飲み会の挨拶で面白い!と笑いが取れる方法とは?必勝法を伝授!

【スポンサードリンク】

会社や親戚との飲み会で、必ずあると言っても過言ではないのが乾杯の挨拶ですよね。

楽しいイベントの最初の挨拶なので、盛り上げなきゃいけないんじゃないか?どう笑いをとったらいいのか?悩んでる方もいらっしゃると思います。

自分が面白いと思っても周りが笑ってくれなかったり、ブーイングを受けてしまえば、少し気まずくなってしまいますし、何より、せっかく自分で一生懸命考えて挨拶したのに受け入れてもらえないと悲しくなってしまいますよね?

そこで今回は、飲み会の挨拶で、面白いと思ってもらえる方法を、例を挙げながらご紹介したいと思います。

ぜひ最後までお付き合い下さい!

笑いがとれる方法は?(ものまね編)

鉄板ネタでいくとものまねがよく笑いが取れます。

芸人で言いますと、ベタですがダチョウ倶楽部さんが有名ですね。

例を挙げると、「俺が乾杯する」「いやここは私が!」「じゃあ自分が!!」「どーぞどーぞ」という流れです。

確かにほとんどの方が知っていて、愛され続けているので、滑る可能性は低いのですが、複数人でやらなければならないため、一人で挨拶しなければいけない状況だと使わないほうがいいでしょう。

逆にこのネタは、人が多ければ多いほど、面白くなるので、大人数で挨拶の場に出れるのなら、是非使っていただきたいです。

逆に一人の場合は、芸人さんのネタを使ってもいいのですが、可能なら身内のものまねが結構笑いがとれます。

会社なら部長の、親戚なら少し硬いお父さんの、普段いじれないような人の声や言い方のマネをすると意外とうけます(^^;

怒られるんじゃないの?と心配される方もおられるかと思いますが、基本的には、飲み会の楽しい席なので、許してくれる方がほとんどです。(※上司や親戚の方の人柄は十分考慮して物真似して下さいね。)

ただし、挨拶が終わった後、必ず謝罪を直接言いに行ってください。それが礼儀ですし、もっと親しくなれる一歩かもしれませんので、積極的に行きましょう。

また、本当にまねされるのが嫌、もしくはマネをされて注目を浴びるのが嫌と言う方もいらっしゃるので、周りの人に相談して難しそうならやめておきましょう、もしくは、マネをする人より上の人に相談して、「まぁまぁ」となだめてもらう役を作っておくのもいいかもしれません。

【スポンサードリンク】

自分で考えた面白挨拶を作ろう!

ものまねもいいけどありきたりだから使いたくないという方もおられると思いますが、いざ自分で考えると、なかなか思いつきませんよね?面白くなるポイントはいくつかありますが、失敗談や、「これ、ばかにされてないですか?」といった、自分を下に見せるようなお話が案外うけるようです。

例えば、「自分の部下たちに、結婚を先に越され、早く○○さんも結婚すればいいのにと毎日言われ続けてるこんな私ですが、乾杯の挨拶ぐらい先を越してやろうと立候補させていただきました。」など自分を下に見せることによって、部下にも上司にも親しみやすい挨拶になってきます。

逆に自分の成功談や自慢話を入れてしまうと、自分はこんなすごい人間なんだと、嫌みに聞こえてしまうので避けた方が無難です。

また、万が一すべった場合「ここ笑うとこですよ!」や「笑ってくれないとビールシャワーかけますよ!」など、周りを巻き込んじゃうのも手だと思います(^^♪

また挨拶とは異なりますが、こちらの動画では飲み会の席でウケる宴会芸を5つご紹介していますのでぜひ参考にしてみて下さいね!

◇参考動画:これであなたも宴会ヒ​ーロー!?プロが伝授​!忘年会でウケる宴会​芸5連発!!

挨拶がうまくいくと、「あいつ面白そうだから話してみよう」と興味をもってくれるので、挨拶できる貴重な立場を頂けたなら、聞いてて楽しくなるようなお話をしっかり考えてみてください。

もしかしたらそこからとてもいい関係にに繋がるかもしれませんよ?頑張ってください。

今回は飲み会の挨拶で面白い!と笑いが取れる方法についてご紹介してきましたが、いかがでしたか?

それでは最後までお読みいただきありがとうございました。少しでもお役に立てたなら嬉しく思います。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ