パンプスで歩くと痛い時の対処法!・つま先・かかと・甲の箇所別に解説!

【スポンサードリンク】

靴の種類の中でパンプスを一足も持っていないという女性はあまりいないのではないでしょうか。

休日のお洒落用にはドレスパンプスを、また仕事の時や冠婚葬祭などのオフィシャルな場面ではフォーマルパンプスをなどなど・・・日常生活の中で使用する場面がとても多いですよね!

そしてパンプスを履いていて誰もが一度は足に合わずに痛い思いをしたこともあるのではないでしょうか?

つま先・指が痛い・かかとが痛い・足の甲が痛いなどなど・・・

皆さんはそのような場合、いつもどう対処していますか?

「いつもかかとが痛い」という場合もあれば「この靴だとつま先が痛くて、あの靴だと甲が痛い」といった場合もあるかと思います。

そもそもどうしてパンプスで痛くなってしまうのか、靴によって違う場所が痛いのはなぜなのか?

そこで今回はパンプスで歩くと痛い時の対処法として『つま先・かかと・甲』の箇所別に解説していきます。

足と靴に関する知識をしっかりと学んだ上で適切な対処をするようにしましょう(^^)/

それではぜひ最後までお付き合い下さい!

パンプスが痛いときの対処法

まず、すべての「痛み」に共通する原因として姿勢が悪いままパンプスを履いて歩いていることが挙げられます。

最近ではパンプスにあらゆる機能をプラスした『足が痛くならないパンプス』として販売されているものがたくさんありますがそのようなパンプスでも、猫背や内股・外股といった悪い姿勢で履き続けているとどうしても足が痛くなってきてしまします。

まずは背筋や膝裏はしっかり伸ばした状態で立ち、目線はまっすぐ前にしておくことを意識してみましょう!

そのまま颯爽と歩いてみると足の痛みが減るだけでなく、見た目にも素敵ですよね。

こちらの動画ではハイヒールを履いている時の正しい歩き方や姿勢についてご紹介していますのでぜひ参考にしてみて下さいね。

◇参考動画:正しい歩き方 ハイヒール編

それではここからは、足の『痛いところの箇所別』に対処法をご紹介していきます。

つま先が痛いとき

つま先が痛いということは、足がパンプスの中で『前の方に滑っていってしまっている』ということが一番の原因として考えられます。

また正しい姿勢で歩いているのにつま先が痛くなってしまう場合は、そもそも靴の選び方の段階で失敗しているかもしれません。

靴を選ぶときは当然デザインとサイズを気にして選びますよね?

しかしあなたの『指先の形』まで気にして選んだことはありますか?

指が長い人・幅の広い人によってサイズ表記上は同じだとしてもそれぞれに合う靴は全然形が違う・・・ということはよくあります。

人間の足の指に関しては『親指が一番長い人』・『人差し指が長い人』・『すべての指が平行に近い人』などさまざまなのです。

ですので、たとえサイズはいつも履いているものと同じでもそのパンプスがあなたの『足先の形に合っているかどうか』は分からないのです。

パンプスの形状にも『つま先部分がとがっているもの』・『丸みを帯びているもの』・『スクエアタイプのもの』など様々ですので試し履きをして『うーん、このくらいなら革が馴染めばどうにかなるかな?』と思っても、妥協せずしっかり自分の足に合った形かどうか店員さんと一緒に確認してみてください。

こちらの動画でも『あなたの足の形に合わせたパンプス選びのポイント』についてご紹介していますのでぜひ参考にしてみて下さいね。

◇参考動画:パンプス・通勤の靴の選び方

またつま先が痛くなる原因として『パンプスのサイズが大き過ぎる』という可能性も考えられます。

サイズが大きいパンプスを選んでしまいますとかかとに隙間ができてしまいヒールの傾斜によって歩くたびにつま先方向に足が前滑りをしてしまい、そのたびに足が靴の中で動きますので摩擦によってつま先に大きな負荷がかかります。

試着したときは『なんとなく楽だから・足が当たらなくて履きやすい』とゆとりのあるサイズのパンプスを選んでしまいがちですがご自身が思っている『自称サイズ』が実は間違っている場合もありますので一度専門スタッフの方に足の長さや幅を測ってもらうのも良いですね(^^♪

それでも誤ってサイズが大きいパンプスを買ってしまった場合は、つま先に薄い中敷き(1mm~2mmのもの)を入れることで厚みを持たせることができ、相対的に踵部分が沈み込む効果が得られますので踵が浮いたり足が動いたりしずらくなります。

百貨店や靴の専門店などで販売していますのでぜひ購入して調節してみて下さいね!

【スポンサードリンク】

かかとが痛いとき

かかとが痛くなりやすいのは、新しくてまだ革がなじみきっていないパンプスを履いている場合が多いです。

この場合はつま先が痛いときと違って『馴染んでくればどうにかなる』ケースです。

とはいえ、それまでずっと痛い思いをするのは大変ですし馴染むまでそのパンプスを履きたくなくなってしまい靴箱にしまわれたまま・・・なんて悲しいケースになることも多いです(>_<)

まず足に当たる部分を指で軽くまげてなじませたり、先にかかと部分にばんそうこうを貼ってガードしておくようにしましょう。

また購入した店舗にてかかとの革を叩いてもらい馴染みやすくしてもらうのもおすすめですよ♪

足の甲が痛いとき

足の甲が痛む原因は次の2パターンが考えられます。

足の甲に厚みがあり擦れてしまう

パンプスを選ぶときには甲の高さが合っているかどうかはきちんと試し履きして確認するようにしましょう。

足の甲が高い方はベルトがあるものなど足の甲を締め付けるデザインのものは極力避けてくださいね!

パンプスのサイズが大きすぎる

先程も少し触れましたがサイズが小さすぎる時だけでなく、大きすぎる時もパンプスで足を痛めやすくなる原因となります。

足の甲が痛いときはこちらのケースが多いです。

半分に切った中敷きをかかと側に敷いて使うと上手く調整できるようですよ。

お店にシューフィッターやアドバイザーの方がいれば詳しく聞いてみても良いですね!(^^)!

まとめ

ご覧いただいたように、パンプスを履いて痛くなる時はどの部分が痛いかによって対処方法が全く変わってきます。

また歩くときの姿勢を正しくするのはもちろん、ご自身に合ったパンプス選びをしてお気に入りの一足で毎日を颯爽と過ごしてくださいね!

今回はパンプスで歩くと足が痛い時の対処法をつま先・かかと・甲の箇所別に解説してきました。

それでは最後までお読みいただいて有難うございました。少しでもお役に立てたなら嬉しく思います。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ