光熱費の簡単節約方法!一人暮らしの平均はいくらなの?

【スポンサードリンク】

毎日の生活でどうしても必要最低限は掛かってしまう固定費の代表例が光熱費ですね。

生活をするのに電気やガスも必要不可欠です。

特に仕送り生活をしている学生の方や若手の社会人の方など多くない所得の中で一人暮しの生活費をやりくりしている人にとって光熱費はなるべく安く抑えて節約をしたいものですよね?

日常生活の中で負担にならずに簡単に光熱費を節約する方法はあるのでしょうか?

また一般的な一人暮らしをしている人は、光熱費は平均的にいくら掛かっているのかその平均値も解説していきます。

ぜひ最後までお付き合い下さい!

光熱費の簡単節約方法(待機電力編)

実は光熱費は、ちょっとしたことに気をつけるだけで簡単に節約することができるのです。

例えば、待機電力です。

待機電力と言えばお分かりの方も多いとは思いますが、電化製品を使わないでコンセントを差しっぱなしにしておくと発生してしまう電力のことをいいます。

待機電力はごくごく僅かなものと考えられがちですが、年間に換算すると約1万円の電気代が掛かっていると考えられるのです。

年間1万円って結構大きいですよね?

なるべく使わない電化製品のコンセントは思い切って抜く癖をつけていきましょう。

長期旅行や出張など家を空ける時も、忘れずに抜いていきましょう。

ちなみに、ガス給湯器やエアコンが特に待機電力が大きいと言われていますので忘れずに抜きましょう。

光熱費の簡単節約方法(エアコン編)

夏場や冬場を快適に過ごすために欠かせないのがエアコンですね。

しかし、エアコンが光熱費を大幅に高くしてしまう主な原因でもあります。

では、エアコンを利用する上での節約方法はあるのでしょうか?

エアコンを使用していて一番電力が掛かるのが部屋の温度を上げたり下げたりする時です。

ですので、節約の為に良かれと思ってこまめにつけたり消したりすると逆に電力が掛かってしまうのです。

ですので、一度エアコンをつけたらあまり温度を変えずにいることが大切です。

ちょっとスーパーやコンビニに出かける場合は、一度消すのではなく、つけっぱなしにして外出したほうが光熱費は掛かりませんよ。

またこちらの動画でも電気代を劇的に節約する方法をご紹介していますのでぜひ参考にしてみて下さいね!

◇参考動画:電気代を驚くほど節約する方法、パート1

【スポンサードリンク】

光熱費の簡単節約方法(ガス編)

光熱費で電気代と共に掛かってしまうのがガス代です。

ガス代も毎日自炊を行っていると馬鹿になりません。

では、ガス代を節約する方法はないのでしょうか?

まず、使わない時は給湯器のスイッチを切りましょう。

待機電力編でも解説した通り、ガス給湯器は電気力も使いますが実は待機状態でもガス代も掛かっているのです。

これってすごく勿体ないですよね?

給湯器を使わない時は思い切って電源を切りましょう。

次に調理時にガスを使用する際は、強火ではなくて中火を心がけて使用しましょう。

強火の方が、早く調理できてガス代が掛からないイメージがありますが、実はそれは間違いなんです。

強火にすると、鍋やフライパンの横から火がはみ出たことはありませんか?

実はこのはみ出た火がとても勿体ないのです。

はみ出た分のガスを無駄遣いしていることになるのです。

調理をする際は、火がはみ出さないように気をつけて調理をしましょう。

一人暮らしの光熱費の平均は?

最後に、一人暮らしをしている人の光熱費の平均を調べてみました。

一人暮らしをしている人の光熱費の平均7000~8000円のようです。(※もちろん季節や地域などによって違いはあります。)

ですので、これよりも高い場合はちょっと使いすぎかもしれません。

もしかしたら、銀行の自動引き落としで自分がいくら光熱費に支払っているか気づいていない人もいるかもしれません。

一度明細を確認して、自分がいくら光熱費に支払っているかチェックしてみると良いでしょう。

今回は光熱費の簡単節約方法と一人暮らしの平均はいくらなのかについて解説してきました。

それでは最後までお読みいただいて有難うございました。少しでもお役に立てたなら嬉しく思います。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ