PM2.5による健康被害の要因とは?知っておきたい症状と対策をお知らせ!

【スポンサードリンク】

PM2.5と言う名前は天気予報などでもよく耳にしますが、PM2.5とは何の事を言うのかあなたはご存知でしょうか?

名前はよく聞くけど何の事なのかは詳しくは知らない人の為に、PM2.5とは一体何なのか、PM2.5による健康被害はあるのか、などを調べました。

ぜひ最後までお付き合い下さい!

PM2.5とは何か?

PM2.5とは、超微粒子状物質の事を言い、その大きさは1mmの1000分の1とも言われるほど小さな物質です。

こんな小さなPM2.5にどのような健康被害が考えられるのでしょうか?

なぜ健康被害が出てしまうのか、その要因や健康被害の症状、健康被害を受けない為の対策などを順にご紹介していきます。

PM2.5による健康被害には、微粒子である事から肺の奥深くまで入り込み、ぜんそくや気管支炎などの呼吸器系の疾患や循環器系の疾患を引き起こすリスクを上げると言われています。

ぜんそくなど呼吸器系の疾患の症状は、長引く咳などがありPM2.5の濃度が上がる度に症状に悩まされる可能性もあります。

元々呼吸器や循環器に持病がある高齢者や小さな子供などは影響を受けやすいので注意が必要だと言われています。

病気の要因とも言えるPM2.5は、国内では排ガス規制などにより減少傾向にあるようですが、季節によってPM2.5の濃度は違っているようです。

【スポンサードリンク】

日本では3月から5月にかけて高濃度になる!

日本ではPM2.5の濃度は季節によって濃度に違いがありますが、3月から5月までが最も濃度が濃いと言われていますから、この時期にPM2.5をできるだけ吸い込まないように対策をする必要があるでしょう。

効果的な対策法にはマスクの着用や、できるだけ外で長時間の激しい運動は避けるなどがあげられますが、室内にいる時もできるだけ窓の開閉は控えたり、不要な外出は避けるなどの対策法もあるようです。

マスクに関しては、現代は様々な目的に合わせて着用するように作られているので、PM2.5を防ぐ為に良い物と言えば微粒子の捕集効率の高いフィルターを使った物を選びましょう。

PM2.5を吸い込む事による呼吸器系の疾患とまではいかなくても、咳などの不快な症状はできるだけ避けたいですよね。

外出の度にマスクをするなんて面倒だと感じるかもしれませんが、PM2.5を吸い込む事による不快な症状から身を守る為ですので、体の為だと思ってマスクを着用しましょう。

PM2.5の成分とは何か?

健康被害も認められているPM2.5の成分とは何なのでしょうか?調べてみた結果、炭素成分や硝酸塩、ケイ素、アンモニウム塩などである事が分かりました。

ではどんな所からPM2.5は発生するのでしょうか?ボイラーや焼却炉のようなばい煙を発生させる施設や、鉱物などの粉じんを発生させる施設、自動車や航空機などの普段使用する乗り物からも発生する事が分かっています。

また、家庭内で喫煙や調理、ストーブの使用からなどもPM2.5は発生してしまうそうです。

普段普通に生活しているだけでもPM2.5を発生させてしまっていると言う事は、PM2.5とは切っても切り離せない繋がりがあるように感じますね。

まとめ

PM2.5とは何の事を言うのか簡単に説明しましたが、健康被害の可能性もあると言う事が分かりましたので、今後はできるだけPM2.5を体内に入れないように対策できる事から始めていきましょう!

PM2.5をできるだけ体内に入れないようにするには、外出時にマスクを着用するなどの面倒な事もありますが、自分の体を守る為ですから極力意識できると良いですね。

特にこれからの季節は濃度が高まるとされていますから出来るところから自分なりに対策していきましょう。

今回はPM2.5による健康被害の要因と知っておきたい症状と対策について解説してきました。

それでは最後までお読みいただいて有難うございました。少しでもお役に立てたなら嬉しく思います。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ