PM2.5による日本での健康被害はあるの?今までの報告例をご紹介!

【スポンサードリンク】

ニュースでよく耳にする『PM2.5』。

主に中国の大気汚染が原因で有害物質による影響が日本にも出てくるようですが、現状はどのようになっているのでしょうか?

春になると濃度が上がるから花粉への対策と兼ねて、実はよく知らないけど何となく危ないらしいからマスクをしている人もいらっしゃるのではないでしょうか?

今回はPM2.5』とは何か?

その正体と人間の身体に対してどのような害があるのかなど解説していきたいと思います。

これからの被害を被らない為にもぜひPM2.5について知っておきましょう。

PM2.5とは?

PM2.5とは物質の名称ではなく花粉よりも小さな有害化学物質で2.5というのは小ささを示してます。

この有害物質『PM2.5』は中国から風に乗って流れてくると報道されますが、実は中国だけではないのです。

まず、何故中国がメディアで取り上げられているかというと、中国の環境問題そのものにあり、世界一の人口を誇る中国の大気汚染は深刻であり、発展途上国特有の環境汚染が進んでいる国と言える為、代表的に取り上げる事が多いようです。

中国から流れる大気に『PM2.5』が含まれており日本で『問題視』をされているというわけです。

中国をも上回る環境問題を持つ国

それはインドです。

インドの大気汚染は中国以上に深刻といわれ非常に多くの有害物質を発生させています。

インドは中国には劣るものの人口が多く発展途上国として有名で排気ガスの問題も懸念されていますが、この燃料が問題とされて、『牛の排出物』が燃料として使用されていることにより有害物質が発生していることが分かっています。

そして私達の住んでいる日本でも同じように発生していることを覚えておきましょう。

実は『タバコ』の煙から『PM2.5』が発生していて受動喫煙が最もリスクが高く、喫煙者以外にも害が及んでいるといわれます。

【スポンサードリンク】

PM2.5による健康被害

ここまで何度も『有害物質』であることを示唆してきましたが実際に日本での報告例を挙げて説明していきます。

先程話したように『喫煙』による『心筋梗塞』が挙げられます。

PM2.5はごくわずか小さな物質という性質から体内に入ってしまうと、たちまち血液中に混ざり回ります。

すると、このPM2.5が血液の凝固の原因の一つとなります。

動脈硬化が進むと血流が悪くなり最終的には血液の流れを塞ぐという最悪の事態を迎えることになり『心筋梗塞』という危険性が隠れていることを覚えておきましょう。

次に『肺癌』です。

こちらも同様に喫煙により体内に侵入する場合が多く最もPM2.5が入る器官が『肺』です。

PM2.5には発がん性の成分が含まれており、それが肺に入ることで『肺癌』のリスクが高まるということです。

これ以外にもまだまだありますが最後に『角膜炎』です。

喫煙ばかりが原因ではなく『目』も危険に侵され部位であり大気に潜んでいるPM2.5が目に入ることはごく自然で目に入ることにより角膜が損傷することもあります。

その結果『角膜炎』を引き起こす場合が考えられるのです。

まとめ

『PM2.5』は分かり易い言葉に言い換えれば目に見えない危険物質です。

ニュースをチェックしているとPM2.5が蔓延する時期があるので対策をしっかり練りましょう。

喫煙者だけではなく煙を吸うこと(受動喫煙)でも健康被害を受けることがあるということも忘れずに日常生活の中でも危険を回避する知恵を身に付けましょう。

今回はPM2.5による日本での健康被害はあるのかについて解説してきました。

それでは最後までお読みいただいて有難うございました。少しでもお役に立てたなら嬉しく思います。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ