ペットボトルの使い回しで水筒にするのは危険!カビの温床に?

【スポンサードリンク】

学校や職場に行く時に、節約を兼ねてペットボトルを水筒代わりに使い回ししている方って意外と多いのではないでしょうか?

水筒の代わりにするにも軽くて便利なペットボトルですが、何度も水筒として使い回しをしているとカビが発生する危険性はないのか、衛生面で大丈夫なのかどうかちょっと気になる所ですよね(^^;

カビは種類によっては体内に入ると非常に危険度も高いものもありますので、出来れば避けたいものです。

そこで今回こちらではペットボトルの使い回しは危険であるかどうか?水筒の代わりにすることでカビは発生しないのかどうかについて具体的に調査してみました。

ぜひ最後までどうぞお付き合いください!

ペットボトルの使い回しは危険?カビの温床になる?

ペットボトルを水筒の代わりに使い回すことで1日当たり160円の節約ってちょっとした事ですがお金に余裕のない学生さんや一人暮らしの方にとってはちょっと魅力的かもしれません。

1ヶ月間続ければなんと?4,960円もの節約につながるというメリットがあることからペットボトルは水筒代わりにはもってこいのアイテムと考えがちですが、結論から言いますとペットボトルの使い回しはかなり危険ですので、今日からやめていただくことをおすすめします(-_-;)

と言うのも・・・人間の口の中には様々な菌が潜んでいます。

ペットボトルの飲み口を一度口の中へ入れると液体と一緒に唾液が流れ込み、ペットボトルの内側の方まで菌が付着してしまうことから、長期間使い回しを行っていると雑菌が大量に発生したり、カビを発生する原因にもつながってしまうのです。。

また、繰り返し使っているとDEHP(フタル酸ジエチルヘキシル)という発がん性の高い成分が溶け出してくる可能性もあります。

現在人への健康被害が報告された事例はありませんが、決して体に良いものではありませんので今後は控えるよう心がけましょう・・・

◇参考動画:【驚愕】ペットボトルを水筒代わりに使っている→実はとても危険なことだった・・・

【ペットボトルの使い回し】どうしても使いたい場合は?

私の場合ですがどうしてもペットボトルの使い回しをしたいという場合、口をつけずにコップを利用しながら1回限定で再利用しています。

また、使い回しを行う前には以下のような洗浄方法などがおすすめです。

1.酢を使った洗浄方法

お水・酢(400ml:100mlの割合)をペットボトルに入れてシャカシャカ振って洗浄するだけです♪その際必ず食酢を使用するように注意しましょう。(砂糖が入ったものはNG)

【スポンサードリンク】

2.重曹を使った洗浄方法

ぬるま湯に小さじ1杯の重曹をペットボトルに入れて一晩つけておきます。

翌朝シャカシャカ振って中を洗浄します。

重曹には殺菌効果以外にも臭いをとってくれるという嬉しい特徴があります。

3.ペットボトル洗いBEANS

枝豆型の可愛らしいペットボトル用のスポンジです。

普通のスポンジですと、ペットボトルの小さな飲み口と比べて小さすぎるのでしっかり洗うことができませんが、こちらのBEANSであれば内側までぬめりや汚れをくまなく洗い落としてくれます。

酢や重曹を使いながら合わせてBEANSを使用するとより効果的ですよ♪(スーパーやドラッグストアに400円前後で販売されています。)

またこちらの動画でもペットボトルをきれいに洗う方法についてご紹介していますのでぜひ参考にしてみて下さいね。

◇参考動画:【動画HowTo】ペットボトルをきれいに洗う方法

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回こちらではペットボトルの使い回しで水筒にするのは危険であるか?カビの原因になるのかについて解説させていただきました。

ペットボトルを水筒代わりにできなくなるのは節約中の方にとってちょっぴり痛手かもしれませんが、何度も再利用できるように作られた水筒・タンブラーを活用していく方がやはり衛生面においても安心して使用することが可能です。

最初に2,000円〜3,000円程お金は必要ですが、あとは自宅でたいたお茶などを入れればペットボトル水筒と同じくコツコツ節約をつなげることができます♪

どうしてもペットボトル水筒を使いたい場合は、当記事で先ほど紹介した洗浄方法等を参考に”1回限定”で使用していただけたらと思います。

それでは最後までお読み頂いて有難うございました。少しでもお役に立てたなら嬉しく思います。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ