お宮参りはいつ?生後何日目に行くのが正解なのか計算してみた!

【スポンサードリンク】

赤ちゃんが誕生して初めて行われる行事でもあるお宮参り。

産まれてから何日で行けばいいのか、日にちの計算の仕方はどうすればいいのか、いつまでに行わなくてはいけないのかなど気になる事が沢山ありますよね。

生後1ヶ月に行う行事のお宮参りは、一般的に男の子は生後31日または32日女の子は生後32日または33日に祈願するとされています。

でもお宮参りの当日の天気が悪かったり、他の行事と重なってしまったりなどした時、日にちを変更しても大丈夫なのでしょうか?

いつお宮参りを行うのか、生後何日の計算方法などついてご紹介していきます。

ぜひ最後までお付き合い下さい!

お宮参りはいつ行くのが正解?

基本的に赤ちゃんが誕生して1ヶ月頃に行われるお宮参りですが、男の子の場合は生後31日か32日に、女の子の場合は生後32日か33日に行くのが一般的です。

ただし、地域や家庭のしきたりによって女の子のお宮参りを先に行ったり、生後100日に行ったり、六曜の日取りで行ったりと違いがあるようなので、両家の両親にお宮参りの日にちを確認することをおすすめします。

また、赤ちゃんが産まれた時期によっては、お正月などの行事と重なってしまったり、当日の天気が悪かった、季節によっては暑かった・寒かった、母子の体調が良くなかった、両家の都合が合わなかったなどの場合は臨機応変に日取りを決めても構わないようです。

お宮参りに行く神社が大きければ、事前に予約をしなくても祈祷してもらえるようですが、小さな神社だと宮司さんが不在の時もあるので予約をしておかなければならない場所もあります。

また、神社の祭事などによって、一般祈願を行わない日にちがある場合もありますから、あらかじめ電話などで確認をしておくようにしましょう。

日にちの計算の仕方は?

通常日にちを計算する時は、赤ちゃんが産まれた当日を0日とし、翌日から生後1日、2日と数えていきます。

しかし、お宮参りやお食い初めなどの伝統行事を行う場合には、数え年と同じ考え方で、赤ちゃんが産まれた当日を1日として計算するので注意が必要になります。

ですからお宮参りを行う日取りを計算する時は、通常の日にちの数え方より1日前の日で決めるようにしましょう。

【スポンサードリンク】

お宮参りの目的は?

お宮参りは赤ちゃんが産まれたことをその土地の守り神である氏神様に報告し、赤ちゃんが健康で無事に成長することを祈願する日本古来からある伝統行事の事です。

それぞれ神社によって祀られている神様は異なりますが、祈願の方法に神社ごとの違いはあまりありませんので、先祖代々からお参りする神社の場所が決まっているなど特別な理由がなければ、自宅近くの神社などお参りしやすい神社に参拝しましょう。

氏神様のことを産土神(うぶすながみ)と呼ぶことから、産土参り(うぶすなまいり)、初宮参りと呼ぶところもあります。

また、お宮参りには母親の出産による穢れを落とす目的も含まれています。

昔はお産が穢れとされていて、神社でのお参りで祈願をし、穢れを祓うことで、母親の忌明けを行っていたそうです。

そのため、お宮参りの時に父方の母親が赤ちゃんを抱っこして、赤ちゃんに穢れが移らないようにしていたのです。

最近では両親と赤ちゃんだけでお宮参りを行う場合もあり、誰が抱っこをしても問題はないようですよ。

楽しいお宮参りを

お宮参りは赤ちゃんにとって初めての行事で、一生懸命になる方もいらっしゃるかもしれませんが、赤ちゃんやママの体にあまり負担をかけないようにしてあげましょう。

全てを完璧にこなそうとしなくても大丈夫です。

赤ちゃんと一緒に行う親としての初めての行事を楽しく過ごせると良いですね。

今回はお宮参りの時期に関して生後何日目に行くのが正解なのかについて解説してきました。

それでは最後までお読みいただいて有難うございました。少しでもお役に立てたなら嬉しく思います。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ