妊娠初期の旅行で飛行機乗っても大丈夫?流産などのリスクにご注意!

【スポンサードリンク】

妊娠初期のママさんは特にお腹の赤ちゃんの為にも体調の変化には気を付けなければなりませんよね!

妊娠して少し遠出するとき、例えば旅行をする場合にも「飛行機に乗って良いのか?」「移動に出来るだけ負担がかからないようにするには移動手段はどうすれば良いのか?」などと考えることもあるのではないでしょうか?

お腹の赤ちゃんにはなるべく負担をかけたくないですし、『自分の行動が赤ちゃんに影響を与えないのか・・・』と心配になってしまう事もありますよね。。

そこで今回は妊娠初期に旅行で飛行機乗っても大丈夫なのかとそれに起因する流産などのリスクについてご紹介したいと思います。

それではぜひ最後までお付き合い下さい!

妊娠中の旅行について

では、まずは妊娠中の旅行についてお話していきますね!

妊娠中のママさんはいざ旅行をすることになった場合、『妊娠をして子どもを身籠っていると飛行機に乗って危険はないのか?』『妊娠してからは出産前の間、いつからいつまで乗って良いのか?』また『もしも機内でトラブルがあったら・・・』など不安になる点はいくつもあると思います。

結論から言うと妊娠中は飛行機に乗ってはいけないわけではありません。

確かに時期や条件が各航空会社で設定されている場合がありますが基本的には旅行で飛行機を利用してはいけないという心配はありません。

しかし、妊娠中の飛行機の利用には危険が全くないわけではないので、ここからは飛行機を利用する時や機内での注意点をご紹介していきますね(^^)/

妊娠中、いつからいつまで飛行機を利用できるか?

上記で述べたように妊娠中のママさんも飛行機を絶対に利用してはいけないということはありません。

国内線・国際線どちらも妊娠初期から出産予定日の28日前までは医師の診断書や同意書なしでの利用することが可能です。

しかしながら出産予定日から28日以内は医師の診断書や同意書が必要ですのでご注意下さいね。

妊娠中、飛行機搭乗の際に気をつけておくこと

先ほどもご紹介した通り妊娠中でも飛行機の利用は可能です。

しかし、それはあくまで妊婦さんの体調やお腹の赤ちゃんが健康な状態であることが前提ですのでできれば流産の可能性の高い妊娠初期は避けるようにした方が無難だと思います。

どうしても飛行機を利用する必要がある場合には出産予定日の28日前より以前に、なるべく早く計画を立てるようにしましょう。

妊娠中におけるエコノミークラス症候群

妊娠中期から妊娠後期には、子宮が大きくなっており座っていると血行が悪くなり、通常の人よりも妊婦さんはエコノミークラス症候群になりやすいので注意が必要です。

また搭乗する時の座席に関する話をすると妊娠中のママさんの場合はできる限り通路側の席をおすすめします。

長時間のフライトとなる場合は特に気を付けていただきたいのですが、定期的通路に立つことで足を伸ばし、血行を促進させることでエコノミークラス症候群の対策になります。

またエコノミークラス席では座席間の幅が狭く、非常時の移動が難しいのでできるだけ通路側を予約するようにしましょうね。

妊娠中は特に機内で気持ち悪くなり吐いてしまう場合もありますので通路側でなおかつお手洗いに近い席を選ぶようにしましょう!(^^)!

またこちらの動画では妊婦さん専用の整体院の方が語る妊婦さんが長時間の飛行機利用する時に気をつけて欲しい点についてご紹介していますのでぜひ参考にしてみて下さいね!

◇参考動画:妊娠中は長時間の飛行機での旅行は大丈夫?安城市 妊婦専門整体院

エコノミークラス症候群への対策

妊娠中の旅行で飛行機を利用する場合は、もし金銭的に余裕があれば『エコノミークラス症候群への対策』としてはエコノミークラス以外の席を選ぶことも有効な方法だと思います。

座席はファーストクラス・ビジネスクラス・エコノミークラスの3つの席があり、上のクラスの座席を選ぶことで足が伸ばせたり、リクライニングができたり・通路が広いなど妊婦さんに優しい仕様となっています。

これらの理由から費用はかかりますがビジネスクラスより上の座席を選ぶことをおすすめします。

また飛行機の離着陸の時には、気圧の変化で「耳鳴り・頭痛」が起きることがあります。

酸素濃度が低下すると「息苦しい・呼吸困難」にも陥り易く乾燥しやすい機内では「喉が痛くなる」ことでストレスを溜めやすいです。

機内でのトラブルの中には事前に準備をしていても対応できないこともありますのでもしも自分で対応ができないことがあれば、客室乗務員に声を掛けて相談をしましょうね(^^)/

結論は、ストレスを溜めすぎないこと

妊娠初期の流産は確率的に10~15%と言われますが決して珍しいことではありません。

万が一、流産をしてしまった場合は悲しんだり落ち込んだりすることは至極当然のことだと思いますが、決して自分を責め過ぎないこと・また事前に妊娠中に注意するべき点を把握しておくことが大切です。

またあまりにも神経質にお腹の赤ちゃんを気にしすぎてしまうことでストレスを溜めてしまってはそれこそ本末転倒なので心穏やかに日々を過ごせると良いですね。

今回は妊娠初期の旅行で飛行機乗っても大丈夫なのかとそれに起因する流産などのリスクについて解説してきましたが、いかがでしたか?

それでは最後までお読みいただいて有難うございました。少しでもお役に立てたなら嬉しく思います。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ