワイトデー仕様になり可愛らしいデザインのキャンディーやチョコレート、クッキーなどが多く並び出します。

この辺は日本と何も変わらないですよね?

また、韓国ではホワイトデーの贈り物としてアクセサリーや下着、香水などをプレゼントする人も多いそうです。

日本は花束やぬいぐるみなどが贈り物の定番になっている傾向がありますので、韓国との違いは贈り物の内容にも多少あるようですね。

【スポンサードリンク】

韓国では『義理チョコ』とは言わない

日本では好きではない人でもいつも世話になっているから、とか会社の上司だから顔を合わせるので、などの理由で「義理チョコ」を渡したりしますよね。

これは多くはバレンタインデーに多く見られがちですが、韓国では義理チョコと言う呼ばれ方はしないようです。

韓国では「礼儀上チョコ」と呼ばれている物が、日本で言う義理チョコとイコールなのです。

言い方の違いは文化の違いがありますから当然ですし、他にはどのような年中行事の違いがあるのか調べてみると面白そうですね。

また韓国はエコ推進の為、過剰に包装紙を使う事を禁止するような運動も行われているようです。

エコ推進の事も考えたら、確かに紙を大量に使う包装よりもバスケットにプレゼントを入れて渡す方がいいような気がしますね。

バスケットでしたらごみにはならずに、繰り返し物入れなどに使う事も可能ですからね!

まとめ

韓国と日本は同じアジアですから、多少の文化の違いはあってもやはり似ているところが多いようです。

ホワイトデーが近くなると、アジアの国以外でも街の雰囲気がガラッと変わってくる感じはよく似ていますよね。

各国によって贈る物や贈り方が違っていたりしますから、様々な国のホワイトデー事情を調べてみると面白いかもしれません。

今回は韓国のホワイトデー事情でお返しは何を贈るのが一般的なのかについて解説してきました。

それでは最後までお読みいただいて有難うございました。少しでもお役に立てたなら嬉しく思います。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ