浪人をして失敗したらその後の人生はどうすれば良いの?就職はできる?

【スポンサードリンク】

受験には必ず合格・不合格の結果が分かれてしまう為、希望の大学や資格に合格できずに非常に辛いとは思いますが別の道を選択せざるを得ないケースも出てくると思います。

また自分の目指す大学や資格に受かるために浪人を決めたものの、再度の受験にも失敗してしまった場合は今後の人生をどうすべきなのか考えてしまいますよね・・・

このまま浪人を続けるべきなのか、それとも浪人を諦めて就職するとしても浪人をしたことのある人の場合、就職は可能なのでしょうか?

今回は進路に悩むあなたへ今後の人生で考えることができる選択肢についてご紹介します。

ぜひ最後までお付き合い下さい!

浪人に失敗した時の選択は?

一口に浪人と言っても分けて考えますと『進学浪人』と『就職浪人』があります。

就職浪人の場合は、公務員試験を受けるために浪人をする人などがこれにあたります。

しかし浪人するといっても、次の受験までの対策として予備校に通うなどしなければなりませんし、経済的な問題からいつまでも浪人生活をするわけにはいきませんよね。。

さらに公務員の場合受験の年齢制限もありますから、区切りを決めることも必要となるでしょう。

浪人に失敗した場合、その後どうするのかの選択は、『もう一度浪人をするか』・『就職活動をする』という基本的にこのどちらかとなります。

もしくは他には『留学する』という手段もありますが、これもまた経済的な支援が必要となりますのでほかに選択肢がなかったから留学しよう!という気持ちでは周りを説得することは難しくなると考えておいた方がいいでしょう(^^;

浪人に失敗した人でも就職はできる?

参考動画:一浪二浪は就職で不利!?|受験相談SOS vol.193

あなたに就職したいという意志があるなら、もちろん就職自体は可能です。

ただし面接の時には「なぜ浪人を諦めたのか」ということを聞かれる可能性も考えて面接官を納得させる理由を自分でまとめておく必要があります。

学生なら就職課などを利用できますが、卒業した後(既卒の場合)ではできませんのでハローワークを利用するかインターネットで求人サイトに登録などして、自分で活動する必要があります。

浪人して就職する時、他の人より不利な点はある?

受験や就職で浪人した場合、他の人より後れを取ってしまうというマイナスのイメージを抱きがちですが、実際にはそれほど大きなダメージにはならない場合もあります。

面接で浪人していることを聞かれることはたしかにありますが、実際には面接をいくつか受けてみると浪人について質問する企業は意外と少ないのです。

大学浪人をしていたとしても、履歴書の西暦を細かく見ていかなければわかりませんし、面接では『あなた自身の人となり』を注意深く判断するのに優先事項を置く企業が増えてきています。

浪人をしていたことを引け目に感じたり、後ろ向きな考えを口にしないように気をつけて臆することなく積極的に行動するようにしましょう!

ただし公務員浪人を経て、フリーターなどをして一般企業に就職しようと考えた場合は、新卒と比べるとかなり年齢の開きがあるためかなり不利になりやすいといえますし仮に入社した場合は年齢で上下関係を気にする人にとっては年下の社員が先輩になる場合も多々あるかと思いますので居づらく感じることがあるかもしれません。。

浪人が気にならない仕事はあるの?

公務員の警察や消防・弁護士などは年齢ではなく入庁年次で同期という考え方をするので、年齢はあまり気にする必要がありません。

ただしやはり合格するのが難しい、年齢制限があるといった縛りもありますので入念な受験準備が必要ですよね。

【スポンサードリンク】

浪人に失敗しやすい人はどんな人?そしてその後どんな道を選んでるの?

浪人して成功すれば良いですが、こらから続く長い受験勉強とその間の生活費などを考えると浪人しない方がいいのかもしれない・・・就職しようかと悩むかもしれませんね。

浪人する時には次の受験までのプレッシャーや周囲に置いて行かれているような虚しさから来る精神的な負担も大きいものとなります。では浪人して失敗しやすい人はどのような特徴があるのでしょうか?

浪人に失敗しやすい人の特徴

●失敗に落ち込みやすい

●楽な方に流されがち

●プライドが高い

●現実から目をそらしがち

といったことがあげられます。

そして浪人に失敗したその後選ぶ道としては、

●ランクを下げて進学をする

●諦めて就職

●フリーターに

●ニートや引きこもりに

といった残念なケースになってしまう事があるのもまた現実です。

浪人という一つの失敗を引きずった結果、人生に対するやる気やしたいことを見いだせなくなってしまう可能性は誰にでもありえることです。しかし就職や良い大学に受かったとしてもまたそこで新しい挫折や失敗を経験するのが人生です。

浪人の失敗を人生の終了と思い詰めてしまうのか、新しいチャンスと考えるかで、あなたの人生の新しい道が開けるかどうかの分け目になることを忘れないようにして下さい!

今回は浪人をして失敗したらその後の人生はどうすれば良いのかや就職はできるのかについて解説してきました。

それでは最後までお読み頂いて有難うございました。少しでもお役に立てたなら嬉しく思います。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ