落花生とピーナッツの違いとは?栄養面でも解説!

【スポンサードリンク】

落花生・ピーナッツは両方大好き!と言う方は多いと思いますが、この2つの違いをご存知の方はどれくらいいるでしょうか?

どちらも同じで2通りの名前の呼び方があるのでは?と思う方も少なくないと思いますが、明確に答えられる方も少ないかと思います。

実はこの2つにはしっかりとした違いがあるのです。

落花生とピーナッツの違いはどんなところなのか?それぞれの栄養素の違いについても紹介したいと思います。

ぜひ最後までお付き合い下さい!

落花生とピーナッツは同じものか?

落花生とピーナッツは同じものでしょ?と言う意見はほとんど正解であると言えます。

落花生とは豆だけではなく、植物全体の名前の事をいい、ピーナッツとは植物全体ではなく植物から摘み取り殻を外して豆だけになった状態の事を指すようです。

普段からお酒のつまみなどで豆だけの状態の物をピーナッツ、さやや殻が一緒になって売られている物の事を落花生と言うのです。

「生落花生」と言って売られていて殻が付いていない物は、正しい言い方は「生ピーナッツ」のはずなのですが、落花生とピーナッツの違いについてあまり詳しくない方ですとこの2つは同じ物と思ってしまいますね。

落花生とピーナッツは同じ物だと思っている方に、詳しく詳細について教えてあげると物知りだと思ってもらえると思いますよ。

落花生とピーナッツは栄養素的に違いはあるの?

落花生とピーナッツは種類としては同じだと言う事をお伝えしましたが、栄養面ではどうなのでしょうか?

これは当然答えは同じです。

落花生は植物の状態のままのピーナッツの事を言いますので、落花生のさやや殻を取ってしまえばピーナッツになるわけですから、栄養分は同じだと言えます。

ただ、落花生・ピーナッツ共に加工法によって栄養価やカロリーなどが変わってきますので、食べる際は自分の好みに合わせて種類を決めるといいでしょう。

【スポンサードリンク】

落花生の栄養素とは?

落花生・ピーナッツにはビタミンEが多く含まれており、ビタミンEは強い抗酸化力があると言われています。

他にも細胞を丈夫にしたり、老化や動脈硬化を遅らせアンチエイジングの効果もあると言われています。

ビタミンB群も豊富に含まれており、ビタミンBは糖質をエネルギーに変える働きや、口内炎、肌荒れなどの改善にも効果的だと言われてます。

また、落花生の脂質にはオレイン酸やリノール酸が多く含まれており、悪玉コレステロールを減らしてくれると言われています。

落花生はとても栄養が豊富なうえ美味しいですから積極的に取り入れていきたいですが、少しだけ心配な事は高カロリーであると言う事です。

体によく栄養素も高いからと言って食べ過ぎると肥満に繋がってしまう可能性がありますから、くれぐれも量には気を付けながら定期的に摂取したい食べ物ですね。

落花生を育ててみたいと思う場合は、ベランダにプランターを置いて育てるような比較的簡単な方法で育てる事ができますので、興味を持った方は是非落花生を育ててみましょう。

まとめ

落花生とピーナッツは種類としては同じ物である事を理解していただけたでしょうか?同じ種類だけど状態が違うため、呼び方が違うのかもしれませんね。

この知識を知っておくと、普段何気なく使われている落花生やピーナッツと言う名前に対し、これは落花生ではなく本当はピーナッツと呼ぶ物などの状況に直面する事が増えてくると思います。

この事実は調べない限りなかなか知る事はできないと思いますので、教えてあげたいと思う方には教えてあげると良いかもしれませんね。

落花生やピーナッツ以外にも、呼び方が違うだけで同じ種類の物は結構多く存在している気がします。

ただ落花生とピーナッツのように状態だけの違いは珍しく、同じ素材でも栄養素や加工法が違っているから名前も違う場合の方が一般的かもしれません。

今回は落花生とピーナッツの違いについて解説してきました。

それでは最後までお読みいただいて有難うございました。少しでもお役に立てたなら嬉しく思います。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ