妊娠中のカフェインの摂取量はどれ位なら良いの?胎児への影響とは?

【スポンサードリンク】

コーヒーや紅茶・緑茶などはほとんどの方がよく口にするものですよね。

しかし妊娠中の妊婦さんにはこれらの飲み物に含まれるカフェインがお腹の赤ちゃんに影響を与える可能性があるので飲むのを控えなければいけないというお話を聞いたことがあるかもしれません。

それでもこれらの飲み物を完全に飲まないと決めつける必要はありません。

妊娠中でもカフェインの摂取量にさえ気を付けていれば胎児に影響はないと言われているのです。

ではその摂取量とはいったいどのくらいのでしょうか?

今回は妊娠中のカフェインの摂取量について、また胎児への影響について分かりやすくご説明しますので是非参考にして下さいね(^^)/

それでは最後までお付き合い下さい!

妊娠中のカフェインはどのように胎児に影響を与えるのか?

実は妊娠中のカフェインの摂取が胎児にどのような影響を与えるのかというのはまだはっきりとしたことは分かっていません・・・

しかし研究途中であることは確かなことで、その研究の中でカフェインが胎児に影響を与えることを示唆しているものがあります。

それについては低体重で生まれてくることや、生まれてからの健康や性格に影響を与えるのではないかと諸説言われています。

妊娠中のカフェインの摂取によって母体と胎児の命を繋ぐ胎盤の血流が悪くなると言われていて、結果胎児の発育が悪くなってしまい低体重での出産になる可能性があります。

また、カフェインには興奮する作用があり母体が飲んだカフェインがそのまま薄まらずに胎児に届き、生まれた子どもが落ち着きのない子どもになってしまうなんてことも言われています。

しかし、冒頭でもお話しましたが妊娠中でもカフェインの摂取量に注意をすることで胎児に悪影響を及ばさないとされていますので摂取量には注意したいですね!

妊娠中のカフェインは1日に200mgまで

妊娠中のカフェインは飲み過ぎなければ問題がないとされていますが具体的には一体どれくらいの量に抑えるべきなのでしょうか?

結論としては1日にカフェインは200mgまでは胎児に影響が出ないと言われています。

しかし一口に200mgのカフェインとはいったいどのくらいの量なのか想像がつきにくいですよね?

コーヒーや紅茶などによってカフェインの含有量は違いますので一般的な例をご紹介していきますね!

◆一般的なマグカップ(150mlあたり)に含まれるカフェインの含有量

●コーヒー:60mg
●紅茶:30mg
●緑茶:30mg
●ウーロン茶:30mg
●ココア:50mg

1日200mgのカフェインを摂取量の目安としますと結構飲むことが出来そうですね。

しかし、200mgというのは上限の数値ですので万全を期してマグカップ1〜2杯くらいをゆっくりと時間をかけて飲むことをおすすめします。

一気に短時間でカフェインを多く摂取してしまうと、カフェイン中毒を引き起こしたりと良い事はありませんので、母体や胎児のことを考えて飲むようにしましょう。

こちらの動画でも妊娠中に飲んでも良い飲み物・注意したい飲み物について解説していますのでぜひ参考にしてみて下さいね!

◇参考動画:妊娠中の飲み物は何が良い?○✖方式でお教えします♪

【スポンサードリンク】

カフェインを完全に控えたい人はノンカフェインがおすすめ!

1日に200mgまでならカフェインを取っても胎児に影響はないと言われても、やはり妊娠中くらいは少しでも害があるかもしれないものは断ちたいという方は安心して飲めるノンカフェインの飲み物を選びましょう。

コーヒーのメーカーによりますが、様々な種類のノンカフェインコーヒーが売られていますし、紅茶がお好きな人はハーブティーに変えてみてはいかがでしょうか。

お茶を好んで飲む人は麦茶にはカフェインが含まれていませんのでおすすめです(^^♪

しかし、カフェインには中毒性があり体から完全にカフェインが抜けない間はカフェインを摂取しないことでイライラしたりすることがあります。

そんな時にはストレスを溜めない為にも1杯のコーヒーをゆっくりと味わって飲むことも良いことだと思います。

カフェインの問題は妊娠中だけでなく出産後の授乳時にも考えなければいけませんので、少しずつカフェイン断ちをしていけば良いと思います。

今回は妊娠中のカフェインの摂取量についてご紹介してきましたが、いかがでしたか?

それでは最後までお読みいただいて有難うございました。少しでもお役に立てたなら嬉しく思います。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ