妊娠中に歯痛!薬は飲んでも良い?対処法をご紹介!

【スポンサードリンク】

数ある痛みの中でも特につらいと言われているのが歯痛ですよね(>_<)

しかし妊娠中ともなると我慢できない程の歯の痛みとはいえ、安易に薬に手を出すのも躊躇してしまいますよね。

『薬の影響で赤ちゃんにもしも何かあったら・・・』と常に妊娠中のママさんは不安なものです。

では実際に歯痛の薬はお腹の赤ちゃんには影響はあるのでしょうか?

そこで今回は妊娠中に歯痛が起こった場合、薬は飲んでも良いのか?また有効な対処法についてご紹介します。

それではぜひ最後までお付き合い下さい!

歯痛はつらい!でも妊娠中の薬はちょっと不安

妊娠中のママさんは食べ物や薬など、口にするものは特に敏感になってしまいます。

大切な赤ちゃんに何か影響があったら・・・と不安に思うのは当然のコトですよね。

そう思って、つい歯痛を我慢してしまうママさんも多いのではないでしょうか?

でもちょっと待って下さい!

お腹の赤ちゃんには、ママさんのストレスはとても影響してしまいます。

歯痛の痛みを我慢するのは、妊娠中のママさんにはかなりのストレスになるはずです。

妊娠中であっても、安心して飲める薬はありますのでまずは我慢しないで、痛みを鎮めましょう。

妊娠中も大丈夫!妊娠中でも飲める薬を知ろう!

妊娠中にも安心して服用できる薬はありますのでこちらでご紹介していきますね(^^)/

鎮痛薬では「アセトアミノフェン」という成分が含まれた薬で、これは妊娠中のママでも安心して飲むことができます。

市販の薬にもこの「アセトアミノフェン」を含むものはありますが、市販薬の場合はそのほかにも様々な成分が含まれているため、慎重に選ぶ必要があります。

市販薬ではアセトアミノフェンが単体で配合されているのは『タイレノール』(ジョンソン&ジョンソン)などがあります。

タノイノールの詳細はこちらのメーカーのHPをご覧になってみてくださいね。

市販でもこのような妊娠中の体に優しいお薬は販売されていますが、よほどの急を要さない限り、安易に市販薬を服用するよりは産婦人科や歯科に相談の上で薬を処方してもらうほうが安心でしょう。

ちなみに病院で処方されるのは『カロナール』と呼ばれる鎮痛薬が一般的で、この薬もアセトアミノフェン配合の薬となります。

しかしアセトアミノフェンであっても、長時間の服用は危険です。

必ず用法容量を守り、痛みがひどいだけに限定して使用するようにしてください。

また近年、このアセトアミノフェンも妊娠後期(28週から39週)には注意が必要な場合がありますので、この時期の薬の服用は産婦人科で相談するほうが賢明といえるでしょう。

それ以外の鎮痛薬は妊婦や胎児への安全性が確立されていないため、服用は控えましょう。

◇参考動画:タイレノール

妊娠中は歯痛が起こりやすいって本当?

妊娠中のママさんはホルモンのバランスが平常時とがらりと変わってしまい、それによる様々な変化が生じます。

たとえば食事の変化です。

つわりで食事がとれなかったり、また食べ物の好みが変わって食事が不規則になることが妊娠中にはよく起こります。

またホルモンの影響で妊娠中は唾液の分泌や免疫力が低下しやすくなります。

これらが重なって、妊娠中はお口のトラブルが起こりやすくなっているのです。

【スポンサードリンク】

まずは予防! 妊娠中の歯痛に備える

 

どんなに気をつけていても、突然襲ってくる痛みはあります。

しかし一方で未然に防ぐことのできる痛みもあります。

きちんと痛みが予防できれば、むやみに薬を飲む必要もなくなりますよね。

歯痛あらかじめ予防できる痛みの1つと言えます。

まずは日々の歯磨きや刺激物や甘い物など虫歯になりやすいものを食べ過ぎないなど、ご自身で意識できることをこれまで以上に念入りに行うようにしましょう。

また妊娠中に歯科の検診を受けることは母親教室でも勧められていますし、母子手帳にも記載欄が設けてありますので、ず妊娠中に1度は歯科医院で歯のチェックをしてもらいましょう。

もし虫歯が見つかった場合、妊娠中でも安定期の妊娠16週目から妊娠28週目まで(妊娠5か月~妊娠7月)であれば、歯科治療を受けることができます。

しかしそれを過ぎれば治療も薬の服用もなかなか難しくなります。

早めの危険回避が、安全な妊娠生活を送るための重要なポイントですね!

こちらの動画では『歯医者さんが語る妊娠中に歯科治療ができるのか?』について解説していますのでぜひ参考にしてみて下さいね!

◇参考動画:【盛岡市 歯医者】できる? 妊娠中の歯の治療_守口歯科チャンネル026(口腔ケアチャンネル)

妊娠中のトラブル、正しい知識を身につけよう!

いかがでしたでしょうか?

妊娠中のママさんはとにかく自分自身が健康であることが1番です。

とはいえ妊娠中のトラブルはどんなママでも一度は経験するもの。

歯痛もその中の一つです。

まずはそのトラブルにどう対処していくのか、しっかりと正しい知識を身に着けることが、あなたのママとしての第一歩です。

今回は妊娠中に歯痛が起きた時に薬は飲んでも良いのかとその対処法について解説してきました。

それでは最後までお読みいただいて有難うございました。少しでもお役に立てたなら嬉しく思います。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ