子供のお年玉(甥・姪など)の相場!何歳からいくら位あげれば良いの?

【スポンサードリンク】

子供にお年玉をあげる時、何歳からいくらあげればいいものか悩むものですよね(^^;

自分の子供には気をそこまで使って悩む必要はないかもしれませんが甥や姪は両親の目や、自分のメンツ等も関わってくるのでいくら親類といえども、気を使って慎重に悩まなければなりませんよね。

そこで今回は子供のお年玉の相場や何歳からあげればいいのか、年齢別にご紹介していきたいと思います。

ぜひ最後までお付き合い下さい!

赤ちゃんや未就学の子供にはお年玉でお金をあげるべきか?

子供にあげるお年玉に関しては赤ちゃんや未就学の幼児にお金をあげるべきかそれとも直接お金をあげるのではなくて物をプレゼントした方が良いのか気になる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

とあるアンケート結果では小学校入学前の子供にお金をあげてもお金の価値は当然分かりませんので、お金ではなくおもちゃやお菓子をあげるという回答もたくさんありました。

特に0才~2才の子供へは「あげない」と「おもちゃ・お菓子」を合わせると、全体の約3割になります。

3才~5才の子供にも「好きなキャラクターグッズ」や「お菓子をあげた方が喜ぶ」、「紙幣よりも硬貨の方が喜ぶので500円玉をたくさんあげるようにしている」いう方もおられるようです。

また未就学児に関しては、ガチャガチャやUFOキャッチャーができるように、1000円を100円玉10枚であげている方もいらっしゃるようです。

この方法は、ここ最近ストレス解消でゲームセンターに立ち寄るママさんも多くなってきているのでおすすめかもしれません(^^♪

◇参考動画:お年玉 開けてビックリ 何が入っている? 開封したよ アンパンマンはいくらもらえるかな?

甥や姪のお年玉の相場は?

次に子供にあげるお年玉の相場に関して解説していきたいと思います。

皆さん、仲のいい姪や甥や親戚の子供にはお年玉+おこづかい・入学祝い・誕生日祝いなどの意味が込められ、相場よりも大目にあげる事が多いようです。

また中にはお年玉に図書券やCD券(ミュージックギフトカード)をつける人もいました。

その子に合ったプラスアルファのおまけを付けてあげるととても喜んでくれますよ(^^)/

兄弟や姉妹だった場合、どうしても金額に差が出るので「喧嘩になってしまった・・・」「僕(私)のお金が少ない~と泣かれてしまった(^^;」「弟が落ち込んでしまって空気が悪くなった(汗)」と毎年の恒例行事に悩む人も多いようです。

あるご家庭では「年齢÷2に1000円をかけた金額」と決めているので揉めないケースもあるようですね!

正直に、「来年は○○君もこの金額だからね」と言ってしまうのもありかもしれませんね。

◇参考動画:お年玉 相場 高校

【スポンサードリンク】

お年玉を卒業する時期の相場

それではここからは逆にお年玉を卒業する時期をついでにご紹介させていただきます。

お年玉を卒業する時期ランキング

●1位:18歳(高校卒業時)・・・40%弱

●2位:20歳・・・25%弱

●3位:15歳・・・約10%

●4位は22歳(大学卒業時)・・・9%

という結果でした。

やはり高校・中学・大学卒業や就職などが節目になっている様で何となく一般的な予想通りの結果に近い気がしました。

お年玉は卒業や就職を以って終了、あくまで自分でお金を稼げるようになるまでの風習であることは間違いなく義務教育終了時や二十歳が区切りとしてよいと考えている親が多いということでしょう。

しかし一方では中学生卒業したらもらえない家庭や、もう少し厳しいところでは小学生卒業でもらえなくなる家庭もあります(^^;

お年玉に関しては、マナーやルールといった決まり事はないので、各々の判断で決めてしまって良いようですね。

まとめ

お年玉は子供がいれば、お互い様ですが子供がいない場合は、みんなどうしているのでしょうか?

アンケートの結果を見ると、お年玉は自分がもらってうれしかったという思い出や、子供の頃から貯めていたお金が役に立ったという経験があるので、「出費が多くて困る」としながらも、やはりかわいい姪や甥をはじめ、親戚にはあげているようです。

家族で相談して、最悪、決まらなかった場合は自分の両親や、相手方とも相談して決めていくのもありかもしれませんね。

今回は子供のお年玉(甥・姪など)の相場に関してご紹介してきましたが、いかがでしたか?

それでは最後までお読みいただいて有難うございました。少しでもお役に立てたなら嬉しく思います。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ