子供の歯の矯正の費用はいくらかかるの?保険の適用は?

【スポンサードリンク】

子供の歯が永久歯へと生えかわる過程で、特に気になるのが子供の歯並びですよね。

「ちゃんきれいに並んでくれるのかなぁ?」と心配な親御さんも多いことだと思います。

そんな子供の歯並びが気になる場合、『歯の矯正治療を受けさせる』という選択肢もあると思いますが、子供の歯の矯正はとてもお金がかかるという話もちらほら聞きますよね(>_<)

しかしながら可愛い子供の歯ですから、できればきれいにしてあげたいと思うのが親心ですよね!でも実際に矯正治療を受ける場合は費用が気になるし、そもそも保険は適用されるのか?などなど・・・いろいろな疑問が湧いてくるのではないでしょうか?

そこでそんなお悩みをお持ちのお母さん・お父さんに向けて、今回は子供の歯の矯正の費用と保険について解説していきたいと思います。

それではぜひ最後までお付き合い下さい!

子供の歯の矯正 費用は保険が効く?

まず子供の歯の矯正に関する費用で保険は適用させるのかについて解説していきます。

結論から言うと残念ながら子供の歯の矯正は基本的には保険が適用されません。(例外的に、外科治療を伴うような矯正の場合適用される場合もあります)

よって保険外治療になり、受診する矯正歯科医院によって費用は異なってきます。

ただ子供の歯の矯正の場合、その費用は医療費控除の対象になるケースがありますので、払った金額に応じて所得税が軽減される場合もあります。

子供の歯の矯正 費用はどれくらいかかるの?

それでは実際に、子供の歯の矯正ではどのくらい費用がかかるのでしょうか?

子供の歯の矯正は、矯正を始める時期によって「第一期治療」と「第二期治療」の二つに分かれており、そのそれぞれで費用が異なってきます。

第一期治療

第一期治療乳歯と永久歯が混ざっている時期(4歳ごろから小学校中学年ごろ)に始める子供の歯の矯正です。

この時期の子供の歯の矯正では、歯がきれいに並ぶように顎の成長をコントロールしていく矯正方法が主流です。

そのためマウスピースや床装置と呼ばれる取り外しの可能な矯正装置を装着して歯の矯正を行っていきます。

費用の平均25万円~50万円で、そのほかに検査費用(25000円~5000円)、調整費(1000円~10000円)などが別途必要になります。

第二期治療

第二期治療永久歯が生えそろった時期(小学校高学年以降)から始める子供の歯の矯正です。

この時期になると第一期のように顎の成長は期待できなくなってしまうため、基本的には大人の矯正と同じになります。

具体的にはブラケットと呼ばれるボタンのようなものを歯の表面に付け、そこにワイヤーをはめていく治療法です。

費用の平均40万円~70万円が平均的のようですが、今は歯の裏側にブラケットを付けて目立たなくする方法など様々あり、最高で100万円というケースもあるようです。

さらにこれにプラスして第一期同様、調整費など別途必要になります。

こちらの動画では実際に歯医者の方が小児歯科矯正の費用や期間について解説していますのでぜひご覧になって参考にしてみて下さいね!※費用・期間は歯科医院によって差がある場合もありますのでご了承ください。

◇参考動画:028 ブラケット矯正の費用期間 【札幌小児歯科矯正かつた歯科】

子供の歯の矯正 早いほど費用は安くなる?

このように子供の歯の矯正は大人とは違い、始める時期によって方法も費用も変わります。

第一期治療から始めるメリットは顎の成長を見込みながら歯を並べていくので、上手くいけば抜歯の必要がなく、お子様の負担も非常に少ないことが1つあげられます。

また第一期治療でうまく歯が並べば第二期に進まずそのまま治療を終了することができますので、場合によって費用が安くできます。

これらから考えても、子供の歯の矯正は早い時期に行う方がメリットが大きいと言えますね!

【スポンサードリンク】

子供の歯の矯正 まずは相談してみよう!

これまで説明してきたように、子供の歯の矯正は治療法も様々あって、費用も医院によって大きく異なります。

費用はできるだけ安いほうが良いでしょうが、だからと言って治療が適切でないのも困りますよね。

多くの矯正専門医院では矯正治療についての様々な疑問や不安にこたえるために、初回に矯正相談をしています。

相談料は5000円程度を上限に様々ですが、最近では初回相談を無料で行っている医院も増えてきました。

気になる方はぜひ1度専門医院でご相談されてみてはいかがでしょうか?

こちらの動画で実際に矯正相談をしている様子をご紹介していますのでぜひ参考にしてみて下さいね!

◇参考動画:小児矯正無料相談

まとめ

いかがでしたか?

日々成長する子供たち。

親としてはできる限りのことをしてあげたいものですよね。

今回は子供の歯の矯正の費用はいくらかかるのかに関して解説してきました。

それでは最後までお読みいただいて有難うございました。少しでもお役に立てたなら嬉しく思います。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ