会社の健康診断でバリウムを拒否することはできる?会社としての対応例は?

【スポンサードリンク】

会社で定期的に行われている健康診断で、できればバリウムを使っての検査は拒否したい・・・

バリウムはどうしても避けたい・・・という方もいらっしゃるのではないでしょうか?

私もバリウムは大の苦手です(汗)

バリウムは独特の味でどうしても飲む事が苦手、と言うのがバリウム検査を拒否したい人の本音だと思いますが、会社での健康診断でバリウム検査を拒否する事はできるのでしょうか?

今回は会社の健康診断とバリウム検査の必要性について確認した結果をご紹介したいと思います。

ぜひ最後までお付き合い下さい!

会社の健康診断でバリウム検査は強制なのか?

会社での健康診断は、自分で病院に行って健康診断を受ける手間が省けますのでとても助かる事ですが、仮に従業員がバリウムを使った胃の検査は受けたくないと申請してきた場合、会社はどう対応するべきなのでしょうか?

労働安全衛生規則によると胃の検査は法定項目にはなっていないので強制的に受けなくてはならない検査ではないと定められています。

しかし、会社の健康診断の項目に胃のレントゲン検査が含まれていると言うのは、定期健康診断を生活習慣病予防検診として扱っている場合が多く、保健組合から会社が助成を受けている可能性があります。

これは会社が保健組合から助成を受ける事によって、経費の節減をする事が目的だと考えられますが、この場合は保健組合から指定された検査項目を任意で減らす事はできないとされています。

自分でバリウム検査を希望し、別途料金を払って検査をする場合は強制ではありませんのでバリウム検査をしなくても会社からは特に何も言われる事はないと思いますが、予め検査項目に入っている場合は拒否するのは難しいかもしれません。。

自分の体を検査する為だと思い受診するべき!

バリウムの検査は本当に嫌な気持ちはとても良く分かりますが、考え方を変えると検査を受ける気分になると思います。

大事な自分の体を調べる事が無料でできる!と思うと、何となく嫌なバリウム検査も受けようと思えてきませんか?

会社で健康診断を行ってくれないような場合もあるわけですから、考え方を変えてみるとかなりありがたい話だと思います。

本来なら自分でお金を払って健康診断を行ったり、バリウム検査を行うわけですからそれを会社が負担してくれていると思うと、自分の体を無料で調べられる絶好のチャンスだと思うのです。

そもそもバリウム検査は1年に1回程度しか行わないですよね?

1年に1回の事だからどんなに飲みずらいバリウムでも我慢して飲んでしまった方が絶対お得だと思いますよ。

本当に飲むのが辛くバリウムを飲むと吐いてしまいそうになる、と言う場合は、検査の時に検査員の方に伝えてみてはいかがでしょうか?

何かしらの対処をしてくれるかもしれないので、予め検査前からバリウム検査を拒否するのはできれば避けた方が良いでしょう。

【スポンサードリンク】

最近はバリウムにも色んな味がある

最近のバリウムは昔とは違い、色んな味があって飲みやすくなったとも言われていますよね。

昔は本当に飲みずらい物でしたが、最近のバリウムは比較的簡単に飲めると言う人が多いので、昔のバリウムの味とは違うかも、と考えるとより一層検査を受けてみる気になれると思います。

最近のバリウムは自分が思っているほど飲み難くはないと分かれば、今後も会社の健康診断でバリウム検査するのが嫌だと思わずに済むようになれるかもしれないですね。

まとめ

会社の健康診断でバリウム検査を拒否する事は出来る場合とできない場合がある事が分かりました。

どんな苦手な検査も、全ては自分の体を調べる為だと思って受けるようにした方がいいでしょう。

健康診断はいつも実費、と言う人も多くいらっしゃいますから、無料で健康診断を受ける事ができると言うのは恵まれていると考えれるようにしたいものですね。

頻繁にある事ではない健康診断ですから、その時だけと割り切ってしまうと苦手な検査も受けやすくなるのではないでしょうか?

今回は会社の健康診断でバリウムを拒否することはできるのかについて解説してきました。

それでは最後までお読みいただいて有難うございました。少しでもお役に立てたなら嬉しく思います。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ