自転車で傘差しは違反?罰金の金額や固定器具はOKなのか解説!

【スポンサードリンク】

2015年6月1日から道路交通法が改正され、特に自転車を運転することに対してルールがより厳しくなった事は皆さん、ご存知でしょうか?

日本は自転車を運転する人がとても多い国で今までは暗黙の了解で行われていた危険な運転に対して『これからきちんと取り締まっていこう!』という法律が制定されたのです。

これまでは単純に道路で見掛けて横目に『危ないなぁ~・・・』と思っていただけの自転車の運転も厳しく取り締まられるようになりました。

そんな自転車の運転の中でも特に危険だと言われているのは傘差し運転です。

今回の道路交通法の改正では『傘差し運転は違反行為』であると明確にルール決めされました。

では実際に傘差し運転で注意を受けるとどのような罰則があるのでしょうか?罰金などはあるのでしょうか?

また最近では傘差し運転が厳しく取り締まられるようになった為に自転車に傘を固定させている人を見かけるのですがこれは違反になるのでしょうか?

今回は傘差し運転による罰金や自転車に傘を固定させて運転する場合はどうなるのかについて詳しくご説明いたしますので、自転車を使用する機会が多い方はぜひ参考にしてくださいね(^^)/

傘差し運転への罰則

大前提として自転車を運転する時には、まず自分自身が周囲の交通状況に十分配慮して安全に運転する状態にしなければいけません。

たとえばイヤホンで音楽を聴きながら運転をしていると、周りの音が聞こえなくなるため、とても危険ですよね。

傘差し運転も、イヤホンをしながらの運転が危険なのと同じように片手での運転を強いられますし、合わせて視界も悪くなりますのでとても危険な行為と考えられますし片手で運転することでとても不安定な走行となってしまいブレーキを使用する時には大きな危険が伴います。

危険な運転によりあなた自身が交通事故の加害者や被害者になる可能性もありますので必ず避けるようにしましょうね!

傘差し運転が違法になるのは当然安全ではない運転であるからですので違反してしまうとそれなりに厳しい罰則が待っています・・・(‘Д’)

どのような罰則なのかと言いますと・・・現状では傘差し運転は5万円以下の罰金という規則となっています。

これを高いと思うか・安いと思うか人それぞれだと思いますが、いかがしょうか?

ちなみに比較として例を挙げますが車を運転していて赤信号を無視したら罰金は9千円です。

信号無視もかなり危険な運転行為だと思いますが、自転車の傘差し運転の罰金を見てみると、何か感じることがあるのではないでしょうか?

危険な運転だからこそ高い罰金が設定されているのは間違いありませんが、それともう一つ、傘差し運転を撲滅したいという思いから、このような罰金額の設定にして『こんなにも罰金額が高いのならやめよう・・・』と思ってくれる人が大勢出てきてくれることを期待しているのだとも考えられますね!

◇参考動画:違反で講習、罰金も!6月から自転車の罰則強化

【スポンサードリンク】

傘を自転車に固定して運転は違反?

傘さし運転は片手運転になり走行に危険が伴うために禁止されている側面がありますので『だったら傘を自転車に固定して運転していたら手を傘で塞ぐことないから大丈夫だよね!』と思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

たしかに傘を自転車に固定することができれば傘さし運転を認めている地域もありますのでご自身が住む地域がどういう取り決めになっているのかを調べる必要があります。

傘を自転車に固定させての運転は地域によって可能・不可能と違いがあるのです。

●全面的に傘を固定しての運転が禁止されている地域

青森県、岩手県、山形県、静岡県、福井県、三重県

●交通量が少ないなどの一定の条件を満たせば傘を固定しての運転が可能な地域

茨城県、栃木県、愛知県、京都府、広島県、長崎県、熊本県

※これらは2016年10月現在の状況ですので上記の地域に追加されるところがあるかもしれません。

お住まいの地域の情報はしっかりと調べておかなければ、知らないうちに違反を起こしてしまう可能性がありますので注意して下さいね!

罰金に関してはこちらも傘差し運転と同様に5万円以下の罰金となっています。

傘を固定していても急な突風などで視界が奪われてしまうこともあるかもしれませんのでもしも傘を固定して運転することを許可している地域でもしっかりと確実に取り付けて自転車の運転をしてくださいね。

◇参考動画:ユナイト さすべえPART-3購入! 【傘ホルダー】【傘スタンド】【自転車】

まとめ

今回は傘差し運転や傘を自転車に固定しての運転の可否についてと違反した場合の罰金についても合わせてご紹介いたしました。

自転車はとても便利な交通手段ですが、車と同じ車両に分類されているので規則に違反するとそれなりに厳しい罰則があります。

免許を所持していなくても気軽に運転できる乗り物ですがきっちりと道路交通法を知り安全運転を心がけ交通事故の加害者にも被害者にもならないようにしましょう。

雨が降っている時に自転車に乗らなければいけない時には自分の身を守る為にもレインコートを着用するなど対策をしなければいけませんね(^^♪

それでは最後までお読みいただいて有難うございました。少しでもお役に立てたなら嬉しく思います。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ