入社の挨拶での自己紹介で印象の上がる一言や例文をご紹介します!

【スポンサードリンク】

就職や転勤などで新しい職場に初めて出社した日は、自己紹介や挨拶をすると思いますが印象がいい挨拶の仕方とはどんな挨拶の仕方なのでしょうか?

新しい職場の入社時にする挨拶や自己紹介についてあなたの印象を上げる例文と、良い印象に繋がる効果的な一言などを調べた結果をご紹介したいと思います。

ぜひ最後までお付き合い下さい!

入社の挨拶はどんな内容がいいのでしょうか?

入社日に同僚などの前でする挨拶は、今後の自分への印象付けにも繋がるとても大事なものです。

どんな挨拶や自己紹介をすると良い印象になるのでしょうか?

良い印象に繋がる挨拶の内容の例文と一言付け足すと良い内容をご紹介しておきます。

あまり人前で語るは得意ではないと言う方は、「本日からお世話になります〇〇と申します。よろしくお願い致します」
と、これだけでも十分だと思いますが、表情には注意してください。

自分の仕事に対する熱意を伝えたい方は、「〇〇(名前)です、〇〇(仕事内容)の仕事は初めてなので、皆様にはご迷惑をかけてしまう事も多いと思いますが、1日も早くお役に立てるように頑張ります。皆様今後ご指導の程、宜しくお願い致します。」

これは未経験でも仕事に対するやる気は十分にある、と新しい職場の人に思ってもらえる挨拶の仕方だと思います。

【スポンサードリンク】

付け足すと印象の良い一言とは?

入社時の挨拶でできるだけ良い印象を持ってもらえるように、新しい職場がある土地の情報を自分なりにアレンジして一言付け加えたりできるだけ親しみを持ってもらえるような内容にするのもお勧めです。

新しい職場が遠方の場合、その地域について何も知らない場合がほとんどだと思いますが、初めての挨拶の時に一言だけでもその地域の情報を交えて話すと、わざわざ調べた、と言う熱意が伝わりますよね。

自己紹介や挨拶の内容は、初めての職場に行く場合当然大事な事ですが、大事なのは挨拶の内容だけではなく表情も重要です。

どんないい内容の挨拶や自己紹介をしても、表情が暗く全く笑顔がないような人は良い印象にはならないですよね。

入社の挨拶は、話す内容と表情のどちらにも気を使う必要があります。

あまり優等生ぶった挨拶はやめましょう

入社の時の挨拶は結構難しいもので、余りにやる気をアピールし過ぎてかえって引かれてしまう事もあるようです。

仕事に対する熱意を伝えるのは大切な事ですが、アピールのし過ぎには注意した方が良いでしょう。

また、余りに優等生ぶった自己紹介や挨拶を長時間すると言うのも、聞いてる方は引いてしまう事があります。

今後の自分の印象がそこで決まる、と言えるほど初めての挨拶は大事なものですので、内容に関してはできる限り予め決めておきましょう。

自己紹介や挨拶をする時は、言葉遣いにも注意が必要です。

どんなにいい内容の挨拶でも、言葉遣いが悪ければ良い印象にはなりませんので仕事上で大事でもある言葉遣いにも注意する必要があります。

まとめ

入社時に初めて顔を合わせる職場の人に、できるだけいい印象を与えられる挨拶はどのような内容なのか簡単にご説明してみました。

人前で話す事が苦手で必要最低限の事しか言えない・・・と言うような人もいると思いますので、話す内容が少ない場合は表情だけでも明るくするように心掛けましょう!

話す内容も少なく顔も笑顔じゃないとなると、新しい職場の人からは「とっつき難そう・・・」と思われてしまう可能性があります。

挨拶は短いけれど表情が明るい場合は、新しい職場の人からも「口数は少なそうだけど笑顔だから話しやすそう!」と思ってもらえると思います。

初めての挨拶はできるだけ笑顔でいい内容にする事が、今後の職場での人付き合いの為にもなりそうですね。

今回は入社の挨拶での自己紹介で印象の上がる一言や例文について解説してきました。

それでは最後までお読みいただいて有難うございました。少しでもお役に立てたなら嬉しく思います。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ