お世話になっておりますの正しい使い方!社内や電話ではどうする?

【スポンサードリンク】

ビジネスでの会話や電話で頻繁に使用する『お世話になっております』という言葉。

普段何気なく使用している挨拶言葉ですがその使い方、本当に正しいの?

と疑問に感じることもあるかと思います。

社内で上司や同僚にお世話になっておりますは正しいのか、電話ではどのタイミングで言うべきなのか?

今回は『お世話になっております。』という言葉に関して正しい使い方を状況別にご紹介していきます。

ぜひ最後までお付き合い下さい!

お世話になっております この使い方はNG!

ビジネス用語として<お世話になっております>はよく使われるそうです。

しかし、よく使われる用語なだけに間違った使い方をしている人も多いようですね。

そういった誰も教えてくれない、こんな使い方はダメだよ、お世話になっております!を検証していきましょう。

◆はじめての相手

「お世話になっております」は現在進行形の言葉です。

ですからこれからお世話になる初めての相手には使わない事が無難だと言えるでしょう。

全くの初対面なのに「お世話になっております。」は相手に対して丁寧なようで、全く反対の意味にとられてしまう事も多くあります。

言われた方は、誰にでも同じと場当たり的に感じたり、いい加減と感じる事もあるようです。

もちろん、自分は初対面であるが、会社として前から付き合いがあるとなれば話は変わってきます。

そんな場合は「いつもお世話になっております。」「うちの○○がいつもお世話になっております。」という挨拶も間違いではありません。

その場合も、「いつもありがとうございます、お世話になっております。」と最初に感謝の言葉のフレーズをつけるとさらに良い印象になるでしょう。

<お世話になっております>は社内で使ってもいいの?

基本的には取引先に対して使う事の多い<お世話になっております>というフレーズ。

社内でもこのフレーズが使われ困惑している、という方も少なくはないようです。

しかし、絶対的に間違っている、という訳でもないようです。

社内でも特に他部署から何か問い合わせや依頼がある場合、<お世話になっております>というフレーズから始まる事も少なくはないようですね。

そのあたりは会社によって大きな差があるようです。

親しくない場合や、会社が大きな場合によくある光景のようですが、他人行儀であることは否めませんので、お疲れ様ですやおはようございますなど、その時の状況に応じた言い回しの方が適しているかもしれませんね。

【スポンサードリンク】

電話での<お世話になっております>どのタイミングで言うのがベスト?

電話で取引先に、<お世話になっております>を使用するベストなタイミングを探っていきましょう。

◆電話をかけた時

電話をこちらがかけた場合はまず、自分の会社と名前を名乗りましょう。

その後「いつもお世話になっております。」と付け加えるとスマートです。

◆電話を受けた時

電話を受けた場合はまず自分の会社名を名乗るのが通常ですね。

その後電話の相手が会社名や名前を名乗った後に「いつもお世話になっております。」と付け加えると会話がスムーズに進行します。

この様に<お世話になっております>は会話をスムーズに進ませる慣用句ではありますが、多用しすぎてくどくなりすぎないよう注意しましょうね。

とっても大事、<お世話になっています>のバリエーション

お世話になっていますを多用してくどくなり過ぎないように様々な言い回しを知っておくことも大切です。

お世話になっておりますだけではなく、朝ならおはようござます、取引の期間が少ししているようならご無沙汰しておりますなどシチュエーションに合わせた言い回しもできるともっとスムーズな取引が出来るのではないでしょうか?

ビジネスを潤滑に進ませてくれるのはコミュニケーションです。

相手との適度な距離感、節度を持った挨拶は欠かす事の出来ないビジネスツールですね。

今回は『お世話になっております』の正しい使い方を解説してきました。

それでは最後までお読みいただいて有難うございました。少しでもお役に立てたなら嬉しく思います。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ